« ギュッ! | トップページ | 建築施工図は『さう脳』 »

2007年11月 3日 (土)

ALWAYS、、私の田舎は天神町

今日から新人戦だ。次男は、残念ながらレギュラーではない。でも、父兄として応援だ。

いやぁ、、勝った!良かった。明日も試合だ。

明日の試合に勝つと、4チームでリーグ戦が2組ある。地方の大会でベスト8なると、リーグ戦をやると言う事だ。更に、リーグ1位と2位の4チームでトーナメント。優勝準優勝の2チームが、やっと都大会だ。優勝チームは7回勝って、やっと都大会だ。

まぁ、、、そこまで勝てると良いけれど・・。

さて、本日公開の『ALWAYS続・三丁目の夕日』を観て来た。

いいよなぁ、、泣いた、泣いた、、。田舎を思い出す。

実家の向かいに乾物屋があった。何故か晩飯をそこで食べたり、近くの香○君宅で食べたり、左隣の蒲鉾屋で”てんぷら”(東京では、何故か?”さつまあげ”と言う)をもらい食べていた。右斜め前は、お菓子の工場で、いい香りがしたものだ。右隣でポン菓子を作っていた頃があり、”ドン”の音には驚いた。近所に駄菓子屋が2軒あった。森○君宅でパッチン(メンコ)をやったもんだ。

実家の裏は、一面、見渡す田んぼだった。正面に福智山が見えて、良い景色だった。夏は、田んぼの水面を風が流れ、縦長の商家を吹き抜ける天然クーラーだった。

近くの天神様は、毎日の遊び場だった。今でもある銀杏の木に、手足を掛けられるようコルク質を剥ぎ、結構な高さまで登ったものだ。うん?今でも、あるよなぁ、、?

『ALWAYS続・三丁目の夕日』テレビでやるとき、また観るだろうなぁ、、。

|

« ギュッ! | トップページ | 建築施工図は『さう脳』 »

コメント

今でも銀杏はあります。でも誰も登ろうとしたりはしてないんじゃないかなあと。
遊び場よりも境内は近所の方の駐車スペースになっっているようです。

投稿: なまこ | 2007年11月 3日 (土) 23時12分

>なまこへ
40年以上前の話だよぉ、、。まぁ、あの高さまで登ると言うより、木登りなんかやる奴は、いないでしょう。近くの材木屋さんが、おがくずを燃やしていたので、拾った銀杏を焼いて食べたもんだよ。

投稿: 一級能書士 | 2007年11月 4日 (日) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギュッ! | トップページ | 建築施工図は『さう脳』 »