« 避難時における、ホテルのコア部分の動線 | トップページ | 高校25回同期会・・・17名参加・・・うーーん、、竹内まりあさんの『人生の扉』を聴きたいなぁ、、 »

2011年9月 1日 (木)

今日は、『防災の日』である、、、なのに、『避難経路図』と言う言葉での検索は、10件に満たない、、。

今日は、『防災の日』である、、、なのに、『避難経路図』と言う言葉での検索は、10件に満たない、、。

うーーーん?設定が悪いから、検索して来てくれないのか、興味が無いからなのか、、、

・・。

・・。

本日から、9月だ、、、11日が来れば、あの大震災から半年が過ぎた事になり、アメリカでは、9.11そのものの日だ。

↑は、左回りの避難階段

↑は、右回りの避難階段

マンションは、意外と居住者数が少なく、避難するに困らないと思える。しかし、大方のマンションは、左右対称に造られているため、避難階段の廻り方も対称になっている場合がある。しかし、階段室入口の扉の開き方は同じだったりする。

実は、階段室の入口の扉の位置を、ほんの少し廊下側に寄せ、フロアー側の踊り場を広く取れば、左右の廻り方に関係なく、開いたドアが邪魔になったりしない。

・・。

・・。

これと異なり、オフィスビルや学校は、人数が多い。

過去に、駅の動線シミュレーションをやらせてもらったが、電車到着時の改札は、非常に混む。

避難安全検証法に適合したものではないが、、、『うーーーん、、こんな感じだよなぁ、、』と想像しているものが、互いに同じものであれば問題ない。

・・。

・・。

しかし、シミュレーションを見せると、、『えーーっ、、こんなになる?おかしくない?』などと言い出す設計者が居た事がある。

どうも、その設計はポシャったようだ、、、まぁ、そんな程度の設計者だったのだと思う、、その時は、そのシミュレーション代を払ってくれなかった。

まず、その程度の設計者が設計した建物は、施工図を描く時には大騒ぎになる事は、間違い無い。

・・。

・・。

さてさて、本日は、新宿の現場へ、打合せに行く事になっている。

まだ、早いかぁ、、。

|

« 避難時における、ホテルのコア部分の動線 | トップページ | 高校25回同期会・・・17名参加・・・うーーん、、竹内まりあさんの『人生の扉』を聴きたいなぁ、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 避難時における、ホテルのコア部分の動線 | トップページ | 高校25回同期会・・・17名参加・・・うーーん、、竹内まりあさんの『人生の扉』を聴きたいなぁ、、 »