« 86歳の父 | トップページ | 幻の宣伝カー »

2008年8月 7日 (木)

笑門来福

日付変更線を越して戻ってきた感じだ。月曜日に戻って来て、3日目なのに” ぼー ”となっている。きっと、夜更かしと飲み過ぎだ。

東京に帰る前、『親類に挨拶しておくか・・』と、従兄弟の家を訪ねた。1階はコンビニをやっていて、2,3階が住居だ。すぐに人に噛み付く犬がいて、恐る恐る声をかけ上がっていくと、従姉妹がテレビを観ていた。犬は、珍しく吠えもしない、、が、低く唸っていた。

書道の先生?なのだそうだ。まだ、生徒は4名程度。先生?と呼ばれるレベルなのか?

思い出すのは、小学生の頃だ。祖母と母は、字が上手かった。正月に、母の実家に行き、書き初めの宿題をした事がある。祖母は『もう、、1枚。もう1枚だけ、書いてごらん、、。』と言うのだが、その声を振り切り、私は駆け出して行ったものだ。だが、従姉妹は、何枚か書いていた。その差が、、これだ。

Photo

いきなり”書いてくれ”と言って、書かせたが、私から見ると上手いのだが、先生をやる程の”字”なのか分からない。しかし、親父の葬儀の後で、『笑門来福』とは、”旨く言葉を見つけたな”と、思った。

『暑中御見舞』と書いた”お手本”があったが、『笑門来福』の方が、これからを意識できて良いと思ったので掲載する事にした。

さてさて、ボケた頭を仕事モードに持って行かないと、”笑い”がやって来ない。

|

« 86歳の父 | トップページ | 幻の宣伝カー »

コメント

我が家のわんこの事で異議あり。
うちのわんこは 知らない人が来ると確かに吠えるが 触らない限り噛み付きません。

投稿: かめ子 | 2008年8月10日 (日) 21時16分

>かめ子先生
そうですね。さわらなかったので、噛み付かれませんでした。

投稿: 一級能書士 | 2008年8月10日 (日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 86歳の父 | トップページ | 幻の宣伝カー »