« 寝ている間に、なでしこがフランスに勝った! | トップページ | 大泉学園駅から、事務所まで、、、近いよ・・! »

2012年8月 7日 (火)

若い頃の、交通事故(独り相撲でした・・)の話し

交通事故の話しを書いている人がいて、自分の事故の話を思い出した。

今57歳、、誕生日は10月だから、事故を起こした12月には、58歳になる。

・・。

・・。

このブログには、以前にも、この話を書いたが、、どこにあるのやら分からない。

大学3年の12月だから、、へへ23歳かぁ、、35年前だ。

・・。

・・。

実家の酒屋で、お歳暮の配達をしていた。

金田の駅から、方城へ向かっていた。

定禅寺(通称:藤寺)の前を過ぎ、田川直方バイパスを横切り、弁城小学校に差し掛かるところに、緩い左カーブがある。

この左カーブの手前で・・・貧血を起こした。

・・。

・・。

当時は、東京の大学生?だった。

パチンコ・麻雀、、ときには競馬と、ギャンブル三昧、、とりあえず?設計製図の時だけ頑張っていた。

30時間起きて、15時間寝る、、、と言うような生活をしていた。

当然、タバコも、、一日一箱、吸っていた。

運動は、、ゼロ。

・・。

・・。

何を血迷ったか、後期の試験勉強を、やろうとしていた。

・・。

・・。

高校2年の秋に、実家にドロボウが入り、、丁度、集金していた現金を、ソックリ盗まれた。

高校3年になる時、、父の勤める会社では、その事も含め、色々と問題が発生し、父の排斥運動が起きたのだ。

だから、3年生になる時は、”夜間に替わるしかない”と思っていた。

その頃も、奨学金制度は有ったのだろうが、英語は欠点スレスレ、、問題外だ。

・・。

・・。

間もなく、銀行関係から、父の復帰を促され、3年になるまでには、復職が出来た。

・・。

・・。

まぁ、、しかし、、多感な17,8歳の頃だ、、。

酒の配達のため、バイクの免許が必要だったが、、

『じゃぁ、、原付じゃなく、自動二輪を受けていいか?』

と、親との交渉の末、自動二輪の免許を取得、、

・・。

・・。

お陰さまで、その免許は、今では限定解除、、現在の大型自動二輪だ。

90ccのバイクで、高校に通った。

・・。

・・。

しかし、まぁ、、そう簡単には進まないもので、赤池と中泉の間で、”ネズミ捕り”をやっていて、、確りスピード違反で罰金、、。

仕方なく、、以前のディーゼル機関車での通学に、逆戻り、、、まぁ、、下駄での通学を認められている高校なので、、それもまた良し、、。

ちなみに、1年生の時は、蒸気機関車で通学、、伊田線(現在の平成筑豊鉄道)は、C11が走っていて、筑豊本線(現在の福北ゆたか線)はD51だったなぁ、、。

・・。

・・。

とにかく、、勉強をしている”振り”は、していたが、、当然、現役で受かる大学何ぞ、、ありゃしない、、。

1浪は、東京の中野沼袋で、、将来を予感させる、パチンコ・麻雀の生活、、

2浪は、九州に戻るも、パチンコ・麻雀の生活、、

結局、やっと行った大学は、現役の時に行けたであろう大学だった、、。

お茶ノ水にある大学で、理工学部の二部建築学科だった、、夜間だ。

・・。

・・。

しかし、、ひたすら、、パチンコと麻雀の生活は続いた、、。

夏と冬は、実家に帰り、、酒の卸と小売りを手伝った。

そう、、この時だけが、体を動かし、お金を稼いでいた訳だ。

・・。

・・。

まぁ、、そんな生活だったから、、貧血で、事故を起こしたのだ、、。

・・。

・・。

気が付くと、実家の二階にある十畳間で、一人寝ていた。

十畳間の隣に、六畳間が二つ、、一本の柱を残し、襖を全部取り去ると、広い広い、、昔々の写真で知るだけだったが、そこで結婚した人が、何組かある。

・・。

・・。

誰も居ないので、大声で人を呼ぶ、、しかし、、頭がグラグラしていた。

間もなく、父が来た。

『いやぁ、、今、気が付いた、、事故を起こした気がする・・』と言うと、、

『なん、言いようとか! 事故起こして、恥ずかしいもんやき、そげな事言うて、、! お前!さっきから、おんなし事ばっかり言いよる!!』

『なん、言いようと! 本当に、今起きたばっかしたい!』

頭が、ガンガンしていた、、と思う。

・・。

・・。

どうやら、記憶が一ヶ月分、、飛んでいた。

その後、段々記憶が戻り、、東京からの新幹線で、前の席の取っ手にスーツを掛け、それが揺れていたところ辺りまでは、、何とか思い出した。

うーーーん、、当然だが、、後期試験の為の勉強内容は、まっ・・・たく、、思い出さなかった。

・・。

・・。

舌を二針縫っていた、、歯で噛んだようだ。

縫われた事は、今になっても、ゼンゼン記憶に無い。

あちこちが、当然痛い、、右腕も痛かった。

後で分かったが、右腕の筋肉が、内部で切れていた、、外見では分からなかったのだ。

・・。

・・。

・・。

・・。

車で、坂を登って行く、、

急に、めまいがしているのか?

腕に、、足に、、力が入らないのだ、、貧血だった。

足を、、足を、アクセルペダルから離さないと、、

・・。

・・。

・・。

・・。

坂を登り切った辺りに、得意先が有り、そこで電話を貸してもらった。

『・・・うーーん、、事故を起こしたみたい・・』

・・。

・・。

坂道が救ってくれた、、

左に緩いカーブだったから、ハンドルは、元々左に切っていた。

当時は、道路端の側溝には蓋が無かった。

脱輪して、勝手にブレーキになったのだ。

・・。

・・。

木の電柱を一本折った、、有線電話用の電柱だった。

右腕の筋肉内部断裂は、ハンドルで切ったのだ、、ハンドルは、グニャリと上に曲がっていた。

シートベルト?は、有ったのかなぁ、、その頃だから、当然、着けていない。

・・。

・・。

正月が過ぎ、、実家の酒屋では、前年度の在庫を調べなければならず、手伝った。

しかし、、手伝いに、ならないのだ。

7,8本の瓶が有ったとしよう、、

『1本2本、、3本、4本??、、、1本目は、どれだった??』

・・。

・・。

脳波に異常が有った。

医者は、『だんだん良くなる』と言うが、、そうは行かない、、。

東京に帰ると、後期の試験は、直ぐに始まる。

・・。

・・。

通う大学の裏隣には、系列の大学病院が有る。

診てもらった。

脳波は、正常に近かった?と思う、、が、腕の筋肉に付いては、、

『選手生命は絶たれた、、と思って下さい』

そう、、良い身体をしていたのだ、、酒屋さんとして、鍛えられていた。

・・。

・・。

今月1日より、我社のT君は、この大学病院の新築工事に行っている。

母校の道路向かいだ、、移転して新築するようだ、、。

・・。

・・。

あの頃、血圧は、90-40という低いものだった。

それがどうだ、、血圧降下剤を飲み始めて、、?? 5年くらい過ぎたかな?

今朝の血圧は、135-90位だった。

・・。

・・。

息子たちに、言うのだが、、若い時は無理をしても、それに気付かない、、。

歳を取ると、無理をしたくても、、まったく出来ない、、。

交通事故、、、気を付けても、起きてしまうのかもしれないが、、、気を付けましょう!

|

« 寝ている間に、なでしこがフランスに勝った! | トップページ | 大泉学園駅から、事務所まで、、、近いよ・・! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寝ている間に、なでしこがフランスに勝った! | トップページ | 大泉学園駅から、事務所まで、、、近いよ・・! »