« 魁皇!痛い2敗目! | トップページ | 公共工事品質確保法 »

2006年5月 9日 (火)

魁皇!今日が初日

公共事業は、そろそろ、出てこざるを得ない。

民間から始まった、この景気回復。そろそろ、公共事業にも出てこざるを得ない。

失われた十年は、バブル崩壊後、アホなトップが、3%の消費税を5%に上げるタイミングを間違えたところから始まった。その後、任期中に亡くなってしまうトップの、清水の舞台から飛び降りるような経済政策?で、復興に向かったが、結局、後任者の無策(止めればいい=何でも中止)で、全て水の泡となった。政策ではなく、民間の力で復活したのに、さも、自分が進めた政策で復活が始まったと言う、非情の政策を掲げたトップの牽引で現在に至っている。

まぁ、、、しかし、今現在、復活が目に見えているため、政策が良かった!かの如く映るが、落ち着いて考えると分かる。単なる、在庫調整でしかない。足りなくなったから、作らざるを得ないだけだ。

そして、それは、民間から始まる。そして、ついに、公共のものにも、影響が出始めると、考えられる。これは、今の政権でも、次の政権の手柄でもない、時期が来ただけだ。政治家は、それをいじりたがる。ただ、まだ現れていない。おそらく来年の秋くらいから始まるだろう。超高層のマンション建設ブームが一息入れた後に来る。きっと来る。

が、この9月と言われている大きな政局で、何がどう変わるか分からない。ただ言えるのは、何もしなくても、公共建築物等は、そろそろ限界を迎えているものが多い、既存の建物の改修が必要だ。・・・と考えられることだ。まぁ、、、10年以上、新規は無かった?と、考えれば、『そうかな?』と思えるだろう。

くだらない反対と、打算の賛成は、願い下げだ。

そう、、大きな変化は、普通は難しい。しかし、その大きな変化を作った事で、どう言う訳か人気を博した現政権を、落ち着いて見直す時期が来ている。変化を好まないビビリは、今後も難しいが、出る杭は打たれる。出すぎた杭は打たれない。だ!頑張るしかないのかも・・・・・。

さて、昔から相撲界で頑張っている魁皇だが、今日は、安馬に勝った。それも秒殺だ。とても、二連敗の後とは思えない。だが?あの安馬が?ああも簡単に、魁皇得意の小手投げに、パン!と、はまってしまう訳だから、やはり魁皇だ! ある意味、技能相撲とは、このこと、なのであろう。明日からも、引き続き期待できる。

| |

« 魁皇!痛い2敗目! | トップページ | 公共工事品質確保法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魁皇!痛い2敗目! | トップページ | 公共工事品質確保法 »