芸能・アイドル

2010年12月29日 (水)

内蔵助にはなれない

昨日28日の歩数は、23158歩。

17㎞以上歩いた事になる。

石神井台→大泉学園→三軒茶屋→横浜関内→大井町→有楽町(間違った東京で降りるべきだった、、)→目黒→大泉学園→石神井台

何だかんだと後回しにしているため、年末の挨拶が集中してしまったのだ、、。

・・。

・・。

半数の現場は、29日の今日までやるようだ。

『この正月も休まずに仕事をやらないと終わらない。』などと言っているところがあったりするが、“決定”する事ができない“設計”がいると、こんな話になってしまう。

情報のピラミッドの頂点に立っている設計に、十分な金と力が無い場合と、無意味と思える権限を振り回す施主が居る場合、、、このアホな状況が表れる。おそらく、施主は損をしている事に気づかないのだろう、、。

・・。

・・。

さて、今日は新宿末広亭へ行ってきた。

我が社の入っているビルに公認会計士の先生が居るのだが、その方の紹介で行ってきたのだ。

春風亭正朝さんの、、復活初日である、、。

なぜ復活なのか?まぁ、、その問題の方は、ネットで検索して頂ければ出て来る。

・・。

・・。

いやぁ、、、『中村仲蔵』・・・良かったねぇ、、。

再出発の出し物は、これに決めていたのかなぁ、、などと思えた。

中村仲蔵が、新しい斧定九郎を作り上げる苦労の場面を落語にしたものだが、、、どこか心情が被る感じがあったのかもしれない、、。

例の市川海老蔵さんが復活するならば、この落語に出て来る中村仲蔵の心境を持って、定九郎をやって魅せれば、、まぁ、、周りの人は納得するのだろう。

・・。

・・。

正直、私には、このお二人のような目立った話は無いが、周りの人が気付かない失敗は、たくさんした。

田舎に帰って出直しが出来るのなら、、と、何度も何度も思った。

しかし、もう56歳だ。

そんな訳にも行かない、、ずるずると歳を重ねている。

・・。

・・。

だが、人は幾つになっても成長するものだ、、、と信じている。

先入観を持ってしまう事は否定できないが、成長して行く過程を見定めて行く事が出来れば、それは、自分自身も成長しているのだ、、、と思うのだが・・・。

・・。

・・。

昨日、事務所に戻り、昨年と今年の新入社員であるHさんとUさんを連れ、久しぶりに飲んで打ち上げをした。

今年の後半と言うか、この1カ月、、建築の伸びと言うより、責任感の伸びが感じられ、嬉しかった事を伝えたが、、そんな話を直接口にする事が、やっと出来るようになった、、と言う事だ。

・・。

・・。

さてさて、、、あとは年賀状だけだ。

えっ? そうなんですよぉ、、まだ、年賀状を書いていない、、。

| | | コメント (0)

2010年10月 3日 (日)

”誰が聴くのか分からない、、落語”を聴いている人も居るよ・・。

一昨日から昨日、、昨日から今日、、久しぶりに連続6時間以上眠る事が出来た。

月末を通過した事と、血圧の薬を元に戻した事、”宝船”の話が、”ひょっとしたら・・”に、なろうとしている事、、そして、昨日の”落語”にあるかもしれない、、。

・・。

・・。

行き付けのワインバーのお店で、ミニ落語会をやると言う事で、聴きに行った。

三遊亭円丈さんのお弟子さん達で、ぬう生、たん生の、お二人。

プロの噺家さんから、目の前で一席やってもらうのは、中々、、ある事ではない。

20101002nusyou1・・・。

・・・。

20101002tanjyou1   

・・。

・・。

落語を聴いた後、いつもは2杯で止めているワインを、4杯も飲んでしまった。まぁ、、ここに一因はあるのかもしれないが、、笑いとワインは、血圧に良いのかもしれない、、。

自宅と会社の中間に、お店はある。だから、当然、、帰りを心配しないで済む。

・・。

・・。

それにしても、、、正直言って、落語に詳しい人が、こんなに居るものとは、思っていなかった。練馬の、、それもほんのチョッと先は埼玉県である大泉学園で、しかも、駅から、、、そうだなぁ、、1kmまでは無いかもしれないが、結構離れた場所なのだ、、。

そろそろ、同じネタでも、何度聴いても、、笑う事が出来る、、”落語”は、大きく復活するのかもしれない。

・・。

・・。

やたら長い中継で、ダラダラ感のある野球より、45分間・45分間のサッカーに、人気が出て来た。

人をいじめるネタばかりで、パンパンと人の頭を叩く漫才は、いい加減に終わりにしてもらいたいと思う。

30分を越し、1時間もあるような大ネタを、CM無しでテレビでやれば、、、その前後もテレビを観るだろう。

落語も大相撲も、”中入り”があるが、通は、その間を心得ているものだ。映画だって、エンドロールまで気にさせる上手さが有る、、。

今はハイビジョンの大型テレビだ、、表情や手のしぐさ、一つひとつの動きをちゃんと観る事が出来る。

小さな場所で演じても、今やインターネットの時代だ。ちゃんと観る事ができる。ドタバタ喜劇ならば、それなりのところで観ればよい、、。

そして、、その落語のスポンサーは、人の記憶に残る、、。

・・。

・・。

介護老人達の前で演じた時、、”誰が聴いているのかねぇ、、”と言われてしまった、、と言ってたが、、去年亡くなった母は、今の私のように『続けて3時間以上を眠る事が出来ない・・』と言っていた。

その母が、『夜中にやっているラジオを聴いていた・・』と、よく話していた。

母が寝たきりになった時、姉に話して”ラジオを贈ろう”と言う事になった。

残念ながら、母は、自分でスイッチを入れたり切ったり出来なくなっていて、結局は使われないでいたようだ。

田舎の、母の入院している病院に行った時、もう、、時間の観念も無かっただろうが、色々と話しかけたものだ、、。

”誰が聴くのか分からない、、落語”、、を、聴かせたかったなぁ、、。

・・。

・・。

”笑い”は、きっと健康のために良いと思う。

しかし、、その”笑い”を追求する人たちは、、意外と、健康に良くないのかもしれないねぇ、、。

だけど、きっと遣り甲斐があると思う、、。

・・。

・・。

さて、今、、自分が追及している、、? ”宝船”は、、おそらく?、大事な事で、、遣り甲斐のあるものだと思っている。

ひょっとしたら、、、ひょっとしたら、、上手く行くかもしれない、、。

・・。

・・。

野球が、先発、中継ぎ、、リリーフと言うものになって、随分過ぎたが、、やはり魅力は、先発完投の大物が投げる試合で、それを一発でひっくり返す大打者が対決する、、そんな野球を観たいと思う。

我々の本業である建築施工図も、目の前で検討され、地道に描きあげられた物には信頼を置く、、。

あまりにも分業されてしまうと、責任の所在・・問題点の所在かな?・・が、どこで発生して、どう対応して解決されたか、分からないまま過ぎて行く、、。

そこにある、技術の集積や継承を、どう対処して行くか、、難しい問題である。

・・。

・・。

頭からケツまでやらないといけない・・と考えている私からすると、師匠が稽古を付ける”落語”の方が、、一発芸みたいに、殴る蹴る罵倒するスタイルの漫才よりは、数段上であると思う。

もっとも、同じネタをやっても、必ず”笑い”を取る、本格的な漫才は別だ、、と付け加えておきたい。

・・。

・・。

さてさて、、昨日、、引き取る事が出来なかった洗濯物を、今から受け取りに行かないと、、、。

| | | コメント (6)

2009年3月24日 (火)

先が分かれば楽だけど、、どっち?

さぁて、、どっちに振れるのか?もぉ、、わかりませんなぁ、、。

今朝の新聞には、『公示地価3年ぶり下落』とある。

しかし、、だ。日経平均株価は、3月11日からグングン上がり、8,488円まで戻して来たのだ。まぁ、、一日で1,000円以上下がる事もあるから、なんとも言えないが、7,021円からここまで来たのだ。”期待するな”と言うには無理があるだろう?違うかぁ?

あと少しだ。とにかく、、とにかく今月末を乗り切ってくれれば、意外と早く回復するかもしれないじゃないか!

・・と、思いたい、、。

あんなにモヤモヤする試合を続けながらも、世界一になった、”さむらいジャパン”

まったく冴えなかったイチローが、最後に仕事をしたじゃないかぁ、、。だから、ひょっとしたら、景気の方も、、、良くなるかも?

本日の”てんびん座”は、最悪なのだそうで、”やきおにぎり”が良いのだそうだ。まぁ、、それを少し信じて、今日は外出(営業)を、しなかった。

しかしなぁ、、とにかく、この3月を乗り切れば、着工延期あるいは中止になっていた物件が、再会されるかもしれない。そう、、思っているのだが、、違うかぁ?

”違うかぁ?”と言うギャグを飛ばしている漫才師(ものいい・・吉田サラダ)が居たので、そのフレーズをマネてみた。

これで、流行りに乗れば、上手く行く、、違うかぁ?

おや、、今、、調べたら、本人は”違うか!”とブログに書いているなぁ、、”違うかぁ?”の方が、いいかと思うが、、違うかぁ?

| | | コメント (0)

2008年12月 1日 (月)

次は、”はてなの茶碗”を期待します。

いやぁ、、慌しい(あわただしい)、年末だな、、。いや、月初めだからかな?

先延ばしになっていた”動線シミュレーション”が、やっとまとまった。後は見積請求書と送るだけだ。(と書きながら、このブログを書いている・・)

最近、このブログに本業の”施工図”で検索して来る人が増えている。変な話し、そんなところで”不況”を感じている。

さてさて、今日のお昼は、事務所の向かいにある『青柳』で”焼き魚”を食べた。いやぁ、、相変わらず”美味い”。

食事が終わって、3階のKさんが来られていたので、昨日の、狐の夢の話をしたら、大うけ!

実は、Kさんの招待で、春風亭正朝さんの落語を聞きに行ったときの御題が、、『王子の狐』だった。

そう、、私も、昨日の夢は、それに近いなぁ、、と思っていた。どこか頭に残っていたんだなぁ、、。

次は、もう一つの御題だった『はてなの茶碗』かなぁ、、?

”はてなぁ?”はてなぁ?”で、夢を見たいものだ。また、落語を聞きに行きたい。

| | | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

気合だ!気合だ! って、気合を入れてもらうかなぁ、、。

ここ2週間で、姪っ子に関係する者が、業界では名の知られた者だった事が分かってきた。それも、3人連続だ。うーーん、実は姪っ子の方が、後々有名人になるのかもしれない。

最初は、テレビのドラマ?の主題歌を歌っている子が、小5か小6くらいの頃、姪っ子の小1を連れて学校に通っていたらしい、、という話し。ハスキーな声だが歌は上手い。おまけに美人だ。子供達の集合場所は、私の従兄弟がやっている店の前だったらしい。

次は、姪っ子の父方の子が、有名なギタリストだと分かったこと。去年、やたらとテレビに流れていたが、、まさかなぁ、、。知ってたら、観に行ったのに、、。

そして三番目は、オリンピック中継を観過ぎて、眠れなくなった8月14日、、というか15日の2時ごろ、テレビで高校生?がダンスをやっているのを観ていたときだった。なんでも、全国から20人ほどが選ばれて、そこから5人が更に最終選考されると言うのだ。

『福岡から来た○○○さん』 うん? 珍しい苗字だが、姪っ子の空手で一緒だった子と同じ苗字だなぁ、、、、。

ドン!とアップされた顔が出て!  『ああっ!!!あの娘だ!』

去年の今頃、東京で空手の大会があった。姪っ子と、その子と、もう一人の三人が上京してきたのだ。当時、まだ中3なのに”美人”なのだ。三人の写真を結構撮ったが、上手く撮れた写真が無かった。まだ、あのカメラに慣れていなかったところが、今考えると痛いなぁ、、。おまけに、ズームは当時持ってなかった。

で、そんな夜中の2時に、やっと息子が帰って来たので『おい!今テレビに絵○の友達が出てる』と、最終選考の五人目はCMの後となった。CM終了後、、、、

ドン!  でたぁぁぁぁ!

いやぁ、、驚いた。このまま行けば、トップダンサーだなぁ、、あれはぁ、、、。

しかし、不思議な姪っ子なのだ。彼女も周りの人達も、何故か目立つのだ。力が有って目立つから、嫌味が無い。姪っ子は、空手で九州大会個人組手5位だった。地元の駅前には、横断幕が張ってあった。

そうそう、親父が撮った写真の中に、小学校の頃の、運動会の写真があった。女子の徒競走だ。おそらく姉の写真なのだろう、、、しかし、姉は、どこにも写っていない?

うーーん、考えるに、姉は、運動神経が欠けていた。ひょっとすると、画面に入って来ていない?のかもしれない。”逆上がりが出来た”などという話しは聞かなかった。なのに、娘は、九州5位なのだ。わからんもんだ。おそらく、受験勉強もせず、体育祭の練習をしているはずだ。

今からピークが来る人たち。頑張れよ! しかし、、私の年代は、終わったなぁ、、。

『オリンピックに出ている選手の年齢を見て、どう思う? 同世代だろ?』などと、子供達に聞いたりするが、、、実は、こちらは、もっとひどい。

千代の富士が引退した時に『体力の限界・・』と言ったが、”俺はまだ何もやってない”という話しをこのブログに書いたと思う。今度は、サザンの桑田だ。彼も千代の富士と同じ一つ下の学年だ。

自分は、、、自分は、まだ何もしていない。なのに、親父が死んで『あと何年かで、俺も死んでしまうのかなぁ、、』などと考えている。なにを考えているんだ、、俺は、、。

彼らとは、住む世界が違う。まがりなりにも、”しゃちょう”だ。頑張れ!俺!

そうそう、、高校の同級生が、銀行の取締役になってたなぁ、、。すげっ!

| | | コメント (0)

2007年9月 9日 (日)

『B型の一分』

『釣りバカ日誌18』を観て来た。知らなかったが1000円なのだ。

観ようと思った理由は、”壇れい”さんが出演していたからだ。まぁ、、あんな美人に見つめられると”固まってしまう”に違いない。

しかし、、、あの『金麦、○○ってるから~』の○○は、”とまってるから~”と、言っているのだろうか?何度聴いても、”冷やして待っているから”とは聴こえない。そうそう、一昨日の健康診断で左耳が少々難聴のようだ。

建築界で仕事をしているので、あの漫画はよく読む。しかし、映画を観たのは初めてだ。西田敏行さんは、B型代表選手で好きだが、どう言う訳か観ていなかった。あれで1000円は安い!観て、大いに笑い、ちょっとホロっと来て面白かった。まぁ、この前のシリーズは『男はつらいよ』で、”フーテンの寅”を演じていた渥美清さんもB型だ。どちらの方も演技だと分かっているけど、きっとあのまま?の性格であろうかと思うが、、、どうだろう?

それにしても、”壇れい”さんを観るなら、前作の『武士の一分』を観るべきなのであろうが、それこそ、そこには『B型の一分』と言うものがあって、観るわけに行かなかった!

まぁ、、、その辺で勘弁してもらおう・・・。

| | | コメント (0)