« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

多少リバウンドしてました。

久しぶり晴れた・・いや?くもりかなぁ、、。

という状態だったので、多少リバウンドした体重を減らす事を兼ねて、猫の額の芝刈りと、猫道?のスペースが正面を除く三方にあるので、そこの草取りをした。

期待通り、体重は70.0kgジャスト。汗を流して、冷たい水を飲んだら、即効で70.5kgになった。まぁ、、大体、寝て起きただけで、0.2~0.3kgは、軽く減るので、『あなたの体重は?』と聞かれても、『72kgを少し切っているかな』と答えるようにしている。

当然、”歩き”をやっていないので、3時半を過ぎたところで、映画を観に行く事にした。自宅から3,200歩くらいかなぁ、、。ウィル・スミスの『ハンコック』を観て来た。まぁまぁかな。

帰りに事務所に向った。このブログを書くためだ。

実は、自宅に私用のパソコンは無い。もっとも、このノートパソコンを持ち帰れば使えるが、基本的には持ち帰らないようにしている。

事務所に着いたところ、、、また雨だ。どうなっているんだ!この天気は・・。

さぁて?小降りになったかなぁ?

しかし、草取りを終了出来ていて良かった。

| | コメント (0)

2008年8月30日 (土)

雨、雨、雨、、、

さて、8月も終わり、9月になろうとしているが、東京は”雨”。それも”連続の大雨”。まるで、東京が九州になったみたい。

ここ1週間で、”雨”じゃなかった日は?  おまけに、凄い雷雨。九州に居た頃は、よくあった気がする。

明後日9月1日は、防災の日だ。昨年も、一昨年も、このブログで紹介したと思うが、防災シミュレーションとまでは行かないが、動線シミュレーションとして、こんなものを作れる。

ダウンロード esc01.gif (2357.8K)

あるオフィスのコア部分だ。まぁ、、実際は防火扉が閉まっているので、災害時は、このような動きではないだろう。しかし、この程度の使い勝手を理解して(施主や設計とよく打合せて)施工図を描いてもらいたいものだ。防火扉と電気錠の関係や、普段の動線とどうからんでいるか、作図前に説明しない(出来ない)ゼネコン担当者は、、、うーーん、、必要無い。説明されても、ピンと来ないオペレータや施工図屋も、、必要ない、、。

CADデータをチョット細工してあげると、こんな目で観る動線シミュレーションを作れる。

その他、サンプルを観たい方は、アートヴィレッヂのHPまで!

======

しかし、、雨、、止んで欲しい。このままじゃぁ、一日の歩数を稼げない日が続いてしまう。

| | コメント (0)

2008年8月29日 (金)

ややこしい事は、苦手です 3

今日29日は、父の月命日となるのだろうが、まだ四十九日が終わっていない。

仕事としては30,31日が土日となるので、今日が月末と言う事になる。朝から銀行に向かい、支払いをして来た。

『おや?残高が多いぞ!! うん?なぁんだぁ、、。』 何のことはない。借入れ返済や社会保険厚生年金の引き落としが、9月1日の月曜日にずれているだけだ。一瞬、”ラッキー”などと思ってしまった。そんなに簡単に資金繰りが楽になるはずが無い。

父の戸籍謄本が届いたので、役員の退任と新任の届けができる、、と?謄本を見ると?”現住所”が無い。まぁ、、当たり前だ。

でも?現住所が分からないのに、良いのかなぁ? と言うのも、我社は、特定派遣業者として届出をしている。その際、役員の”住民票”が必要なのだ。なのに、会社の役員変更の場合は、”戸籍謄本”となって、”現住所”は記載されていないのに??これで良いのかなぁ、、?なんだか、どちらも必要な気がする。個人を特定できないような?

あーーーーー、面倒だぁ、、。

最近は、法律が変わり、会社の役員は、社長である代表取締役だけにして、後の取締役や監査役を置かないで良いように変更出来るらしい、、。もう、、何が何だか、、。

派遣だ!請負だ! と騒いでいるが、実際働いている人たちは、完璧に全てを請負える訳ではないし、逆に、何でもかんでも”指示命令”してもらわないと仕事をやれないようでは、当然、後々は”クビ”にされてしまう。現実は、中間の人しか居ないはずだ。

うーーん、その訳の分からない法律に”従おう”としているのだが、現状、先に発生した、ある仕事のやり方を、後から法律の枠の中に無理やり充てはめて行こうとしている訳だから、、まぁ、、それこそ”無理”だろう。法律だらけだ。

昨日、例のビールの立ち飲みに行った時、『息子がネェ、、年金に加入する時にネェ、、後で、どんな法律ができるか、分かったモンじゃないから、、ちゃんと加入させたよぉ、、』と言われて、『そうそう、、選挙だって、今やバーコードでデジタル管理してるから、後々、”あたなは、あの時の選挙に投票していませんね。では・・・”などと言われかねないよ』などと話をして来た。

しかしなぁ、、後から言われても、どうしようもない事、多いと思う。

さて、どうやら今月で、お店を縮小しようとしているところがあるので、今から顔を出してこよう。寂しいネェ、、。

| | コメント (0)

2008年8月27日 (水)

ややこしい事は、苦手です 2

どうも、仕事の事になると、守秘義務とまでは行かないが、ブログとは言え、軽々に書けない事が多い。

まぁ、、めんどくさい。

住民票の除票ではダメと言う事で、戸籍謄本としたが、『除票をお願いします』として送ったところ、『原家自体が無くなった訳ではないでしょうから、当人の死亡が記載されている戸籍謄本でよいですか?』と言われた。うーーーん?もう、何のことか分からない。

またまた司法書士の先生に聞くと、『そうそう戸籍謄本で良いんだよ』って、、、言われてたっけ?もう、頭が”こんがらがって”何が何だか分かりません。

”めんどくさい”と思いながらやっているので、余計に分からなくなっているのだろう。

昨日は、役所に届け出る資料が揃わないので、新規契約に関する賃金表を作っていた。チョットずつ違うパターンを作っていたら、、、前のデータに新しいものを被せてしまった。焦って、前のデータのバッアップを探すが、何故か1つ足りない。結局、最初からやり直し。全く仕事にならない。

しかしなぁ、、、この1、2ヶ月の間に、建設不動産関係の会社がボロボロ倒産するのには、驚くを通り越して、まさに唖然とするしかない。昨日の新聞と今日の新聞を間違えたのかと思ったら、昨日も今日も不動産会社が倒産しているのだ。 なんじゃこりゃ! である。

1998年を思い出す。全く仕事が無くなったのだ。事務所内には10人以上の社員が溢れていた。あの当時から、社員の実力と信用は、10年分溜まった訳だ。お陰さまで、年内の仕事は一杯で、来年からの仕事を営業している状態だ。

いや、間違いだな。正確には、まだ営業していない。今の状態であれば、手持ちの仕事が終了するまでには、仕事が来てしまう。まぁ、、大きな利益が出るかどうかは別だが、会社を維持できる分の仕事量は、頂けるであろう事は間違いない。幸いにして、得意先が超大手だ。有り難い事だなぁ、、。

さて、例のK君から電話があった。昔、K君を特集したTV放送があったのだが、そのビデオデータが無くなったので、またコピーして欲しいとの事。どうやら自己紹介用に必要らしい。うーーん、これまた面倒な奴だねぇ、、ホント。

| | コメント (0)

2008年8月25日 (月)

ややこしい事は、苦手です。

”公的個人認証サービス”だか何だか知らないが、便利なようで、ややこしくないか?

住民票の除票で、事足りると思っていたら、ダメだって。うーーん、、。関係あるのかなぁ、、?

祖父が三潴郡から、田川郡に出てきて始めたのが、実家の酒屋だ。本籍は、三潴に置いたままだった。次男坊の私は、結婚をしたときに本籍を東京にしている。現在、東京で会社を設立し、運営している訳だ。

この会社の役員に、経理に明るい父になってもらっていた訳だ。で、今回、父が亡くなったため、姉に代わりを引き受けてもらうよう頼んだ訳だ。要するに、役員の交代だ。任期途中であるから、退任理由が必要になる。退任理由は、死んでしまったのだから、住民票の除票で足りる、、、と思うではないか、、。戸籍謄本じゃないとダメらしい、、。

先週、兄と姉に、色々と書類を取って来てもらい、速達で送ってもらったのに、、何にもならないなんて・・・。逆に、”住民票の除票”って、何に使えるのだろう?

とにかく、よく分からないがダメらしい。今朝は、司法書士さんの事務所に直行したのに、何一つ終わらなかった。

親父が死んで、ボーッとしている期間が長すぎたかなぁ、、。出遅れている。

オリンピックも終わった事だし、今まで隠れていた何かも、色々と出てくるだろう。目を覚まさないと・・。

| | コメント (4)

2008年8月24日 (日)

雨の休みでも、歩きましょう!

雨続くなぁ、、。でも、歩かないとねぇ、。

と言う事で、家でゴロゴロしていたのだけれど、傘を差して事務所まで来た。

明日、司法書士さんのところに行くので、資料も持って帰らないといけない。住民票に”除票”と言うのがある。死亡した人のものだ。確かに、親父は死んでいるようだ・・。

さぁて、ご近所さんが山女を獲って来たらしい、、それを塩焼きにするのだそうだ。まだ、腹は減らないのだが、自宅まで歩けば、いくらか減るだろう。

高血圧は、金曜に飲んだ割には、高くない。しかし、ここ2週間?いや、、九州行き以来便秘ぎみだ。どうも一日のサイクルが狂っているみたい。今までは、朝にお通じがあって、それから血圧を測る事が出来ていたのに、、、”出ない”場合がある。

おっと、もう九時だ。予定を30分オーバー。早く家に帰らないと山女が・・。

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

同級生に会うのは、、いいよぉ、、。

今、既に23日の02:30だ。今日は、思う事が色々あった。

溜まっていた新聞は読んだ。次は、雑誌だ。4月頃の雑誌から溜まっている。日経アーキテクチュアに日経ビジネス、それに日経パソコンだ。建築知識もある。建築士会からの会報もある。読み遅れているのだから、時代に着いて行けて無い訳だ。

どの雑誌も、今後の都合の悪い事が書いてあるのは、見出しで分かる。早く読みたいが、あまりにも溜め込んでしまっている。ちょっと難しい。

まともに仕事を続けられないような話ばかりだが、その話題に着いて行けて無い訳だ。全くもって、やばい、、。

さて、今日は送別会だった。同級生の女性が二人、九州に帰ってしまう。一番町のフランスレストランを借り切って行われた。しかし、場所が分からない。そこで、グーグルマップで検索し、ストリートビューで確認した。

うーーーーーん、、、。こんなにもハッキリ分かってしまって、、良いのだろうか?

我が家も調べてみたが、プライバシー以前の問題ではないだろうか?と、言いながら、今回のような場合、驚くような能力を発揮する。お陰さまで?今日のレストランは、迷子にならず、真っ直ぐに行く事が出来た。

しかし、同級生の集まりは、本当に良い。高校時代に、居る事さえ知らなかったメンバーと、30数年来の友人であったかのように話が出来る。まぁ、そのメンバーが二人も欠けるのは痛い。

おぉ、、そろそろ3時になる。帰らないと、、。

| | コメント (0)

2008年8月21日 (木)

まだまだ若い・・つもり

司法書士の先生のところへ、行って来た。監査役の交代と、自宅の抵当権を外す件だ。いつものように車で行ったが、まぶたが重い。実は、不動産屋のO君と、痛飲したからだ。

最近の不動産業界は、トンでもない状況だ。だが彼は、予期した動きで、既に抜け出しているのだ。やるなぁ、、。大きな利益を出しても、浮かれずに経営している事が、感じられる。例の、切手を絡めた企画屋のT君と同じだ。

彼らと本腰を入れて付き合うには、、、うーーん、、若くなりたい。

実は、5日間ほど、酒を飲む機会が無くて、勝手に禁酒状態になっていた。なのに、、血圧が高くなっていたのだ。瞬間だけど、170台を記録したのだ。血圧!血圧!と言っているようでは、彼らとは付き合えない。血圧が低かった頃に、もっと体の事を考えて生活していれば良かったなぁ、、。

以前も書いたが、車を運転中に低血圧で気絶した事がある。90-40くらいだったと思う。なのに、何で、今頃?高血圧なんだ。

とにかく、血圧が安定しない。

まぁ、、まったく運動もせず、普通に歩く事さえしていなかったのだから、おかしくもなるさ。

しかし、少なくても5,000歩台、多ければ10,000歩台の歩きをするようになって、1年8ヶ月余り、体重は5kg弱は減った。『顔が細くなった』と言われる事があるが、以前は、もっともっと痩せていた。

去年の夏は、歩き始めてすぐに体重が減った事と、暑さに負けてサボったつもりは無いが、歩数が減ってしまい、秋には体重が1kgほどリバウンドしたので、今年は気を付けている、、、つもりだが、、。

そろそろオリンピックも終盤だ。経済は、どのように動いて行くのだろうか?悪材料ばかり目立つが、乗り切らなければならない。なでしこジャパンやソフトボールに負けないようにしないと、おっ!そろそろ結果が出る時間だな。

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

気合だ!気合だ! って、気合を入れてもらうかなぁ、、。

ここ2週間で、姪っ子に関係する者が、業界では名の知られた者だった事が分かってきた。それも、3人連続だ。うーーん、実は姪っ子の方が、後々有名人になるのかもしれない。

最初は、テレビのドラマ?の主題歌を歌っている子が、小5か小6くらいの頃、姪っ子の小1を連れて学校に通っていたらしい、、という話し。ハスキーな声だが歌は上手い。おまけに美人だ。子供達の集合場所は、私の従兄弟がやっている店の前だったらしい。

次は、姪っ子の父方の子が、有名なギタリストだと分かったこと。去年、やたらとテレビに流れていたが、、まさかなぁ、、。知ってたら、観に行ったのに、、。

そして三番目は、オリンピック中継を観過ぎて、眠れなくなった8月14日、、というか15日の2時ごろ、テレビで高校生?がダンスをやっているのを観ていたときだった。なんでも、全国から20人ほどが選ばれて、そこから5人が更に最終選考されると言うのだ。

『福岡から来た○○○さん』 うん? 珍しい苗字だが、姪っ子の空手で一緒だった子と同じ苗字だなぁ、、、、。

ドン!とアップされた顔が出て!  『ああっ!!!あの娘だ!』

去年の今頃、東京で空手の大会があった。姪っ子と、その子と、もう一人の三人が上京してきたのだ。当時、まだ中3なのに”美人”なのだ。三人の写真を結構撮ったが、上手く撮れた写真が無かった。まだ、あのカメラに慣れていなかったところが、今考えると痛いなぁ、、。おまけに、ズームは当時持ってなかった。

で、そんな夜中の2時に、やっと息子が帰って来たので『おい!今テレビに絵○の友達が出てる』と、最終選考の五人目はCMの後となった。CM終了後、、、、

ドン!  でたぁぁぁぁ!

いやぁ、、驚いた。このまま行けば、トップダンサーだなぁ、、あれはぁ、、、。

しかし、不思議な姪っ子なのだ。彼女も周りの人達も、何故か目立つのだ。力が有って目立つから、嫌味が無い。姪っ子は、空手で九州大会個人組手5位だった。地元の駅前には、横断幕が張ってあった。

そうそう、親父が撮った写真の中に、小学校の頃の、運動会の写真があった。女子の徒競走だ。おそらく姉の写真なのだろう、、、しかし、姉は、どこにも写っていない?

うーーん、考えるに、姉は、運動神経が欠けていた。ひょっとすると、画面に入って来ていない?のかもしれない。”逆上がりが出来た”などという話しは聞かなかった。なのに、娘は、九州5位なのだ。わからんもんだ。おそらく、受験勉強もせず、体育祭の練習をしているはずだ。

今からピークが来る人たち。頑張れよ! しかし、、私の年代は、終わったなぁ、、。

『オリンピックに出ている選手の年齢を見て、どう思う? 同世代だろ?』などと、子供達に聞いたりするが、、、実は、こちらは、もっとひどい。

千代の富士が引退した時に『体力の限界・・』と言ったが、”俺はまだ何もやってない”という話しをこのブログに書いたと思う。今度は、サザンの桑田だ。彼も千代の富士と同じ一つ下の学年だ。

自分は、、、自分は、まだ何もしていない。なのに、親父が死んで『あと何年かで、俺も死んでしまうのかなぁ、、』などと考えている。なにを考えているんだ、、俺は、、。

彼らとは、住む世界が違う。まがりなりにも、”しゃちょう”だ。頑張れ!俺!

そうそう、、高校の同級生が、銀行の取締役になってたなぁ、、。すげっ!

| | コメント (0)

2008年8月18日 (月)

そろそろ復活しないと

親父の件もあったが、またまた、新聞を溜めてしまっていた。

7月18日から溜まっていた。丁度、1ヵ月分を溜めていたことになる。読み進むと、7月29日に近付いてくる。

『あぁ、、ここまでは、世の中の話しを聞く程度は、出来たのだろうなぁ、、』

それを過ぎ、読み進むと8月に入った。

『うーーん、、この辺からは、親父の知らない出来事なんだなぁ、、』

などと思いながら読んで行くと、『物価上昇、住宅ローンへ影響は』などと言う見出しが、目に飛び込んできた。

おぉぉぉぉぉぉ!!そうだった!

変動金利にするのか、固定金利にするのか、期限が来ていたのを思い出したのだ。うーーん、やるなぁ、、親父ぃ、、。ボヤボヤしてられんぞぉ!

そうなのだ。色々とやらねばならぬ事が、他にも溜まっていた。うーーん、でも、ヤッパリ、目の前の、新聞の山を処理しないといけない。情報も無しでは、目を閉じて歩くようなもんだ。

監督署へ提出する書類もあったなぁ、、。契約の早見表も作らないと、、。

どうやら、親父の四十九日は、9月14日にするらしい。連休のど真ん中だ。

さて、撫尾さんが書いた『お寺は何のためにあるのですか?』を、もう一度読み直してみるか、、。

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

明日で休みは終わり。

この休みに、”どこにも出かけない”のならば、当然”オリンピック”を観るだろう。

いやぁ、、今回の日本は、同じ人の連覇が多い。柔道で3つに、水泳2つ、レスリング1つだ。逆に言うと、初めては柔道の100kg超級くらい?かな?

しかし、モチベーションと実力を維持する事は、あの涙で分かるが、本当に、”ご苦労様”と言いたい。”たまたま、そのときチョット強かった”のではなく、”本当に強い”から連覇出来たのだ。いやぁ、、、凄い。

さて、しかし、『継続、持続する事』だが、『優勝して終わり』であるならばよいが、現実は、ずっと続く訳で、トップを維持できなければ、いずれ引退となる。それは何も、トップの地位にあった者ものだけの話ではない。すべての人に、色々な意味の引退がやってくる。

だが、その引退を、誰かの保身の為に、しなければならない、、などとなったら、どんな気持ちだろう。それも、倒産という形で、、。しかも、”黒字倒産”という”?”な形であったとしたら、、、?

”黒字倒産”とは、簡単に言えば、『現在の帳簿上は黒字だが、キャッシュ(現金)が無いために支払いが出来ずに倒産すること』を言う。黒字部分が、”現金化出来ない何か”になっている場合に発生する。

土地建物などの不動産は、”現金化出来ない何か”の最たるものだ。いわゆる固定資産だ。だが、流動資産にしても、売掛金などは、”怪しい”事になる。相手先が”倒産”しているにもかかわらず”売掛金”として残しておく訳には?行かないだろう。

そんなこんなを、会社の”決算書”から判断して、銀行は、お金を貸してくれる事になる。だから、決算書を作り上げるための”帳簿作り”は、”売上”を上げる事より大事な部分もあるのだ。

売上は、”すべて現金、、では無い”と言う事、知っていると思うが?いかがかな?

我社は、幸いにして”手形”など全く無い。おまけに、得意先は業界トップだ。1兆円以上の売上をほこる、業界トップ5社の内の3社だ。

どうやら、ここ数ヶ月で倒産した会社の中には、”黒字”であったのに、倒産した会社も出始めているようだ。

残念だが、成り上がった会社の場合、得意先も成り上がりであったりする。しかも、桁外れの利益を出し、その利益を何かに投資して・・・それが、はじけたら?

まぁ、、我社は、そういう意味では、美味しくも、旨くも無い仕事を地道に続けている。破格の利益は望めないが、しっかりした経験と実力を持つ社員たちが、本当に地道に稼いで来てくれている。毎回、”連覇”を続けてくれている訳だ。

心配なのは、『”余波”が、間接であっても、来るであろう』と言う事だ。スポーツのように、”金メダルを獲った”とか”いい汗をかいた”で終わる事は無い。良い意味、悪い意味、いつまでも続いていると言う事だ。

しかし、勝ち続けなければならない。そうしなければ”倒産”なのだ。

おや?もう9時だ。帰らないと、、。

| | コメント (0)

2008年8月14日 (木)

休み明けの読みは?

散歩というか、歩数が足りない。暑いのでサボリ気味だ。

郵便物を取りに行くついでに、久しぶりに石神井公園へ行ってきた。ただ今、片方の万歩計は、7,539歩、もう片方は、9,624歩。うーーん?どっちが本当だ?

さて、郵便物は、書留だった。住宅ローンを組んだとき、僅かだが頭金が不足していた。実は、併せ技で借入れをして購入したのだが、その一つが10年過ぎたため完済したのだ。抵当権を外すための委任状とか、契約書類だった。

さてさて、この住宅ローン。我々建築業界では、トンでもない状況のようだ。お盆休みに、2000億以上の負債で倒産した不動産屋が出た。東証上場会社が、バタバタ倒れている。その影響ではないだろが、オリンピック男子柔道もバタバタ倒れている。

いずれもそうだが、倒れようとして倒れた訳ではない。一生懸命やっての結果だ。逆に言えば、一生懸命やっても、倒れる時は倒れてしまうのだ。しかし、無念だろうなぁ、、。

Img_32221

公園で、蝉の抜け殻を見つけた。地面の中で何年も過ごし、やっと地上に出たとしても、僅かの間だけ生きているだけだ。その間は、子作りをするためのものだ。だから、精一杯鳴く。

しかし、、休み明け、、と言うか、オリンピック明けは、世の中どうなっているのであろう?

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

オリンピックを観て気合を入れているつもり・・なんだけどなぁ、、。

2週間が過ぎた。いくらか変わるか?と思ったが、そもそも親父が死んでしまったという実感がない。やはり、同じ屋根の下で生活していないからだろう。

逆に言うと、東京で会社を始め、ある程度社員が増え・・と言うか、98年の大きな落ち込みの後、『こんなにも貸してくれるのか?』という借金をしてからかと思うが、”親の死に立ち会う事は無いのだろう”と思っていた。

前年の97年に契約した建売住宅の自宅が完成し、入居したのは98年7月だった。あれから10年。残念ながら、父も母も、我が家を見る事はなかった。おっと、母親は寝たきりだけど、可能性は残されているのかも、、しれない。

父と母の部屋にあった写真で、整理されていない写真があった。おそらく、96年の秋だと思うが、父が裁判所の調停委員をしていたので、最高裁判所で”ご苦労様”という表彰をしてもらったときのものだった。

たまたま、子供達の運動会と重なり、かみさんの両親も新潟から上京してきた。結婚式以来、両家が揃う事となった訳だ。まぁ、、私は両親の血を引いている。出不精だ。母が上京してきたのは、、?、、?、、私が結婚してから3度くらいかなぁ、、。両家が顔を会わす機会は無いよなぁ、、。

両親を山梨経由で長野の小諸に連れて行った。なんと日帰りドライブ。昇仙峡あたりと、サントリーのワイナリーに行った?と思う。その後、小海線の側を通り、長野の小諸に行ったと思う。まだ、秋の紅葉には早かったがが、山の上を見ると、見事に紅葉しているのを観る事が出来た思い出がある。しかし、その写真は無く、最高裁判所の写真と運動会の写真だけだった。ひょっとして、思い違いかなぁ、、?

私が二十歳の頃、父の年齢は現在の私と同じくらいだ。しかし、この二十歳から会社を立ち上げる三十三歳まで、父と真剣な話しをした記憶が無い。その間、二十七歳で結婚をしたのだが、これと言って腹を割った話しをした覚えが無いのだ。

会社を立ち上げてからは、父との会話が増えた。会社経営の一般常識を聞く事が多かった。しかし、当時の父は、結構イライラしていた。兄が、自分の考えで指示せず、何でも父に聞いてくるからだ。そうさせたのは父なのに、、聞かないと怒るし、聞くと怒る。

タイミング悪く電話すると『自分で考えろ!!』と、いきなり怒鳴り、電話を切られた事が何度もある。そうそう、今年の春の決算でも、そんな事があったなぁ、、。このブログにも書いたな。あの勢いを目にする事は無く、電話で聞くだけだと、、うーーん、後5、6年は活躍すると思ったりもしたものだ。逆に、目の前で”見て聞いて”をしていた兄や姉は、どんな気持ちだっただろう。

一つ上の先輩や、同級生の女性から『孫がネェ、、』などと自慢げに言われる年齢になるまで、私の父や母は生きていてくれた。本当に有り難い事だ。

昨日、やっと一つの現場に顔を出してきた。まだ、エンジンが掛からない。

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

幻の宣伝カー

『狭いながらも楽しい我が家』である日本は、建築の世界に『借景』が生きている。

窓により、切り取った向こうの景色を取り込むのだ。景色と言うより”世界”が正しいのかもしれない。しかし、”目の前に高層ビルが建つ”なぁんて事になると、借景は永遠に消えてしまう事になる。ビルが建たなくとも、時が過ぎると”思い出の景色”となってしまう。写真は、その思い出を残せる。

風鈴の音を聴いて、”涼しい”と言うより、何か落ち着いた”風流”とでも言うか、そんなものを感じる。これは、日本人にしかないと言われている。しかし最近は、川の流れる音や蝉の声、それを”煩い”と感じる人が増えているらしい。『ドライで、人間味が無いんだよ』では、済まされないと思う。

さて、気を使わないスナップ写真に、思わぬ物が写っている事がある。それは、”風流”でも”思い出”でもない”驚き”の場合もある。

Nippon01

この写真は、51,2年前の写真だ。と言うのは、抱っこされている私の年齢から判断したものだ。現在、53歳の私だが、どうも?1歳くらいかなぁ、、。私を抱いている祖母が生きていれば、110歳となる。このとき57歳くらい?そして、親父は33歳?お袋は30歳?かなぁ、、。

実は、店の看板に注目して頂きたい。『ニッポンビール』とある。

昭和24年9月、当時の大日本麦酒は、日本麦酒と朝日麦酒(現在のアサヒビール)に分割され、昭和31年日本麦酒からサッポロビールが復活され、39年には社名もサッポロビールとなるのだが、その間の『ニッポンビール』の宣伝カーが、我が家の前に停まっている写真なのだ。

Nippon02

おそらく、お袋にポーズを取らせているので、この写真は親父が撮ったものだろう。

Nippon03

しっかり”リボンシトロン、リボンジュース”の文字が入っているので、これも親父が撮った写真に違いない。姉は?どう見ても3歳ちょっとだろう。やはり1枚目の写真にある私は、まだ0歳なのかもしれない。

探し方が悪いのかもしれないが、当時の宣伝カーの写真をネット上で探し出せない。ひょっとすると、この写真は、貴重なショットなのかもしれないのだ。そう考えると、単なるスナップ写真が”驚き”の写真に変わってしまうのだ。

ちなみに、この写真は、写真を写真に撮ったものなので、多少歪んでいる。それに、少し硬い写真になっているのは、仕方が無いかな。

| | コメント (2)

2008年8月 7日 (木)

笑門来福

日付変更線を越して戻ってきた感じだ。月曜日に戻って来て、3日目なのに” ぼー ”となっている。きっと、夜更かしと飲み過ぎだ。

東京に帰る前、『親類に挨拶しておくか・・』と、従兄弟の家を訪ねた。1階はコンビニをやっていて、2,3階が住居だ。すぐに人に噛み付く犬がいて、恐る恐る声をかけ上がっていくと、従姉妹がテレビを観ていた。犬は、珍しく吠えもしない、、が、低く唸っていた。

書道の先生?なのだそうだ。まだ、生徒は4名程度。先生?と呼ばれるレベルなのか?

思い出すのは、小学生の頃だ。祖母と母は、字が上手かった。正月に、母の実家に行き、書き初めの宿題をした事がある。祖母は『もう、、1枚。もう1枚だけ、書いてごらん、、。』と言うのだが、その声を振り切り、私は駆け出して行ったものだ。だが、従姉妹は、何枚か書いていた。その差が、、これだ。

Photo

いきなり”書いてくれ”と言って、書かせたが、私から見ると上手いのだが、先生をやる程の”字”なのか分からない。しかし、親父の葬儀の後で、『笑門来福』とは、”旨く言葉を見つけたな”と、思った。

『暑中御見舞』と書いた”お手本”があったが、『笑門来福』の方が、これからを意識できて良いと思ったので掲載する事にした。

さてさて、ボケた頭を仕事モードに持って行かないと、”笑い”がやって来ない。

| | コメント (2)

2008年8月 5日 (火)

86歳の父

7月29日。父は、86年の生涯を閉じた。

良い結果ばかりを出せた人生ではなかったかもしれないが、それなりの結果は残せた人生だったのだと思う。不満ばかりの人生では無かったであろう、、と言う事だ。

中々面白い人で、きっと通夜の時も、告別式でも、、『おぉ、、あれが来ちょう! おぉ、、これも来ちょうぞ!  (あいつも来ている、こいつも来ている) 』と、喜ぶ姿が見えた気がした。

まぁ、残念なのは、母が寝たきりであるから、喪主とは言え、出席できなかった事だ。当然だが、知らせてもいない。

お見合いで結婚した二人だが、父は母を気に入っていたであろうことは”写真の多さ”で、なんとなく分かる。父は、撮った写真を自ら現像していた。私と母を撮った写真が、『アサヒカメラに入選した事がある』と言っていた。

その写真がこれだ。

Mieyuki02

まぁ、こんな写真を持っていることを父に感謝しないと、、。

その他も、頑張って撮っていたが、、うーーん、、?母にポーズをとらせ、こんな写真もあった。カメラ目線であるにも拘らず、それなりの写真にするのは、難しいものだ。

Mieko01

まぁ、どちらかといえば、風景は、それなりに撮れる・・と、思う。

伊田線金田駅の線路近くの実家から、赤池方面を見るとボタ山がある・・はずだが、『えぇっ?あれが、、そうなの?』というものしか残っていない。当時の赤池炭鉱のボタ山だと思う写真だ。

Botayama01

時間を掛け、父が撮った写真を整理して行くつもりだ。

そうそう、YOUTUBEで、吉田拓郎さんの『おやじの唄』というのがあるが、、うーーん?これでリンクが貼れたのかなぁ、、?上手く行ってなければ、次回ということで・・。

| | コメント (9)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »