« 歩が成ると、『と金』になる、、BIMを使うという事は、『成る』という事だ。 | トップページ | Facebook・・・恐るべし、、『あれ?この人は・・』という、、女性からの”友達申請”・・・・あぁ、、思い込み過ぎでした!ゴメン! »

2014年2月26日 (水)

今月が決算月なのに、契約内容が決まっていない、、、ついつい、悪い方を想像してしまう、、元気玉をくれ!

また、、グルグル、グルグル、、グルグル、グルグル、、、が始まった。

グルグル、グルグル、、

・・。

・・。

建築技術者を集め、建築施工図作成を本業とする会社・・・・を始めたつもりだった。

ところが、マメみたいな会社からすると、全く太刀打ち出来ない事が、ゆっくりと起きて来る、、。

・・。

・・。

真綿で首を絞められる、、、まさに、それだった。

・・。

・・。

26年前、この会社を作った。

その頃は、パソコンなんて無い、、手描きで図面を描いた。

・・。

・・。

製図版に、トレーシングペーパーが貼り付けられている。

折りたたんで郵送で送っても、しわくちゃにならない美濃紙に、自社の用紙枠が印刷されていて、それを支給してくれるゼネコンもあった。

・・。

・・。

目的の図面、、たとえば『躯体見上げ図』を作図する場合、、

A1用紙の左上に平面、その右とその下にXY方向の断面、右下に部分詳細図と、建物全体の、どの位置を作図したのか分かるように、キープランがある。

・・。

・・。

敷地が四角で、簡単にレイアウトできる、、、そんな敷地は無い訳で、、

また、建物の用途や使い勝手は、施主や設計の考えで千差万別になる、、。

・・。

・・。

A1用紙に、1/50スケールの図面をレイアウトすることは、なかなか難しいのだ。

CADで描くようになって、後からレイアウトを考える者が増えて、、

そもそも、何の為の図面を描こうとしているのか、、”描かされている者”の図面は、『絵』でしかない、、『図面』になってないのだ、、。

・・。

・・。

手描きの頃、、『絵』か『図面』かの違いは、、、

基準となる、通り芯のレイアウトをしただけの段階で、、分かってしまう場合もある。

・・。

・・。

そう、、ベテランには、その能力がある、、、が、若手には、”それ”が無い、、

1/50らしい図面にはなるが、、、詳細図である1/10、1/5、、原寸が、なぜ必要か、、

”痒いところを図面にしておかないといけない理由”が、分からないのだ。

・・。

・・。

しかし、、BIMで作図してもらうと、2次元と3次元を行ったり来たりして作図する事になる。

その作業を、ベテランが後ろから見ていると、、ほんの、ある一瞬に、、”あれ?”っという場面を見つける事ができるのだ、、。

2次元だけの、今までのCADでは、その”あれ?”のところまで、閃かなかった。

・・。

・・。

これは、手描き図面の頃の、レイアウトしただけの図面を見て、感じ取れた何か、、、に近い感覚なのだ、、『こいつ、、分からないで描いてる、、』。

ベテランが、新人たちがBIMをやることで、”生き返る”事が出来る、、と思える瞬間だった。

・・。

・・。

と、、まぁ、、技術を売りにした会社なのだが、、

そんな我々施工図屋を、、”派遣”という括りの中に入れるようになって来たのだ、、。

・・。

・・。

技術を売りにしているのに、”人を売っている”みたいに言われると、、

『違うよ!』と言い返したい。

・・。

・・。

徐々にOA化は進み、アナログの世界は終わってしまった。

天安門事件の後、中国は世界の工場になった、、

我々施工図の世界でも、今や中国は重要な”工場”だ。

・・。

・・。

しかし、、我社にとって、中国が”工場”になる、、という事は、”初期の図面作成”という仕事を奪われるという事になるのだ。

これは、誰でも通る”新人の時代”に、技術力を養うチャンスが無くなることを意味する。

・・。

・・。

まぁ、、現在は知らないが、賃金格差は1/20だったから、”舞台に立つことも出来ない”ということだ。

そこに、消費税が絡む事になる。

・・。

・・。

そのたびに、景気は、止まった時間を迎える。

『その手前で、景気が良かった期間があるだろう』と言うかもしれないが、やれる仕事は1人工でしかない。

・・。

・・。

景気に、どんな波が有ろうと、1人でやれるのは1人工、、せいぜい頑張っても、、1.2人工くらいかなぁ、、。

その後に、『0人工』となる期間が発生する、、と言いたい訳だ。

・・。

・・。

さて、、今日も事務所では、自主的なBIM研修をしてもらっている。

まぁ、、、現在の建築業界では、BIM利用は、まだまだ、ほんの入り口に到達した程度だ。

・・。

・・。

何でもそうだが、『分岐点』というものがある。

ある日ある時、、基本設計から実施設計、施工図から製作物の施工図、、最終的なビル管理まで一貫したものを、BIMを利用する事で、効率的にやれる日が来るのだろう。

・・。

・・。

しかし、、そんな便利な日が来る、、という事は、中間で動くことを仕事としている”施工図屋”は、必要無くなる、、、のだろうか?

何かに投資して、利益が出始める、、そこを”損益分岐点”と言うが、、『頑張れば、損益の益が出るところに到達する』というのであれば、、まぁ、頑張れるだろう。

・・。

・・。

それが、我々を必要としなくなる分岐点、、となるならば、、それまでに、何か新しい魅力的な仕事、、というか、分野というか、、を、見つけなければならない訳だ、、。

いや、、その前に、、派遣業法が、またまた改正されるようだ、、。

・・。

・・。

今までのような契約は、出来なくなるのか?

分岐が来る前に、、別の分岐が来る、、。

・・。

・・。

どれもこれも、、明るい未来には見えない、、。

せめて、未来を覗く道具?であるBIMの習得をしておくほかは無い、、。

・・。

・・。

グルグル、、グルグル、、、、、グルグル、、グルグル、、

|

« 歩が成ると、『と金』になる、、BIMを使うという事は、『成る』という事だ。 | トップページ | Facebook・・・恐るべし、、『あれ?この人は・・』という、、女性からの”友達申請”・・・・あぁ、、思い込み過ぎでした!ゴメン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歩が成ると、『と金』になる、、BIMを使うという事は、『成る』という事だ。 | トップページ | Facebook・・・恐るべし、、『あれ?この人は・・』という、、女性からの”友達申請”・・・・あぁ、、思い込み過ぎでした!ゴメン! »