« 郷土史 | トップページ | 冷たい雨の中、、ご苦労様です。 »

2008年5月28日 (水)

よく分からない法律が多い

昨日は、何だかんだとあって、ブログをお休みしたが、忘れないうちに書かないと・・。

2月に特定派遣事業の届出をしたので、、、ある意味、大失敗。何が?と言うと、我社の決算は2月末なのだ。それを2月13日に届け出したため、2月29日までで1期分として事業報告書を出さなければならないからだ。3ヵ月後のこの5月末までに提出する事になっている。3月になって届出をしていれば、ほぼ1年後に報告書を出せば済んだのに・・。

しかし、派遣業法とは、変な法律だ。代表者は、自らを派遣できない。

技術屋でなくても、誰かが独立した時、”最初から食べて行くに困らない量の仕事”を確保できている奴が居るとは?とても思えない。ちょっとした下請け仕事でも、何でも取って、ガンガンやって行くようでないと、どうしようもない。まぁ、それが普通だろう。

だけど、作業場所が自分の事務所か、相手先の事務所かの違いがあるだけで、”SOHOか派遣かに分かれるだけ”と思っていると、そうは行かない。”自らを派遣できない”ことになっている。それは、”派遣元責任者”が、”自分”だからだ。

自分の事務所でやれる仕事だけで食べられれば問題無いが、現実は、そんなに優しくない。相手先に出向かないと仕方が無い。仕事量は、そんなには無い。

まぁ、、、我社の場合、20年もやっている。社会保険も厚生年金も労災も、ちゃんと全部加入し、退職金の積立もやり、少ないながらもボーナスを払い、年に一度は健康診断もやり、それでも”不足する場合もあるだろう”と、少額だが保険にも入り、社員教育として”建設現場の出来上がるまで”をスライドで説明したり、、などとやっている。

あの利益の中から、”これ”をやるとしたら、”それなりの人数”がいないと、事務所経費など管理部門に掛かるお金は出てこない。

しかしだ。私が独立した時は、当然私一人だ。バブル全盛期に独立していたとは気付いてなかった。先など全く読めないし、読もうともしてなかった。でも仕事は有ったのだ。若かったから出来た冒険だった。

今、同じ事をやろうとすると”やれない(やってはいけない)”ことになった訳だ。『技術屋として独立して行こう!』と考えている人達は、どうやれば良いのか?

何か、どこか抜けているのだろう。もう、私自身は”独立”を考えないで済むので、”ちゃんと考えていますよ”的に書いてはいるが、真剣さが足りないのだろう。

どうも?今日は、血圧の薬の作用なのか?ボケている。

| |

« 郷土史 | トップページ | 冷たい雨の中、、ご苦労様です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郷土史 | トップページ | 冷たい雨の中、、ご苦労様です。 »