« 来てます、、来てますよぉ、、 | トップページ | ズームレンズ有難う! »

2007年11月16日 (金)

昨日、求人票を送りました。

うーーん!魁皇、負けちゃいました。安馬、、、あの立ち合いはぁ、、無いぞぉ!

今場所の魁皇、初日のチョンボ以来、待った無しの立ち合いを続けている。最近多かった”ふにゃふにゃ”立ちを止めた瞬間から、強い魁皇が戻って来ていた・・・それなのに・・あの立ち合いはぁ、、いかん!

まぁ、、勝利者インタビューも、まったく嬉しくない感じではあったけどねぇ、、。

さてさて、昨日の日経には、サブプライムローンの話が掲載されていた。まぁ、、毎日掲載されているようなもんだが、、。証券化商品の時価評価が分からない、、。うーーーん!何でだ?図面があれば分かる。(以下関西弁みたいに・・)しょうもない建物は価値が無い。それで終いや。

いつも書いている事だけど、証券化するような(普通より価値がある)建物ならば、図面くらい公表しなさい。それを住宅ローンを証券化したようなサブプライムローンは、図面なんか掲載できないでしょう。”泥棒に入ってくれ!”って言ってるようなもんですよ。だから、不動産の証券化された不動産投資信託(REIT)は、逆に、図面くらい掲載して”大丈夫”をアピールしてもらいたいねぇ、、、。

でもねぇ、、。”何百億、何千億の損失”って、今日も掲載されているけど、改正建築基準法での損失(正確には、先送りされたお金?かな?)は、”兆”を越すんだけど?

大体、大まかな数字で言うと、年間の建設投資額は、バブルの頃で80兆円。ここ数年は50兆円。12ヶ月で割ると、1ヶ月で4兆1666億円、この半分の2兆円分が着工されていない。それが、6月20日以降続いているとして今日が11月16日だけど、7・8・9・10の4ヶ月だけの話としても2兆円×4=8兆円・・・・これが、いつもは動いているのに、動いていないのだ。(計画が中止になったものも多いので、実際に無くなった物も多い)

資金繰りが付かないのは、末端の会社だ。自転車は、もう4ヶ月以上止まっているのだ。大企業は、足を延ばせば地面に足が着く。我々末端中小零細企業は、足が届かない。ALWAYSじゃないが、大人の自転車を三角乗りしている大企業下請けは、自分が転ばないようにするには、自転車を放り出すしか無いのだが?

我々建築の世界では、たった一人の設計者の考え出したものを、徐々にボリュームアップして行く。

(設計事務所・ゼネコン設計部)基本・企画設計⇒実施設計⇒入札(施工会社決定)施工図⇒(サッシ・シャッターなど工場で作れるもの)製作図⇒現場施工

しかし、この”⇒”の部分で、分離されているために、”違う人”が引継ぎ、内容をボリュームアップするのだ。おまけに、そのラインは一本ではなく、意匠・構造・設備(空調・衛生・電気)と分かれている。

これを大元の設計者が施主との話で、『あぁ、、ここを、、こう、、して欲しい』で、オセロのように変わって行く。

束ねられた物が、最終的に出来上がる建物だ。

それを『私の仕事は、ここからここまでです。』と言う者が居ると、絶対に繋がらない。

実は、施工図担当者は、これを頭からお尻まで追いかけて、”このように造る”をまとめているのだ。調整する・・・仲人する・・・。それが施工図であり、現実のものなのだ。”このように造りたい”で終わっている設計は、架空の世界なのだ。

建築をやろうとしている学生の皆さん、、現実を知って下さいね。辛いでしょうけど・・。

|

« 来てます、、来てますよぉ、、 | トップページ | ズームレンズ有難う! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来てます、、来てますよぉ、、 | トップページ | ズームレンズ有難う! »