« 紅葉の石神井公園! その2 | トップページ | 紅葉の石神井公園!3 »

2008年12月11日 (木)

こりゃぁ、、建築業界、最悪になる訳だ・・。

昨日は、年末挨拶で、、、歩いた。

H君にカレンダーを持ってもらい、赤坂見附から霊南坂まで確か?2.2kmと携帯ナビが示していたが、まずその歩きが始まりだった。

六本木一丁目駅の方が近かったが、溜池山王まで戻って、南北線に”乗るはず”だった。が、何故か”丸の内線”という文字が目に入り、”国会議事堂前”まで歩いてしまった。

結局、16,147歩が昨日の歩数だ。12kmは歩いた事になる。会社と自宅間の4,500歩を引いた11,647歩で約8.7km、、も歩いたのに、2件しか廻れなかった。H君ごめんな!

さて、机の前に、またまた山のような新聞がある。未読が溜まっているのだ。未読は11月10日から溜まっていて、一番上には今日の建設通信新聞があった。

片っ端から読み進めたが、どうしても飛び越して、本日の建設通信新聞読まないといけない記事があった。今日のブログに書きたかったからだ。

======

『大臣認定プログラム、活用わずか0.3%』

『えぇっ?何かの間違いか?』思わず叫んでしまった。

羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)と言うが、

改正建築基準法で、構造計算適合判定に伴う建築確認申請で、大臣認定構造計算プログラムを使用すれば、申請後35日で確認が降りるとされたのだが、このプログラムを使用した申請が、全体の0.3%だった。と言う記事なのだ。

せめて10%くらいあるのかと思っていた。これじゃぁ、、我々施工図屋が待ち望む新築物件など、、出てくる訳が無い。

昨年6月20日に施行された法律だが、これに見合うプログラムは、今年の3月に、やっと出てきたのだそうだ。以来、4月から10月まで14,707件の内で、何と49件しか使用されていないと言うのだ。

この法律が施行される前は、申請後、問題が無ければ21日で確認が降りていた。それが、大臣認定ソフトを利用すれば35日、今までと同じやり方ならば90日(だったと思う)となった訳だ。

大半が90日だったのかぁ、、、。(平均審査期間は、1月時点で39.3日、9月で32.5日だったそうだ、、多少安心した。)

バブルの頃、建設業界で動くお金が80兆円と言われ、弾けた後でさえ50兆円あると聞いている。その内、この申請が必要だったものは、どれくらいだったのだろう?仮に12兆円分として、一ヶ月1兆円。これが最高3ヶ月で3兆円が、世の中に出てくるのが遅れた訳だ。

どうやら審査は頑張って32.5日になって来たらしいが、契約の事を考えてもらうと、以前は21日だから一ヶ月以内、わずか2.5日の遅れだが、32.5日は二ヶ月となる。

1兆円以上のお金が、この法律のお陰で、世の中に出てこなかった事になる。

資金繰りが付かないだろう、、。そりゃぁ、、計画も中止になるよなぁ、、。

不動産屋さん達は、回収が1ヶ月遅れるのだ。我々下請けのように、いつも泣かされている者達と違って、想定していなかっただろう。一ヶ月分の黒字が先送りになれば、、、。

そこにサブプライムローン・・・かぁ、、。

小学3年生でも分かるような話しだよな、、。

|

« 紅葉の石神井公園! その2 | トップページ | 紅葉の石神井公園!3 »

コメント

自分で書いていて、突っ込みを入れるのも何だが、、『一ヵ月分の黒字』ではなくて、『一ヵ月分の売上』の間違いだね。
桁違いも甚だしい間違いでした。

投稿: 一級能書士 | 2008年12月12日 (金) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉の石神井公園! その2 | トップページ | 紅葉の石神井公園!3 »