« 決算書提出・・・問題は、これからだ。 | トップページ | 土日の散財 »

2009年4月24日 (金)

ウーパールーパーじゃぁ、、困る!

報告連絡相談が出来ない施工図屋では、まず使い物にならない。

おまけに、ある時は勝手に判断し、あるときは”誰々さんに言われた”とか”設計が決めない”などと言う施工図屋では、混乱に拍車が掛かるばかりだ。

大現場では、当然、大勢の人が働いている。埋没してしまうのだ。

おそらく、小さな現場では、”そこそこやれていれば”、どうにかなるかもしれない。しかし、それは、”独断と偏見の塊みたいな施工図”で造られた建物になって行くはずだ。

このご時世である。何も無理して、こんなレベルの施工図屋を使うはずがない。他にも施工図屋は沢山居る。どうする?

しかし、、どうして?単なる伝言ゲームが出来ないのだろう?

おそらく、”分からない””知らない”が、言えないからだろう。

2年とか3年の工期の現場を3つもやれば、何だかんだで10年どころか12,3年は過ぎる。その後、管理職レベルにでもなると、最前線の経験は、そこで終わる。

最終的に経験できる現場の数は、せいぜいあっても10棟ほどしかないはずなのだから、2,3棟レベルの経験で、イッチョ前の仕事をしないと管理職になれない訳だ。

それは、完璧ではないままで、管理職として仕事をする事を意味する。

しかし、それをカバーするために、多くの技術者が集まり、得意分野を進めて行く訳なのだ。

だから、伝言ゲームが大事になる。

なのに、『あの人は、上司の立場なのに、あれも知らない。これも知らない』と粗探しはするくせに、自分のやった仕事内容を人に伝えられない者がいるのだ。

特に、施工図は、現場内を横行する”共通事項”なのだ。すべては、これで造られる。

”このようにしたい”という設計図ではなく、”このようにします”という施工図なのだ。

その施工図の担当者が、現場全体に対し、”報告連絡相談”をしなかったら、、、もう、、現場は滅茶苦茶になる。

だから、単なるオペレータは、施工図屋ではないのだ。

なのになぁ、、、どうやら、そのボケた奴が居るのだ、、。クレームが来ている。

どうする?

一人、そういう輩がいると、すべてが”そういう奴と見られる。

そこそこ頭の良い奴は、ある程度やれば、施工図らしきものを描けるようになる。しかし、妙に小利口だから、その域を脱しようとはしない。そのスタイルは楽だから、そのまま年齢を重ねて行く。

まるで、成人しない”ウーパールーパー”だ。

ウーパールーパーとは、幼形成熟個体の総称なのだそうだ。

しかし、これは外見でわかるが、報告連絡相談をできない施工図屋は、外見では分からない。いやぁ、、、困った。

| |

« 決算書提出・・・問題は、これからだ。 | トップページ | 土日の散財 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決算書提出・・・問題は、これからだ。 | トップページ | 土日の散財 »