« 悲惨な戦い | トップページ | 診断書を書いてもらうか・・・ »

2010年12月22日 (水)

作業の手戻りが見えている仕事は、、、やりたくないが、、うーーーん、、。

紀元前の設計図じゃないかなぁ、、あれはぁ、、。

・・。

・・。

床を40mm下げている、、。

今どき、そんな設計は見ないねぇ、、。

階段の仕上代が30mmなのは、型枠の制度を出せないからの逃げ寸法だが、、普通の部屋で40mm下げている、、。 どうしたいのか、、?

最近は、±0にコンクリートを打って(-2mmが正解だが、、)、金鏝(かなごて)押さえし、その上にPタイルや長尺シートを貼る。

躯体が重くなるばかりだよ、、。

・・。

・・。

SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)をやった事の無い設計事務所だろうなぁ、、柱と梁が同面にある。柱の主筋と梁の主筋がぶつかる。

最近の構造図には、特記事項に、極々普通に、、描いてあるものだが、25mmとか30mmとか、ずらしてあるものだ、、。

SRCをやると分かるが、鉄骨ウェッブに鉄筋の穴明けをしないといけないのだが、RC(鉄筋コンクリート造)程度しかやっていない、、昔の設計事務所は、鉄筋の納まりが、モヤモヤっとしたままなんだなぁ、、、駄目だよ、そんなの、、。

おそらく、主筋1本分、梁幅や梁成が小さくなっても、構造的には問題の無い量の鉄筋が入っているのだろうが、、、無駄だなぁ、、。

X方向Y方向で、上端筋と下端筋の上下が違うのは、、、素人が考えても分かる。同じレベルにあると、間違いなく、、、ぶつかる。

立体交差しないとねぇ、、。

だから、その分を考慮した梁成になっているもんなのだが、、気になるねぇ、、。

・・。

・・。

外壁が打ち放しの時であっても、タイル貼りの時と同様に、サッシの頭は揃えたいものだ。

うーーーん、、、このまま行くと、、バラバラじゃないのか?

・・。

・・。

極々、基本的な事なのだが、、何で、そんな設計になっているんだろう?

どんな意匠にしたいのか、まるで伝わって来ない設計図だ。

・・。

・・。

こんな設計図だと、あとで図面訂正の山になるんだなぁ、、。そんな訂正作業のお金が出て来ないんだよ、、。

・・。

・・。

まぁ、、そもそも、設計図と言うもので、実際に建物を造れる訳ではないから、、、だから我々施工図屋が、施工するための図面を描くのだが、、、。

うーーーーん、、、こんな設計図を見てしまうと、、、また持ち出しかい?

・・。

・・。

海外に施工図を出しているところは、、『うちは、何度でも訂正しますよ!』なぁんて言うだろうなぁ、、、作業単価は1/20だ。

最近の中国元は、少々上がったとしても、1/20が1/10になるだけで、まるで影響は無いだろう、、。2万円の作業を1千円でやるか2千円でやるかの違いだ。

実際、、何度でも訂正できるだろう。

しかし、うちは、そうは行かない。

でもなぁ、、、これは、訂正の山になるぞ、、。どうする?

| |

« 悲惨な戦い | トップページ | 診断書を書いてもらうか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悲惨な戦い | トップページ | 診断書を書いてもらうか・・・ »