« 血圧は下がりましたが、、、。 | トップページ | 『おくりびと』良かったです。 »

2009年1月31日 (土)

お昼に、定額給付金の話をしました。

今日の遅いお昼は、いつもの”野菜天せいろ”だった。”むら季”の蕎麦は、お勧めである。

さて、そこで”定額給付金”について、先日の自説を店主に話してみた。『反対している人は、本当に報道されているほど多いのか?』という話しだ。

確かに、世間で言われている”耐震診断などに使ったら、、”と言う話しも、もっともだが、そもそも2兆円で足りるのか?

だったら、定額給付金も耐震診断で公共物を補修改修することも両方やって、4兆円にすれば、もっと効果がある訳ではないだろうか?

いやいや、更に更に、、やる必要があるのではないか?

ここ最近、3月末の企業決算予想のニュースが続く。桁違いで、何のことかサッパリ分からない金額だ。おまけに大、大、大リストラだ。予想を越している。

だが、政治家さん達は、予想をしていたのだろう。だからこそ”即効性があるだろう、、”と思ったから”定額給付金”だったのだろう。

我々建築関係の者としては、”公共事業を増やして欲しい”という事になるが、直にばら撒く事になる定額給付金とは、即効性において適うはずが無いのは当たり前だ。

まぁ、、二の矢、三の矢としては、公共事業は、大変効果を期待できるので重要なのだが、、。

『定額給付金と言っても、所詮税金で回収されるものだ。だから無駄だ。』と言った話しを聞いた事がある。

”手段として定額給付金が正しいか?”は、議論するところかもしれない。しかし、”無駄”という話しは、ちょっと頂けない。経済原則に反するだろう?違うかな?

お金に名前を付けると”消費税”という名前だったり、”定額給付金”という名前をつけているだけで、”金は天下の廻り物”であって、”箪笥の肥やし”にしてしまっては、経済にならない、、。まぁ、、個人としては、貯蓄する事は重要だろうけれど、、。

話しの内容を、味噌も糞も一緒にしないことだ。全体と個人を一緒に考えると、チンプンカンプンになる。”定額給付金”と言う名前を”耐震診断”と書き換える話しをしているのに、『”そもそも”を止めてしまったら、何にもならない』と言う事くらい分かって欲しいものだ。

話しは脱線するが、実は以前、”耐震診断をやれば、経済効果がある”と言うような話を書いた。想像の域であるが、算数計算した金額も書いた。

そこに、”ネット上に、建物データを載せる必要がある”と言う事を書いた。実は、先日、、1月23日の建設通信新聞に、『国交省、コンサル全体設計図書、データ公開検討、技術提案時の活用見込む』という記事があった。ハッキリ言う。”早くやってよ!”

どちらの話にも”データ公開”と言うのがあるのだが、、これは、重要な事なのだ。

まぁ、、しかし、”定額給付金”早く欲しいです!

|

« 血圧は下がりましたが、、、。 | トップページ | 『おくりびと』良かったです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血圧は下がりましたが、、、。 | トップページ | 『おくりびと』良かったです。 »