« 雨の休みでも、歩きましょう! | トップページ | ややこしい事は、苦手です 2 »

2008年8月25日 (月)

ややこしい事は、苦手です。

”公的個人認証サービス”だか何だか知らないが、便利なようで、ややこしくないか?

住民票の除票で、事足りると思っていたら、ダメだって。うーーん、、。関係あるのかなぁ、、?

祖父が三潴郡から、田川郡に出てきて始めたのが、実家の酒屋だ。本籍は、三潴に置いたままだった。次男坊の私は、結婚をしたときに本籍を東京にしている。現在、東京で会社を設立し、運営している訳だ。

この会社の役員に、経理に明るい父になってもらっていた訳だ。で、今回、父が亡くなったため、姉に代わりを引き受けてもらうよう頼んだ訳だ。要するに、役員の交代だ。任期途中であるから、退任理由が必要になる。退任理由は、死んでしまったのだから、住民票の除票で足りる、、、と思うではないか、、。戸籍謄本じゃないとダメらしい、、。

先週、兄と姉に、色々と書類を取って来てもらい、速達で送ってもらったのに、、何にもならないなんて・・・。逆に、”住民票の除票”って、何に使えるのだろう?

とにかく、よく分からないがダメらしい。今朝は、司法書士さんの事務所に直行したのに、何一つ終わらなかった。

親父が死んで、ボーッとしている期間が長すぎたかなぁ、、。出遅れている。

オリンピックも終わった事だし、今まで隠れていた何かも、色々と出てくるだろう。目を覚まさないと・・。

|

« 雨の休みでも、歩きましょう! | トップページ | ややこしい事は、苦手です 2 »

コメント

ウチの父も本籍を佐賀のH村のままにしていたので、除籍簿を取りに、村(現在は町村合併で町)役場まで行きました。
銀行は戸籍謄本では済まず、それ以前の除籍簿まで必要でした。何故~?と思っていましたが、故人が今の戸籍以前に家庭を持ったりして、他に相続が発生しないか・・・の確認だと聞いて、納得しました。
それにしても、家族を亡くした後の諸手続き・・・心身疲労の上に、さらに疲れますね。

投稿: tera | 2008年8月26日 (火) 15時21分

>teraさん
言われて見ると『”常識”なのかなぁ、、』などと思うのですが、知らない事だらけ。
九州で図面を描いてもらっている友人は、昨年母親、今年父親と連続で亡くしているのですが、『4月に死んだとに、なんやかんや、まだやりようばい。めんどくせぇばぁぃ、、。』と言われました。
ところでteraさん。浄土真宗の作法の常識みたいなのを書いてもらいませんか?たとえば、四十九日での服装とか・・。

投稿: 一級能書士 | 2008年8月26日 (火) 16時30分

とりあえず、「四十九日での服装」ですが、
特に決まりはありません。
私個人的な考えですが、ご遺族としては、黒のスーツ、女性なら黒のワンピース(もちろんスーツでも可)が無難で、場に相応しいのではないかと思います。

投稿: tera | 2008年8月28日 (木) 10時06分

>teraさん
どうも有難うございます。
おそらく、”この程度の事”でも、悩んでしまうんですよねぇ、、。
私のように、田舎から出てきて核家族を形成した者達にとって、”常識”とか”普通”に囚われはじめると、グルグルになってしまうんですよね。
『えっ?まさか、、知らなかったの?うーーん、、そうねぇ、、知らないかもね、、。』
と言う話をお願いします。
”女性の品格”お寺版、みたいなものをよろしく。

投稿: 一級能書士 | 2008年8月28日 (木) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の休みでも、歩きましょう! | トップページ | ややこしい事は、苦手です 2 »