« 動き出しました! | トップページ | 荒業を使ってしまった! »

2008年1月11日 (金)

オペレータじゃぁ、、食べれませんよ

建築施工図技術者になれるか、単なる図面を作図するCADオペレータで終わるか、分かれ道がある。

『どうも?おかしい?』大なり小なり問題が発生する。その時の対応の仕方で決まる。

『あの人が、こう言ったから・・・』『もらった図面は、これだったから・・・』要するに、”私の仕事は、ここからここまで”を主張するようでは、オペレータで終わるしかない。そんなに高い給料を期待するのは難しい。

キャッチボールが出来るタイプであれば、その時点で建築素人であっても、徐々に、建築施工図技術者になれる。『分からないところがある』と言う事を伝える事が出来れば、それで良い。『ここまでは理解できた。だが、ここは?何?どうして?』が出来ないといけない。幼稚園や小学校低学年レベルの質問でかまわないのだ。大事なのは、解決されていない情報を、如何に早く伝えるか、なのだ。また、解決されたなら、それを如何に早く伝えるかなのだ。

要するに、『調整』と言う作業をやって、はじめて施工図屋だ。変な話し、”全部分かっている””理解できている”・・・そんなはずは?ないのだ。そんな簡単に、建物は造れない。全てが解決されているならば”施工図”は必要ない。設計図のみで工事は出来る事になる。

沢山の人が集まって、色々な情報を図面に載せて、それを皆が同じ様に理解して、初めて一つの建物になる。ごく当たり前の話しなのだ。

だが、一般の人達は『”設計図”というものがあれば、建物は造れる』と思っている。

まぁ、、そういう意味では、今回の改正建築基準法により、設計図である意匠図及び構造図の不整合を無くさないと、建築確認申請が通らないという事は、実に当たり前の事なのだが、、。

だが、全てを解決して図面(設計図)をまとめあげても、『あのぅ、、ここ、、こうできませんかねぇ、、?』という施主の要望は、これまた普通の要求だし、反映してあげたい事なのだ。しかし、それをやると?最初からやり直し(申請の出し直し)となってしまう。その辺、何とかならないものか?昔のように、竣工図時点で変更申請をすればOKに・・?。

まぁ、、とにかく。今、目の前にある設計図(意匠図、構造図)だけでは、建物は造れない。施工図が必要だ。それは、”調整”されたものでなければ意味がない。表現方法が施工図になっているだけの図面では、どうしようもない。

その調整された施工図面に仕上げて行くという行為をする人=施工図屋 でないならば?その人は、”見た目、施工図という図面を描いているオペレータ”でしかない。給料は安い。中国施工図で問題無いので必要ない。と言う事だ。寡黙である施工図屋は、いない。寡黙である図面描き=オペレータ でしかない。

だが、そのオペレータが、『あのう、、ここ、ちょっと、、分からないんですがぁ、、』と言った時点で、その人は施工図屋に1歩近づいたのだ。そして『あぁ、、じゃぁ、これをこうすれば納まるのかぁ、、』で、2歩近づき、『これで、やって下さい』と図面を渡す事で、3歩、いやもうほとんど施工図屋に近づいた事になる。

さて、我社は、この1月で終了してしまう現場が、やたらとある。いずれも1年~2年の長期現場だった。まぁ、、彼等は、最後の最後まで現場に居たなぁ、、ご苦労様。

次の現場は未定だが、各ゼネコンから依頼が来ている。再来週までには、現場も決定するだろう。有りがたいことだ。彼等は”りっぱな施工図屋”だ。そうそう、休暇を取ってもらわないとね。

まぁ、彼らの次の現場が決まれば、私の血圧も?下がるだろうなぁ?おやぁ?170-113?え?ええっっっ?勘弁してよぉ・・。

|

« 動き出しました! | トップページ | 荒業を使ってしまった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動き出しました! | トップページ | 荒業を使ってしまった! »