« 体を温めるとイイらしい・・。 | トップページ | 金曜の夜、、。 »

2008年6月19日 (木)

劫材は持ってるか?

昨日は、やっと現場事務所が出来て、明日(今日)から渋谷の現場へ行くY君と痛飲してしまった。

若い時、酒は強い。歳を取ると、、酔っている事に気付かない?そう、いつも酔ってるみたいな感じだ。血圧も上がっているし、ボーーッとしているからだろう。

さて、昨日一昨日と、伴さんを調べてなのか、このブログに”伴五紀”や”伴記念賞”で検索して来る人が居たようだ。何か、あったのかなぁ、、?私が作った伴さんのHPに行ってもらえばわかりますよ。

=====

さて、今日は、子供の頃にやっていた”囲碁”の話し。何故か?実は、昼に喫茶店で読んでいたゴルゴ13に、『中国には、”厚い碁”という言葉がある』と言う、会話シーンがあったからだ。

実家の向かいには乾物屋さんがあって、そこのおじさんと、隣のお菓子製造販売を手伝っていて、普段はギターを教えていたおじさんが、”囲碁”をやっていたのだが、、それを横で観ていて”囲碁”のやり方を覚えたのだ。

さぁ?実力は、7級とか8級?もっと下かな?まぁ、やり方を知っている程度だ。我流もいいとこの囲碁だ。

親父は、将棋は強かったが、囲碁は、本で覚えた人で、まぁ、、気性がそのまま出ている囲碁を打っていた。やりたい事が見えてしまうのだ。

(あぁ、、こっちに打ちたいんだぁ、、じゃぁ、、わざと、こっちに打って気をそらして、、あそこに打つ・・と、驚くぞぉ、、。)

で、やると、物の見事に引っかかってくれる。

まぁ、、俗に言う”厚い碁”などは、絶対に打てない人だ。およそ商売人ではない。隙の無い事務屋さんの碁?と言うか、劫(こう)材が全く無いような碁になってしまうのだ。

私の碁は、当然、本に無い碁だから、意味の無い石なのか何なのか、親父には皆目見当が付かない碁になる。このブログにも書いているが、私は、一箇所に集中できない。我流の碁の布石が、身に付いているからだろう。

建築をやろうと思った要因の一つに、”囲碁をかじったつもり”が、あった気がする。おそらく均等に柱の位置を決めるのではなく、適当に柱位置を決めるのだが、何故か安定した建物を造れるような建築家になれる・・・とでも思っていたのだろう。

”海外施工図を使わずにいよう”と思っている理由は、おそらく”厚い碁”にならないとでも思っているからだろう。

布石の時点で、石を桂馬に置く場合がある。私は、完璧に雰囲気だけでやっているのだが、親父は、そう打つ私が、気になって仕方がないようだったのを思い出す。

長男が小学生の頃、”コンビネーションプロサッカー”というゲームを手に入れたとき、フォーメーションをいじれるのを見つけて、『このサイドバックを、ほんの少し上げてみたら?(桂馬に配置したら)』とアドバイスした事がある。今の長男や次男だと、完璧に私の言葉を無視するだろうが、当時は画期的なアイデアを提供した形になって、ちょっと鼻が高かった。

そう、要は、真っ直ぐ?が嫌いなのかもしれない。

”安いから海外施工図を使う”は、私の気性に合わないのだろう。事務屋さんから見ると、無駄なんだろうけれど、私としての劫材を残しておきたいのだろう。

劫材が功罪にならないように、上手く裁いて行かないとなぁ、、。

|

« 体を温めるとイイらしい・・。 | トップページ | 金曜の夜、、。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体を温めるとイイらしい・・。 | トップページ | 金曜の夜、、。 »