« 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その2』切っ掛けは、建築施工図の大変さから、面白い形状の太陽光パネルを知った事にある、、 | トップページ | 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その4』 元ネタは、以前まとめた『休耕田と耕作放棄地の太陽光発電』だ。 »

2011年4月20日 (水)

『計画停電と東日本大地震の復興計画 その3』面白い形状の太陽光パネル

さて、そのSOLYNDRA社製の太陽光パネルが、なぜ役に立つと考えたか?

・・。

・・。

”風の影響を受けず、後置き出来る”という点も特筆すべき点だが、、一番は、”施工期間の短さ”だ、、今回は、時間が無い。

http://www.solyndra.com/technology-products/videos/

↑に、施工風景の動画がある。(5つあるが、上から2,3番目)

・・。

・・。

計画停電の始まる、、6月末頃までに、2ヶ月半程だ。

それまでに、大量の太陽光パネルを設置出来るか?と言う話になる。

・・。

・・。

”設置する”と言うが、これは置くだけだ。固定していない。だから早い、、。

しかし、、固定しなくて大丈夫か?と言う疑問が出てくる。

・・。

・・。

その前に、、『どこかの屋根などに載せて、いくら広くても、計画停電を止めさせるほど発電できるのか?』とか、『そもそも、パネルの重さはどれくらいだ?強度は?』

カタログが欲しい、、。

・・。

・・。

http://www.solyndra.com/customers/resources/ の真ん中あたりに、あった、、。

100SERISという奴を見てみると、、、(断っておくが、、英語は大の苦手・・・間違って読み取っているかもしれない、、)

1.82m×1.08mで、16kg/㎡、、パネル1枚で31kgとか、風に対して208km/hまで大丈夫?とあるようだ、、、ほんとか?208は無いだろう?。

発電効率は、、どう読み取れば良いのだろうか?真ん中にあるSL-001-165を見ると、165Wpとある。

・・。

・・。

アーノルドシュワルツネッガーと、オバマ大統領が宣伝している、、と言っても、、、”日本ではどうだ?”を検証したものが欲しいところだが、、、

パネル1枚が、子ども一人の重さと考えれば、ルーバー状になっていて、風も通り抜ける事も考えると、、、およそ”飛ぶ”とは考えにくい。

また、瓦屋根と違い、1枚1枚を引っ掛けるようにして設置しているので、隣り合ったパネルは結合している訳だ、、更に飛びにくいことになるだろう。

・・。

・・。

いや、、それより、、飛ぶ飛ばないの話より、、1枚で165Wpでは、お話にならない、、。

・・。

・・。

10枚で1650Wp、、100枚で16500Wp、、1000枚で165000Wp=165kwp、、1万枚で1650kwp、、10万枚で、16500kwp=1.65万kwp、、100万枚で、16.5万kwp、、、1千万枚で、165万kwp、、、1億枚で1650万kwp、、なのだ。

更に、SOLYNDRAは屋根面の反射光を含み、165wpなのだから、1億枚で1000万kwpと考える方が妥当だろう。

・・。

・・。

計画停電に不足すると言われている電力量が、1000万kwpだ。

1枚、、いくらか? 20万円とか30万円だと、20兆円? 話の外だ。

まぁ、、せいぜい1.65万kwpあたりの話から進めるしかないだろう、、200億円だが、、やはり、話の外か、、?

・・。

・・。

しかし、、だ。

どう考えても、”新規に今すぐにやれるもの”である必要が、、ある。

それに、面白い転用が出来ると考えている。

それは、この太陽光ルーバー下での農業だ。

・・。

・・。

※『・・・その4』にGreenhouse動画を、『・・・その7』に、簡単な施工動画を追加しました。(2011.07.20)↓

2011.04.17 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その1』

2011.04.20 『・・・ その2』 切っ掛けは、建築施工図の大変さから、面白い形状の太陽光パネルを知った事にある、、

2011.04.20 『・・・ その3』 面白い形状の太陽光パネル

2011.04.20 『・・・ その4』 元ネタは、以前まとめた『休耕田と耕作放棄地の太陽光発電』だ。

2011.04.24 『・・・ その5』 まず、皇居前広場に太陽光発電を設置する

2011.04.26 『・・・ その6』 電気による新しい農業の説明-1

2011.05.02 『・・・ その7』 電気による新しい農業の説明-2 『米百俵』

2011.05.02 『・・・ その8』 面白い形状の太陽光発電-2 飛行機の翼の逆形状

2011.05.09 『・・・ その9』 面白い形状の太陽光発電-3 断熱塗装との組合せ

|

« 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その2』切っ掛けは、建築施工図の大変さから、面白い形状の太陽光パネルを知った事にある、、 | トップページ | 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その4』 元ネタは、以前まとめた『休耕田と耕作放棄地の太陽光発電』だ。 »

コメント

農地をのうちのまま太陽光発電、というコンセプトでまさにSolyndraの太陽電池を国内に紹介しています。
200シリーズがそれです。
ブログ、参考になりました。SAWA

投稿: 澤俊樹 | 2011年6月28日 (火) 22時59分

>澤さん
コメント、ありがとうございます。
大勢の方が、この考え方を利用出来るように、と思い、ネットにアップしたのですが、、あまりの無反応に驚いていました。
参考にして頂いたようで、『やっと、世の中の、お役に立てた、、』と言う気持ちです。

投稿: 一級能書士 | 2011年6月29日 (水) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152267/51896226

この記事へのトラックバック一覧です: 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その3』面白い形状の太陽光パネル:

« 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その2』切っ掛けは、建築施工図の大変さから、面白い形状の太陽光パネルを知った事にある、、 | トップページ | 『計画停電と東日本大地震の復興計画 その4』 元ネタは、以前まとめた『休耕田と耕作放棄地の太陽光発電』だ。 »