« 昨日撮っておいた、枝垂れ桜と、成長著しい芍薬の写真 | トップページ | 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その3』面白い形状の太陽光パネル »

2011年4月20日 (水)

『計画停電と東日本大地震の復興計画 その2』切っ掛けは、建築施工図の大変さから、面白い形状の太陽光パネルを知った事にある、、

本業は、建築の施工図屋である、、その仕事の流れから、切っ掛けを得た。

ちょっと遠回りな話となるが、、、まぁ、、仕方が無いだろう、、。

・・。

・・。

知り合いから、ある太陽光パネルを紹介されてから、、かれこれ1年以上過ぎた。

特別な形態から考えて、”今回の大震災からの復興に役立つ”と考えている。

・・。

・・。

我々施工図屋は、施工するゼネコンの立場で”建築施工図”を作成するのだが、作図には、進める順番がある、、。

その順番を決める要因の一つに、”太陽光パネル”などの、ビル屋上設置物がある。

いつも書く事だが、普通の人が目にする設計図は、まだ”このように造りたい”のレベルであって、”このように造ります”に至っていない。

従って、施工図を作成して行く事で、初めて、そのレベルとなる。

・・。

・・。

まず”打合せ用”の施工図を、基礎や地下階、1階2階関係を描くと、基準階を描き、屋上を描く。

しかし、下から順に、完璧にまとめあげてしまって、徐々に上の階を描くのではない。

作図パワーがあれば、出来れば最上階までを、つまんだ感じで描き上げる訳だ。

実は、雨水排水計画が、途中階に影響し、地下基礎ピットの雨水排水や湧水にまで影響する場合があるからなのだ。

雨水排水計画を、設備の方でやってもらえると助かるのだが、あれは建築工事なのだ。

・・。

・・。

建築の立場として、どうしても分からない事は、地下機械室や屋上にある、色々な設備機器が、大きくて重い物なのか、小さくて軽い物なのか、長いのか短いのか、まったく見当がつかない事がある。

あれは、、設備工事なのだ、、。

軽ければ、鉄筋配筋の多い床スラブ等にする必要もないし、やたらと重いと、スラブの鉄筋を補強しても足りないので、梁までもが必要となる場合がある。

おおよその事は、設計段階で、その辺までの検討は済んでいるが、詳細の検討は、施工が始まってからだ。

・・。

・・。

『なんだ、、設計は完了していないじゃないか・・』と言いたくなるだろうが、、

考えてみて欲しい、、。

その辺のマンションを施工する期間は、おおよそ、階数+2か月、、と言う程度だから、工事期間が1年半としても、その前に設計する期間や、施主との打ち合わせは、約1年はあると考えられる、、とすると、その辺のマンションですら、3年ほど前の設備機器のカタログを見て設計されている事になる。

これが、我社がお手伝いするような、大型現場の場合、5年以上前のカタログで、設計されている事になるのだ、、。

ビルが竣工した時には、超時代遅れの設備機器・・・と言う事になる。

・・。

・・。

それを解消するには、、『走りながら考える』事を仕事としている、”施工図屋の出番”となる訳だが、、、その問題となる物の中の一つに、”太陽光パネル”がある。

・・。

・・。

昔は、、太陽光パネルなどと言う、、そんな物は、、無かった。

しかし、あれは、どう考えても、薄っぺらく、風で飛んでしまう代物だ。

そんな物を屋上に乗せ、、地上に落ちて来たりすれば、、もぅ、、、それは一大事!!

やたらと頑丈な基礎を作り、それに固定する、、、、という考えに至る訳だ。

・・。

・・。

この、やたらに頑丈な基礎が、屋上の雨水排水計画の邪魔になる訳だ。

最近の設計図では、”太陽の高度”や”東西南北”を意識している(と思うが・・)

しかし、その受け架台である基礎は、それを更に受ける屋根スラブや梁の位置を考慮できているか、、、と言うと、お粗末な場合がある。

単純に言うと、、『おいおい、、梁に載って無いぞ』となっている場合が、何故か多いのだ。

・・。

・・。

まぁ、そんな場合、我々施工図屋は、設計と工事と、設備担当者等を調整し、、、

『じゃぁ、、ここで、この辺で良いですね?』とやらねばならない、、。

まったくもって、、無駄な仕事と思える。

・・。

・・。

そんなときに、今回紹介された太陽光パネルを見て、、、

『なに?後置きができるじゃないか!』

と、感動したのだ。

それは、アメリカのカルフォルニアにある、ソリンドラ社の太陽光パネル・・・いや、ルーバーだ。

http://www.solyndra.com/

・・。

・・。

※『・・・その4』にGreenhouse動画を、『・・・その7』に、簡単な施工動画を追加しました。(2011.07.20)↓

2011.04.17

『計画停電と東日本大地震の復興計画 その1』

2011.04.20

『・・・ その2』 切っ掛けは、建築施工図の大変さから、面白い形状の太陽光パネルを知った事にある、、

2011.04.20

『・・・ その3』 面白い形状の太陽光パネル

2011.04.20

『・・・ その4』 元ネタは、以前まとめた『休耕田と耕作放棄地の太陽光発電』だ。

2011.04.24

『・・・ その5』 まず、皇居前広場に太陽光発電を設置する

2011.04.26

『・・・ その6』 電気による新しい農業の説明-1

2011.05.02

『・・・ その7』 電気による新しい農業の説明-2 『米百俵』

2011.05.02

『・・・ その8』 面白い形状の太陽光発電-2 飛行機の翼の逆形状

2011.05.09

『・・・ その9』 面白い形状の太陽光発電-3 断熱塗装との組合せ

|

« 昨日撮っておいた、枝垂れ桜と、成長著しい芍薬の写真 | トップページ | 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その3』面白い形状の太陽光パネル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152267/51896238

この記事へのトラックバック一覧です: 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その2』切っ掛けは、建築施工図の大変さから、面白い形状の太陽光パネルを知った事にある、、:

« 昨日撮っておいた、枝垂れ桜と、成長著しい芍薬の写真 | トップページ | 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その3』面白い形状の太陽光パネル »