« おそらく毎年、この9月1日には、防災の日に併せて避難動線シミュレーションを紹介している | トップページ | 『建設業界が、TPPに備えるためには、BIMを導入して、一括受注(フルターンキー)出来る体制を作り、来るであろう”規制緩和”に太刀打ち出来るようにするしかない、、、』 と、思っている。 »

2013年9月 4日 (水)

『ArchiCAD17に、我社の将来を託す、、つもりだ』 と、言ってもイイかも・・

昨日は、ほぼ一日、、ArchiCAD17の製品発表会会場に居た。

東京駅前にある JP TAWER だ。

・・。

・・。

我々の職業『施工図屋』の、とりあえずの武器・・となりそうだ。

しかし、将来的には『分離発注が無理に成り、、施工図屋は必要無くなる・・』 かも、しれない代物、、とも言えるようだ。

・・。

・・。

WindowsXPの32bitから、Windows7、8の64bitとなり、動かなくなったソフトは、結構あると思う。

今までの、我々施工図屋は、元請であるゼネコンが選択したAutocadを使用し、現場へ常駐して、2次元の施工図を作図してきた。

・・。

・・。

しかし、残念ながら、、この32bit用のAutocadが、64bitの7、8では動かない、、64bit用のAutocadを新たに購入するしかない事に成ったのだ。

世の中は、既にWindows7からWindows8へ移行しているのに、金の無い我社は、この32bitXPを、だましだまし使っていたが、、、もう限界に来ていた。

・・。

・・。

そこに、『64bit機であるならば、2次元ではなく、3次元で表示できるCADで、、おまけに、色々なシミュレーションが出来たり、数量も拾えるBIMと言うものがあるぞ!』という奇跡のような話が流れて来たのだ。

しかし、リーマンショックから立ち直れていない業界で、積極的に3次元BIMを導入するところは無かった。

・・。

・・。

それでも、得意先のゼネコンは、少しずつ、、少しずつ、、BIMの導入を始めた、、が、、、当然、我社への導入は出来ない訳で、、。

しかし、幸いにも、我社のメンバーは、派遣先のゼネコンで、そのBIM担当に選ばれた者が2社4名出て来たのだ。

・・。

・・。

そこで、社員である彼らから、何とか情報を取ろうとするのだが、現場終了後、夜な夜な事務所に戻って来て説明してもらっても、上手く出来る保証は無い訳で、、。

『ここは、機器類の状況も併せて、自社に、ハードソフトの購入設置するしか方法はない!』と決断したのは、昨年12月だった。

・・。

・・。

まず私が、、の”私”だが、、これが一番当てに成らない、、この”私”にBIMを教える??

そもそも、一人の”技術者”として身に付けたものを説明し指導するのは、相当難しい事でもある、、ましてや生徒は”私”なのだ、、どう考えても面倒で、誰も教えてくれない。

・・。

・・。

ほぼ放置の状態で、新入社員が来る春を待った、、正解だった。

丁度、現場を上がって来た者も居て、一気に4名が使えるようになった、、都合8名だ。

(使える状況を、弊社HPで確認してもらいたい⇒http://www.art-v.co.jp/service/index.htm

・・。

・・。

我々の描く施工図は、一般の人達から見ると、、想像する図面のレベルを通り越し、数字の塊みたいな図面で、ジックリ見ても、何の事なのか分からないものだと思う。

ArchiCAD16では、その2次元表記の部分が、そう簡単には行かなかったので、先行しているゼネコンと同じように、データをAutocadに引き継ぎ、そこから以前の様にして、施工図をまとめて行こうとしていた。

・・。

・・。

しかし、私は、Autocadがどうしても苦手で、2つのCADを使う・・なんて、”出来ない”の二乗くらいに苦しい事に成る。

できれば、ArchiCADだけで作図出来ないか? そうすれば、Autocadを使わないで済む、、と考えていた。

・・。

・・。

今回のArchiCAD17は、それをやれそうなのだ。

ましてや、施工図に都合の良い事が増えた、、”フカシ”の考えが反映されるし、取り合い部分の勝ち負けを設定できる。

・・。

・・。

ただ、驚いたのは、SOLIBRIという、BIMモデル上で”干渉チェック”が出来るソフトがある、、と言う事を知ったのだが・・・

あれは、、、我々施工図屋の仕事だ。

・・。

・・。

更に、BIMサーバーだが、、外部にインターネットを経由して、チームワーク機能を使って出来る・・・と思っていたが、現状、セキュリティなど考えると、、中々難しい。

そこに今回、、”BIMクラウド”が発表されたのだ、、、これならば出来る。

そう! これだ、、これが欲しい!(まぁ、、おそらく、、我社では無理な値段だろう、、ゼネコンさんに頼む以外無いだろう・・)

・・。

・・。

早く、9月25日が来ないか!

ArchiCAD16を購入した時、VIP契約をしている、、、17にするのは、、タダのはずだ。

・・。

・・。

さて、社員研修レベルで、”触る事はした”レベルの者は、私を含め4名居る。

今週月曜から、先月末で現場を上がって来た者が1名、取り組み始めた、、。

今月末には、もう1名研修をする。

もう少しだ、、もう少しで、全員がBIMを触り、使いこなせるようになる。

いや、、九州のメンバーも、使えるようになるだろう、、。

・・。

・・。

5から8%の消費税導入は、何とかなっても、8から10%になるとき、1997年1998年を思い出すと、中小企業には、武器が必要だ。

さぁ、、今度こそ、、”私も”、やるかなぁ、、、

|

« おそらく毎年、この9月1日には、防災の日に併せて避難動線シミュレーションを紹介している | トップページ | 『建設業界が、TPPに備えるためには、BIMを導入して、一括受注(フルターンキー)出来る体制を作り、来るであろう”規制緩和”に太刀打ち出来るようにするしかない、、、』 と、思っている。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おそらく毎年、この9月1日には、防災の日に併せて避難動線シミュレーションを紹介している | トップページ | 『建設業界が、TPPに備えるためには、BIMを導入して、一括受注(フルターンキー)出来る体制を作り、来るであろう”規制緩和”に太刀打ち出来るようにするしかない、、、』 と、思っている。 »