« 偶然、、? | トップページ | 同窓会!出席19名! »

2007年10月12日 (金)

まだまだ若い。今からだ18歳!

いやぁ、、夕べは、残念な試合を観てしまった。

大半の人が、腹立たしい思いに駆られたに違いない。何と言う、、、なさけない事をするんだろう?不思議で仕方ない。なかなか鍛えられた、良い体をしている。12回倒れずに戦える力を持っている。なのに、何で?

うちの息子が、親である私に悪態をつく。まぁ、こいつはプロボクサーではない。単なる甘えが、どこまで通じるか、試しているだけだ。振り返ってもらいたいだけだ。

だが、違うだろう・・・プロボクサーと呼ばれるほど、”強い”はずなんだが?『弱い犬ほど、よく吠える。』の典型なのか?まぁ、、、”?”マークの連続だ。

あの兄弟は、腕が長いのだろう、フック系のパンチが相手に届くのだと思う。だから両手で100%のガードをしているのだろうが、あれでは体重の掛ったパンチは出しにくいと思うが?

どう考えても”指導者”のレベルを問われる。精神面、技術面共だ。一般常識も入る。

一般常識は、それを逆手に取るくらいの”頭”が欲しい。どう見ても、”常識の欠如”だけが目立つ。

まぁ、私も他山の石としなければ・・

=======

我々建築施工図屋も、ある意味”格闘技”の部分がある。いや、大半がそうだ。オペレータ的にやれる仕事ではない。”安ければイイ”の考えで、中国に施工図を描かせるゼネコンは、施工図段階の仕事に”より良い建物にしよう””安易な間違いや無駄を防ごう”を当てはめていない。何のために描くのか、何で施工図が必要なのか考えていない。

実は、シッカリと”戦う”ためだ。

建築の仕事を取って来た設計事務所のフォローをするためだけだ、、としか考えていないのだろう。この6月20日の改正建築基準法は、『その時点で戦いましたか!?』と言っている訳だ。それを見て対岸の火事と見るゼネコンもいないだろう。VE提案(まぁ、、単なる減額案に成り下がっているが・・)が出来なくなったのだから。

有能なコピー機でもあれば、現在の中国施工図は不要となる。ただ、拡大しているに過ぎない。その時点に”戦い”が無い。

現在の日本の建築は、一連の流れをブツブツと切ってしまっている。ある一つの建物を造っているはずなのに、切れた部分で図面データが繋がっていないのだ。そもそも、おかしいだろう。意匠図と構造図に食い違いがあるなんて・・・。

しかし、設計段階が終わって、ゼネコンが施工しようとする時に必要な施工図が、設計図と食い違うとすれば、それは有り得るだろう。ゼネコンと設計事務所では、思惑と現実が違うからだ。ある意味、そこに”戦い”があるはずだからだ。

言われた事を言われたようにやるだけで、出来てしまう”建物”って、存在するだろうか?

先の戦争終了後、財閥解体が行われた。その辺から分離発注が出てきた。現在の形の設計事務所とゼネコンの始まりだ。お金はバラバラになった。

今の日本に、戦前の豪華絢爛な建物は不要なのだろう。だが、江戸時代を見ると感じないか?豪華絢爛な時に文化は栄えた。現在の繁栄は、少々薄っぺらくないか?ペリペリっと剥がれてしまいそうだ。

正しく”戦う”べきだ。施工図は格闘技だ。

=====

それにしても、昨日の試合、、、うーーん!

私の母の旧姓”亀田”を地に落とした。という罪はある。だが、腹を切ってはならない!だって私の苗字は”原”なのだ。  関係ないかぁ、、。

|

« 偶然、、? | トップページ | 同窓会!出席19名! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偶然、、? | トップページ | 同窓会!出席19名! »