« いやぁ、、、字の上手い人が、、羨ましい。 | トップページ | 直方場所、、が、あるらしい。 »

2009年12月 5日 (土)

師走の土曜日、、今が頑張り時・・

今日は、何回目の結婚記念日か、、?38回目あたりかなぁ、、?

かみさんは、朝から出かけた。私は事務所へ、、。

M君の現場を担当しているHさんの図面が、今日で形付けられる。タイル割付が中途半端に反映され、平面詳細の内容も未チェック項目があったのだが、一応の最終形になる。彼女は、休日出勤だ。

昨日も、10時近くまでやっていたはずだ。頑張れ新人!もう少しだ。

実は、来週月曜日に、会社訪問に来る者が、2名居る。いつものように”2時間”話をするつもりだ。

募集を出した専門学校に、必要書類を送ったのは、先月末だった。学校には、今月になって届いたと思う。

正直言って、資金繰りに苦しみまくっている会社である、、。しかし、何とか、、何とか借金を減らすには、お金を稼ぐ技術部門の人数を増やすしかない。

会社を設立した21年前より、1枚の図面単価が低いのだ。それも半額以下、、。

CADによる作図が一般的になり、ひと月の作図枚数が増えていなければ、全く成り立たない職業なのだ。

作図枚数を増やす事は出来るようになったが、ライバルも増やす事になってしまった訳だ。

海外施工図だ。どうやら、優秀な者は、相当優秀であるようだ。負けられない。

先日、『海外施工図に仕事を出さないか・・』と、いつものメールが来ていた。電話も、よく来る。しかし、現在の我社では対応できない。社員の絶対数が少なすぎるのだ。

どんな仕事もそうだが、目の前でやってくれる仕事は高くなる。目の前でステーキを焼いてくれたり、天ぷらを揚げてくれれば、それなりの御代を支払う事になる。お客も満足する。

しっかりした調理場で作って来たであろう料理ならば、それもまた可だ。

しかし、現場とは異なる場所で調理すれば、それなりのリスクがある。”冷めた弁当”なのだ、勝ち目は無い。”冷めても美味しい弁当”に、しなければならない。

それには、それなりのスタッフと機材が必要だ。残念ながら、我社は、その域に達していない。

まったく達していないか、、と言えば、まぁ、、結構やれる域には、近づいているつもりなのだが、、。

しかし、ある程度育ったスタッフは、現場へ派遣して、更なる経験を積んでもらわないといけない。CADのソフトは、何故か毎年バージョンアップするし、そのバージョンアップしたCADを動かすには、パソコンも買い換えて行かないと仕方が無い。

当然、事務所のスタッフは、若手中心に戻ってしまう。ベテランの外注施工図事務所を持っているから、まだ何とかなっているだけだ。

だから、まだまだ、組織立って海外施工図を使えるような状況に無いのだ。

さぁて、、先ほど図面出力している音が聞こえたが、そろそろ自己チェックが終了するかなぁ、、?

| |

« いやぁ、、、字の上手い人が、、羨ましい。 | トップページ | 直方場所、、が、あるらしい。 »

コメント

>hiroさん
hiroさんの会社と、うちでは、、天と地の差があるので、要求されている(要求している)品質がどんなものかは、立場に依って想像以上に違うものなんだろう、、と思いますが、、業界的には、前段階(元の設計)の差がモロに出るって感じですね。
情報のピラミッドの頂点が、チョイずれしただけで、ボロボロなんだけど、、『なんだよぉ、、この施工図、、使い物になんねぇよ!』と言う奴は多いです。

投稿: 一級能書士 | 2009年12月 6日 (日) 17時16分

ちょっと話がずれました。

あっしの話は自社で海外委託をした場合の話でした。一級能書士さんは海外委託そのものとの競争ですよね。

海外施工図の品質っていいのですか?

投稿: hiro | 2009年12月 6日 (日) 12時04分

なるほどと思う話ですね。
コンピュータのシステム開発も同じような流れです。

海外施工図。オフショアですね。
当社もF社全体の方針で進めています。

パッケージもの(規格品)にはある程度有効ですが、顧客要件の反映される仕事は現場で実施しないと不利。不向きです。

一時的に安く見える海外委託も品質、手直しの問題がいつまでも引きずり、海外との契約の問題で最後は手弁当で対応となります。

オフショアの問題は、社外セミナーでも良く取り上げられている問題です。

問題は同業他社をはじき出す方法ですよね。

投稿: hiro | 2009年12月 6日 (日) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いやぁ、、、字の上手い人が、、羨ましい。 | トップページ | 直方場所、、が、あるらしい。 »