« 割に合わない仕事 | トップページ | 魁皇、勝った! »

2010年1月21日 (木)

隙間産業なんだよねぇ、、

昨日は、取引先のTさんからの紹介で、Yさんが横浜からやって来た。

施工図屋としては、それなりの実績があった、、、が、仕事が切れてしまったようだ。小さな事務所では、連続しての受注は難しい。せめて、持ち帰りの施工図でもあれば、何とか凌ぐ事も出来るのかもしれないが、最近の単価では、それも無理だったのだろう。

現在の派遣業法だと、一人親方が自らを派遣する事が出来ない。従って、小さな会社が倒産すると、社員が独立して、仕事をする事が出来ない。

倒産しなくても、同業他社に、社長以下数名の社員で”手伝い”に行く事も出来ない。二重派遣は禁止されている。

長年、契約社員で仕事をしていた人は、今更、どこかの社員になって・・と言うのも、なかなか出来ないものだ。『出来れば、個人事業主として、施工図をやっていきたい。』と考えるのが、素直な気持ちだろう。

一般派遣と特定派遣には、違いがある。しかし、世間は”派遣”としか見てくれない。例の”派遣村”の話で、余計に誤解して受け取られる。

このままだと、我々施工図屋は、この世に存在してはいけない者(物)になりそうだ。

さて、そろそろ労働局に行かなければならない。定期検査なのだそうだ。

私は、第二次オイルショックで、普通に就職活動が出来なかった。もっとも、10月からが就職活動期間、と思っていたところに間違いがあるのだろうが、新聞の5行広告で就職した。

それ以来、ずっと施工図屋だ。

大学の研究室は、意匠系では評判の良かった研究室に入る事が出来たが、、、そこまでだったなぁ、、。

性格的には、『施工図屋=調整作業人』と考えれば適職だったかもしれない。

あぁ、、そろそろ時間だ。

分からない事だらけだが、、行ってくるか、、。

| |

« 割に合わない仕事 | トップページ | 魁皇、勝った! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 割に合わない仕事 | トップページ | 魁皇、勝った! »