趣味

2012年4月12日 (木)

なんだか、、上手く行きそう、、、うん、、?  『よそう、、また夢になるといけねぇ、、』

昨日、打合せで、田町へ行って来た。

その時に、、『あ、、ブログに載せよう・・』と思って、写真を撮った事を忘れていた。

・・。

・・。

20120411 江戸開城会見の地、、だが、、

実は、そちらを紹介しよう・・と思って撮ったものではない。

この石碑は、第一京浜沿いにあるのだが、この写真の、左手の道を海側へ行くと、鹿島神社がある。

そこの隣に、高級マンションがあるが、、うちのベテランS野さんが、ベテランなんだけど初めてやったマンションなんだが、、

このマンション辺りが、、落語の『芝浜』の海岸だった、、らしい、、。

・・。

・・。

何かと縁があるのか、この田町、、というか三田で、2件ほど仕事をする事になった。

今年の新入社員2名とS野さんの4人で、打合せに行ったのだが、、

『昼食は、私が以前に通った店があるので・・』

と、向かったが、、、なんと、既にビルは取り壊してあって、更地になっていた。

・・。

・・。

昼には少し早く、11時30分を少し過ぎた位だったが、結局は、”見た目”オシャレな店で昼食としたが、、、

そうだなぁ、、それこそ写真を撮って掲載すれば良かった、、

不味くて、堅い、、ハンバーグ、、。

・・。

・・。

さてさて、そんな打合せをしてきた翌日の今日だが、、2名の新人、、なかなか頭の中身は良さそう、、

先日も書いたが、『”分からない”を、バンバン伝えて来る』のである、、。

これは、良いかも!!  今日は、祝杯かな!?

・・。

・・。

いやいや、、芝浜じゃないが、、『よそう、、また夢になるといけねぇ、、。』

| | コメント (0)

2011年1月23日 (日)

物事の進め方と血液型、、、なぁんてタイトル、嫌だけど、、

YOUTUBEをクルクル廻っていたら、こんな動画を見つけた。

まぁ、、男だって、ヘタな奴は沢山いるだろうに、、、、。

・・。

・・。

『俺は、過去を振り返らない』などと豪語する者が居たりする、、。

バックする事を嫌う、、と言うか、バックする事を想像しない、、、いや、出来ないのかもしれないねぇ、、この人たちみたいに、、。

・・。

・・。

これが、リーダー的に動かなければならない立場であれば、”視野が狭い”では済ませられない、、、。

笑ってられない、、。

・・。

・・。

雪隠詰め(せっちんづめ、、、便所のこと)、とどのつまり、、

そこで、”窮鼠猫を咬む”とやられても困ってしまう。

・・。

・・。

どうも、、、O型の人が段取りをすると、ここに至る傾向がある、、、ような気がする。

A型は、途中まで、、いや、ギリギリまで付いて行くからなぁ、、、先を読めるくせに、知らない振りをすると、目立つよ、、、口に出さなければ通ると思っているでしょう、、、顔に描いてあるよ、、。

そう、、そして、私B型は、、、言わなきゃ良いのに、、言ってしまうんだなぁ、、これが、、。

AB型の、、あなた、、冷静になろうね、、冷静に、、。こんな場合、一番キレてしまうからねぇ、、。

・・。

・・。

たとえば、、大阪から東京へ向かって行くとしよう、、。

・・。

・・。

O型は、東京へ向かって、、と言うより、東京方面を向いて、曲がりくねった道も真っ直ぐに行く、、、と言う感じかな、、。

手のひらに乗るようなサイズの日本地図に、極太のマジックで矢印を描いて方向を示す、、そんなタイプ、、、だと思う。

だけど、現実は、長い距離が有り、色々な弊害が出て来ると、、、”えっ?”って、なるんだよなぁ、、、10割バッターを目指し、ギリギリ3割バッターという、素質の無駄使いの人、、。

・・。

A型は、視界を遮るものがあると、見えない振りをする、、、誰か指示する人が欲しいのだが、口には出さない。でも、実は、当然、その方向を分かっている。

だから、チョットずつ進んで行く、、、から、工程の決まっているような事で、微妙に遅れが出て来る、、、3割を目指して2割7分のバッター、、、。

追及されると『途中に富士山が有って見えない!』と怒るが、、、『チョット横から見れば分かるよね、、?』などと指摘されると、、、口を利いてくれなくなる。

・・。

B型は、そもそも『東京に向かう・・・・』と言う事に興味が無い時、、まるで明後日の方向を見ていて、時間になっても、やり始めない、、。

だけど、ある瞬間、、”行こう”と考えると、”オタク”のようになって進む、、が、、、途中に、何か面白そうなものが有ると、、、寄り道してしまう、、。

オタク的に動けた場合、3割どころか3割3分、、いやそれ以上のバッターになれるような、、、時もある。

・・。

AB型は、いきなり大阪から東京が見える、、、と言うか、既にそこに居る場合があるくらい、、、本人だけが見えている。

だから、見えない人や、見えない振りをする人がいると、、キレる。

始末が悪いのが、ある瞬間A型だったり、B型だったりするのだ、、。『何を考えているのか分からない』という誤解を受ける、、、まぁ、、B型症状が現れている時に、最悪と最高を行ったり来たりしているからかもしれない、、。

バッターより、考えた投げ方をするピッチャーが向いているのかなぁ、、? 昔のように先発完投型のO型ピッチャーとか、やたらと速い球を投げる、これまたO型ピッチャーとは異なるため、、、早い話、野球感は”水と油”かもしれないなぁ、、。

・・。

・・。

サッカーは、まったく分からなかった、、。

だけど、息子たちの将来を考え、、、た、、、つもりなのだが、野球ではなく、サッカーをやらせた。

・・。

・・。

バックパスする姿に、驚いた、、。

そう、、”前に前に、、” だけじゃないんだ、、、。

・・。

・・。

小学校低学年のサッカー練習試合で、、試合なのに、ゴール前で砂遊びをする子が居たりするのだ、、。

父兄としては、『おい!』と、、声を出しそうになったが、監督やコーチは何も言わない、、。

そのうち、ボールが相手ゴールから、砂遊びをしている彼らに近付いて来る、、いきなり立ち上がり、サッカーに参加するのだ、、。

まぁ、、驚いたねぇ、、。

・・。

・・。

それが、3年生辺りになると、段々とサッカーをやるようになるのだ、、。

・・。

・・。

どんな人も、成長する。

その成長する姿を、見る事が出来るとしたら、、それは、最高だろう、、。

・・。

・・。

会社でも、新入社員が、段々と図面を描けるようになったり、現場の進捗を想像できるようになって行くと、、本当に嬉しい。

まぁ、、一番嬉しいのは、彼らが稼げるようになって行く姿、、、でもあるからかな、、。

だけどなぁ、、、早く成長してもらわないと、、会社の資金繰りがねぇ、、、。

さて、帰ろう、、。

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

見かけと中身は違う

株価もそうだが、、何なんだ?あの円高ドル安は、、。

ここまでトンでもない経済状態の日本で、84円、、まぁ、、今日は86円だが、、それでも高いよなぁ、、。

私も借金だらけだが、日本も負けちゃいない借金大国。なのに?円高、、?

まぁ、、ドルは無理としても、元は、、中国は、、十分に稼いだだろう?裕福じゃないのかなぁ、、。

何を言いたいか、、図面単価を昔とは言わないが、3割くらい戻してもらわないと、借金は減らない・・。

”海外単価になったまま”なのだ。何とかならんものか、、。

******

さて、昨日は行きつけの店で、、『陶芸ろくろ成形のツボ』という本を出した、森魚さんに会った。

陶芸家でマンガも描ける・・と本人が言うのだが、凄いことをやったものだ。『ろくろのツボ』で検索すると、色々と出て来る。

で、1冊購入した。

わが故郷は、上野焼(あがのやき)として、結構、、名の知れた町なのだ。

焼き物には、興味を持っている方なのだが、”ろくろ”を使ってみたことはない。いつかやるかもしれないので、本を購入してみる気になった、と言う訳だ。

しかし、、一緒に飲んでいる時は、そこまで凄いことをやってしまう人には見えなかったのだが、、、やるなぁ、、。

| | コメント (2)

2009年6月28日 (日)

歴史上の人物が、一族に居た!

親父の従弟である叔父が亡くなったので、昔の写真を整理し、HP風にして送った事を切っ掛けに、先祖の事を調べた、、いや?”確認していた”だなぁ、、、。結構知っているつもりだったから、、。

いや、実に驚いた。いつものように”江上 大蔵”とか”江上 家系図”などと、ネット検索していたら、何故か”会津”に、”土方歳三”まで出て来るのだ。

いやいや、うちは九州の久留米に本家があるんだよ、、何で会津が、、おまけに土方歳三まで、何のことだ?

秋月登之助・・?

本名は江上太郎 。伝習第一大隊隊長・・・・なんと、会津藩が江戸藩邸を引き払うときに脱藩して、江上から秋月に名を変えたのだそうで、宇都宮城を攻めるさい、土方歳三を参謀として戦った人らしい・・・

うーーん、何となく、戊辰戦争の、宇都宮攻めは、、そんな話を聞いたことがあるような、、。だからと言って、何で大蔵の一族の江上とか秋月が出て来るんだ・・?

江上は、現在の福岡県久留米市に、先ごろの市町村合併した城島町にある。昔々は江上村江上で、その隣は原中牟田だ。私の祖父は、江上本家の次男であったが、原中牟田の原本家に養子へ行ったのだ。だから、私は”原”である。

その江上の地に、藤原純友の乱を鎮めるため九州に下向した大蔵春実の子孫である四郎種光が分家して、江上城を築き”江上氏”となった、、というのは、うろ覚えではあるが、以前から調べていた。この大蔵春実は、”前漢初代皇帝「高祖(劉邦)」の流れを汲む後漢の霊帝を祖とする”と言うのだから驚きだろう、、。

しかし、佐賀の神崎にある勢福寺城に行ってしまった?と思っていたので、誰も江上の地に残っていなかったのかと思っていた。ところが違ったようだ。まぁ、、そりゃそうだろう、、そんなに遠くはないしなぁ、、。

何代にもわたる歴史の中では、元寇と戦ったり、応仁の乱を戦ったりしたようで、中々由緒ある家系なのだ。龍造寺や鍋島よりも、出自がはっきりしている家系であることに驚かされる。

まぁ、、途中は、あまりにも色々あるので割愛して、、最後は、龍造寺隆信が島原の”沖田畷の戦い”で島津有馬軍に敗れ、江上の武将は、ほとんど討死してしまうのだ。その後、豊臣秀吉が九州征伐をしたところで復活はするが、、龍造寺と一緒に没落していき、同じ家老の鍋島が肥前を納めることになってしまう。

龍造寺は、鍋島に譲った形になっていたが・・?

ところがだ!!、『鍋島藩は龍造寺のものだ!』と主張する龍造寺伯庵が現れ、大騒ぎとなるのだ。化け猫騒動の話が出て来るくらい、江戸時代に入っても佐賀藩は、もめていたようだ。

で、、事の決着は、、なんとなんと!”会津藩に、永の預かり”となり、その時に一部の江上も会津へ行き、会津藩士になっていたようなのだ。

やっと、、、繋がった。

幕末の頃、会津藩士として”江上”が居たのだ。何と!土方歳三を参謀として、一緒に戦っているのだ。

どうも、相手が何時も”島津”のようで、連続で負けている。まぁ、、その後の西南戦争では、逆となる訳だから、、。

と、まぁ、、そんな事を調べていた、、と言うか、ネットサーフィンをしていたら、ブログはお休みになった訳だ。

でもなぁ、、こんな話を家族にしても、、『うざい・・』で終わるなぁ、、きっと、、。

| | コメント (14)

2009年5月25日 (月)

明日からも、こうして生きて行くだろう、、

昨日は、朝からギターを弾いていた。あまりにも久し振りなので、指が痛い。

元々、ギターコードを押さえるだけの弾き方しかできない。やたら♯や♭が出て来ると、飛ばしてしまうような弾き方だ。それでも口笛は、まともな音が出るので、合わせ技でやり過ごしている。

しかし、このYOUTUBEというものは凄い。昔の聞きたい曲は、必ずある。大変有り難い。

さて、今、事務所では新人のS君が、頭の中をグルグルにさせて図面を描いている、、、、つもりのようだ。

もっと悩みなさい。あなたの先輩たちも、悩んで大きくなった。

さて、私は18歳で東京に出てきた。浪人生として予備校に行くためだ。今が54歳だから、、36年前か?

名目だけで、予備校には行かず、パチンコをやり、秋には麻雀を覚え、ギターを掻き鳴らし叫んでいた。とにかく、人生から逃亡していた。

そんなとき、この曲を聴いて、、、グルグルは、極値を示した。

これこそはと信じるものが、、無かった。

と言うか、自分が一番信じられなかった。怠け者で、どうしようもなかった。

建築施工図を作成する会社を興して、21年になる。20歳の専門学校卒の者たちを雇い始めてからは、だんだん会社らしくなっていった。

雇われた彼らは、同年代の頃の私と比べると、とんでもなく真面目に仕事に取り組んでくれた。本当に有り難い。

しかし、私の若かった頃は、どうしても思い出す訳で、、。

吉田さんの曲には、影響を受けたなぁ、、。なんたって、カッコよかった。

そうだぁ、、次は”私は今日まで生きてきました”で行くか?

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

86歳の父

7月29日。父は、86年の生涯を閉じた。

良い結果ばかりを出せた人生ではなかったかもしれないが、それなりの結果は残せた人生だったのだと思う。不満ばかりの人生では無かったであろう、、と言う事だ。

中々面白い人で、きっと通夜の時も、告別式でも、、『おぉ、、あれが来ちょう! おぉ、、これも来ちょうぞ!  (あいつも来ている、こいつも来ている) 』と、喜ぶ姿が見えた気がした。

まぁ、残念なのは、母が寝たきりであるから、喪主とは言え、出席できなかった事だ。当然だが、知らせてもいない。

お見合いで結婚した二人だが、父は母を気に入っていたであろうことは”写真の多さ”で、なんとなく分かる。父は、撮った写真を自ら現像していた。私と母を撮った写真が、『アサヒカメラに入選した事がある』と言っていた。

その写真がこれだ。

Mieyuki02

まぁ、こんな写真を持っていることを父に感謝しないと、、。

その他も、頑張って撮っていたが、、うーーん、、?母にポーズをとらせ、こんな写真もあった。カメラ目線であるにも拘らず、それなりの写真にするのは、難しいものだ。

Mieko01

まぁ、どちらかといえば、風景は、それなりに撮れる・・と、思う。

伊田線金田駅の線路近くの実家から、赤池方面を見るとボタ山がある・・はずだが、『えぇっ?あれが、、そうなの?』というものしか残っていない。当時の赤池炭鉱のボタ山だと思う写真だ。

Botayama01

時間を掛け、父が撮った写真を整理して行くつもりだ。

そうそう、YOUTUBEで、吉田拓郎さんの『おやじの唄』というのがあるが、、うーーん?これでリンクが貼れたのかなぁ、、?上手く行ってなければ、次回ということで・・。

| | コメント (9)

2008年6月19日 (木)

劫材は持ってるか?

昨日は、やっと現場事務所が出来て、明日(今日)から渋谷の現場へ行くY君と痛飲してしまった。

若い時、酒は強い。歳を取ると、、酔っている事に気付かない?そう、いつも酔ってるみたいな感じだ。血圧も上がっているし、ボーーッとしているからだろう。

さて、昨日一昨日と、伴さんを調べてなのか、このブログに”伴五紀”や”伴記念賞”で検索して来る人が居たようだ。何か、あったのかなぁ、、?私が作った伴さんのHPに行ってもらえばわかりますよ。

=====

さて、今日は、子供の頃にやっていた”囲碁”の話し。何故か?実は、昼に喫茶店で読んでいたゴルゴ13に、『中国には、”厚い碁”という言葉がある』と言う、会話シーンがあったからだ。

実家の向かいには乾物屋さんがあって、そこのおじさんと、隣のお菓子製造販売を手伝っていて、普段はギターを教えていたおじさんが、”囲碁”をやっていたのだが、、それを横で観ていて”囲碁”のやり方を覚えたのだ。

さぁ?実力は、7級とか8級?もっと下かな?まぁ、やり方を知っている程度だ。我流もいいとこの囲碁だ。

親父は、将棋は強かったが、囲碁は、本で覚えた人で、まぁ、、気性がそのまま出ている囲碁を打っていた。やりたい事が見えてしまうのだ。

(あぁ、、こっちに打ちたいんだぁ、、じゃぁ、、わざと、こっちに打って気をそらして、、あそこに打つ・・と、驚くぞぉ、、。)

で、やると、物の見事に引っかかってくれる。

まぁ、、俗に言う”厚い碁”などは、絶対に打てない人だ。およそ商売人ではない。隙の無い事務屋さんの碁?と言うか、劫(こう)材が全く無いような碁になってしまうのだ。

私の碁は、当然、本に無い碁だから、意味の無い石なのか何なのか、親父には皆目見当が付かない碁になる。このブログにも書いているが、私は、一箇所に集中できない。我流の碁の布石が、身に付いているからだろう。

建築をやろうと思った要因の一つに、”囲碁をかじったつもり”が、あった気がする。おそらく均等に柱の位置を決めるのではなく、適当に柱位置を決めるのだが、何故か安定した建物を造れるような建築家になれる・・・とでも思っていたのだろう。

”海外施工図を使わずにいよう”と思っている理由は、おそらく”厚い碁”にならないとでも思っているからだろう。

布石の時点で、石を桂馬に置く場合がある。私は、完璧に雰囲気だけでやっているのだが、親父は、そう打つ私が、気になって仕方がないようだったのを思い出す。

長男が小学生の頃、”コンビネーションプロサッカー”というゲームを手に入れたとき、フォーメーションをいじれるのを見つけて、『このサイドバックを、ほんの少し上げてみたら?(桂馬に配置したら)』とアドバイスした事がある。今の長男や次男だと、完璧に私の言葉を無視するだろうが、当時は画期的なアイデアを提供した形になって、ちょっと鼻が高かった。

そう、要は、真っ直ぐ?が嫌いなのかもしれない。

”安いから海外施工図を使う”は、私の気性に合わないのだろう。事務屋さんから見ると、無駄なんだろうけれど、私としての劫材を残しておきたいのだろう。

劫材が功罪にならないように、上手く裁いて行かないとなぁ、、。

| | コメント (0)

2007年12月 9日 (日)

今度は、殺される夢だ。疲れるなぁ、、。

悩みの多い奴なんだなぁ、、と思う夢を見た。

結局、自分はピストルで打たれて・・死ぬはずが?死なないで喋っている。とにかく、殺される夢なのだ。後ろから腰のあたりに4発撃たれるのだ。その辺、細かい話なのに、死なないのだ。何か、喋っている。まぁ、、こんなにうるさい奴は、殺してしまえ!で、殺されるのだろう。

さて、今日は、またまた事務所来て、仕事をすれば良いのに映画を観た。ケーブルテレビで”インディペンデンスデイ”を観たのだ。もぉ?3度目か4度目くらいかな?

何故か?粋に感じて動く彼らに感動してしまった。ふつう?泣かないだろう?午前中に、ギターをかき鳴らしていたからかなぁ?

大泉学園で行き付けのバー”カルド”にギターがあるので、客がいない時、弾いている。しかし、音がちゃんと出ない。普通のギターより小さい。田端義男?さんが弾いていたギターみたいに小さい。だけどガットギターだ。

あ、誤解の無いように。”弾いている”より”引いている”レベルである。

高校時代は、全くダメだったが、浪人生時代にコードを覚えたため、音は出せる。もっぱら口笛で誤魔化す。口笛は、良い音が出せる。

70年代のフォークソング雑誌を、10冊くらい持っている。ボロボロだ。これが無いと弾けない。コードと歌詞カードが無いと曲にならない。その程度のギーターだ。

以前も書いたと思うが、高血圧対応に、指先を刺激する事が良いのではないか?と思っている。しかし、どうも上手く行かない。両耳の後ろ辺りが、熱を持った感じになる。きっと血圧は上がっている。

いや?昨日は休肝日にしたので、飲んでいないからかなぁ?

うーーん、そろそろ帰るかなぁ、、。

| | コメント (2)

2007年4月29日 (日)

ギターは高血圧対策になるかなぁ?

今日は、フォークギターの弦を買って来た。

我が家にあるギターは、女房と付き合い始めた頃に、女房の住んでいたアパートの、隣の部屋に住んでいた”初美”さんの物だ。自称”ロッカー”だった。どうしたら、あれだけテンポのズレたベースを弾けるのか?今もって分からない人だった。

さて、弦を張って弾いてみた。うーーーん!まるで指が動かない。元々、コードを使った弾き方程度なので、聞けたもんじゃない。まぁ、、しかし、これも高血圧対策。ご近所の皆様、失礼します。

止せば良いのに、練習曲は、コブクロの”蕾”。我が家の芍薬の蕾は、固く小さくなったかもしれない。女房は、マッサージ機の”ガーガー”という音を子守唄に眠っているようで、こちらの迷演奏は、気にならぬ様子。

元々、ネックが細く、ガットギターのように間隔が広くないので、隣の弦を弾いてしまい、雑音になっていしまうが・・・まぁ、、本人は昔を思い出し、楽しむ事にしようと思っている。

そういえば、”ヤングギター”とか”新譜ジャーナル”とか、70年代の雑誌が、家のどこかにあるはずだ。引っ張り出して来ないといけないなぁ、、。そうそう、”吉田拓郎”とか、”かぐや姫”なんかもあったなぁ、、。

テレビでやっていたけど、”うたごえ喫茶”が、また出来たらしい。私は、あの頃の人達からチョット後の世代だが、行った事がある。西武新宿線の新宿駅の前にあったなぁ、、2回くらい行ったかな。

まぁ、また思い出したら、その辺のことも書いてみようかな。

| | コメント (2)

2007年4月22日 (日)

ボケ防止

今日は、統一地方選挙投票日だ。

『どうせ、何も変わらない』と冷めた奴は、問題が発生しても文句を言えない事は知っていて欲しい。

『あの人が、こう言ったから、こうしたのに・・・』と言う奴。せめて、投票行為をしたのならば許しもするが、”苦しい時の神頼み”は止めて貰いたい。

仕事もそうだが、後になってゴチャゴチャと言う奴がいる。元々、発言する事を放棄している事に気付いて欲しい。

ただ、この地方選挙については難しい面がある。候補者の事を知らないのだ。それを選ぶのだから、無理がある。それでいて、結果は気になるのだから、あまり偉そうな事も言えないが、とにかく、主張する機会は選挙しかないのだから、選挙に行く事だ。

==========

さて、先日から飲み始めた血圧降下剤で、下が下がってきた。85付近と正常値になってきた。血圧管理手帳を付けはじめて3週間を過ぎたが、90を切るのは初めてなので嬉しい。まぁ、、ゴルフはやらないが、90を切ると嬉しいらしい。20年以上前の記憶では、100を切るどころか?120台?ではなかったかなぁ、、クラブを何本も持って走った記憶があるだけだ。

おっと、電話だ。なに?投票は、お済ですか?だって?○○事務所??いいのかなぁ、、こんな電話してきて、、。ちょいとカチンと来てしまった。血圧上がったな。

==========

さて、気を取り直して、、、母の具合だが、まぁ、危機は脱したが、先々週末までの状態に戻るのは、どうなんだろう?難しいところだなぁ、、。何とか、普通に言う”寝たきり”くらいまで回復してもらいたい。

九州からの帰りの飛行機で、機内を流れる音楽をヘッドホンで聴いた。12,3曲ある中で、一番最初にかかった曲が、コブクロの”蕾”だった。JALさん有難う。

==========

九州にいる間に、ギターを弾かされた。どうやら、昔に使っていたギターが、実家にあったらしく、姪が持ち出してきたのだ。高校、大学とフォークソング全盛時代だった。まぁ、、猫も杓子も、ギターを弾いたもんだ。今は、フォークギターとは言わず、アコースティックギターと言っているようだが、まぁ、、私らの年代では”フォークギター”だ。

血圧が高いのを低くするために、”指を揉んだら良い”のだそうで、特に、人差し指の爪の付け根で、親指が当たる側を、爪楊枝の先で突くのだそうだ。まぁ、痛いので遠慮するが、、、指のマッサージなどが良いらしい。

で、『ギターを弾くと指先に圧力が掛るし、良いかもしれない・・』などと思いながら、東京に戻ったら復活してみようかと、弾いてみたのだが、チューニングができていない。

しかし、サビサビの弦であったが、何とかチューニングして弾いてみたら、まぁ、、何とか音になった。

以前?このブログに書いたかもしれないが、高校時代は、全く弾けなかった。あの時弾けていたら、違った人生だったかもしれない。しかしそれでも、何か?勘違いしたのであろうか、”ギターに下げてください”と小さな人形をもらった事がある。

そう!これでも、当時は”モテた!”

と、思っている。

止せば良いのに、浪人時代は、この”フォークソング”に嵌ってしまった。シッカリ2浪をする時、実家にギターを持って帰った??のかなぁ?

ボケ防止のため、またギターを練習しようかな。

| | コメント (2)