« 坊主?するだろう、、この暑さだ | トップページ | 建築業界の仲人”施工図屋” »

2007年8月19日 (日)

今日の午後から夏休みになった。

うーん!負けてしまった。

相手は強い、とは思っていたが、、、残念。去年は、もう一つ勝てたのだが、、。

この瞬間から、次男は夏休みになった。3年が引退するが?ユニフォームはもらえるかなぁ、、。

さて、私はどうだったか?『夏休み』と書いた瞬間に思い出した。実家は酒屋だ。お盆が過ぎた瞬間、待ちに待った夏休みになった。冬休みは、除夜の鐘を聞いてからが冬休みだった。

色々な事を思い出す。

今のように、コンビニが”酒屋”ではない。地方の酒屋は、万屋(よろずや)と呼ばれるようなところもあったが、基本は日本酒を中心とした商売をする店だった。”酒屋”は”酒屋”であって、”ビール屋”でも”焼酎屋”でも”ワイン屋”でもなく、”酒屋”だった。

酒屋の看板だが、陳列(まぁ、、ショーウィンドウ?)に、一升瓶のデカイ奴(高さで倍はあったから、五升瓶?くらいのサイズだろうか?)で茶色と緑色があったが、自家用車(ダットサンブルーバード)を買ったため、その陳列を壊して車庫にした・・・と思う。

看板と言うと、”都の月”という酒の看板があった。プラスチック看板ではなく、”ガラス”の看板だった。どう考えても?道路に飛び出していたと思う。まぁ、、中に電気が点くと、遠くからでも分かる、、から?まぁ、、よかったのだろう。当時、少し下がった位置にプラスチック看板があって、夜中にトラックがぶつかり、粉々にした事が2度ほどあった。丁度その頃だったか?ガラス看板のガラスが真横にヒビ割れ、危ないので取り去ったと思う。

そんな昔、実家は結構”酒屋”していた訳だ。小売だけではなく、卸もやっていた。田川市郡から飯塚までの小売店に酒を卸していた。

小学生時代、小売では”立ち飲み”(かくち)をやっていて、お客さんに焼酎を注いでいた。中学時代、酒やビールをトラックに積み下ろしする手伝いを始めた。体力には自信があった。で、高校時代は、その”卸”で盆前や年末にトラック助手をしていた。おそらく、現在では、そんなアルバイトは禁止となるのだろうか?

とにかく、子供の時から、夏休みは盆明けから、冬休みは年明けからだった。

だから、背は低かったが腕力には自信があった。今は、見る影も無いが・・。

小学校4年の春に始めた算盤は、冬の2月には2級を取った。小学5年の頃は、帳簿の縦計をする程度から手伝い始め、その後は、色々な帳簿を手伝ったが、まぁ、、こちらの方は適当なレベルしかやらせてもらえなかった。もっぱら”体力勝負”専門だった。

当時、酒は木箱で10本入り。これを、、スッ、、と、前に持つのではなく、差し上げる。頭のレベルを超すところに重ねるのだ。完璧に重量挙げのスタイルだ。これを中学3年でやれた。さすがに醤油は重く、危険だった。だが、、まぁ、、自信の塊だった。

142センチ、148センチ、157センチ?が中3の春で、高1の春は164センチだから、おそらく160センチに満たない身長で、そんな芸当をやっていた事になる。

『一人前に見られたい』・・・それに尽きる。

ただ、女性に関しては、ずーーーーーーっと、子供だった。まぁ、、ある意味、今でも子供だ。

長男次男、共に幼稚園からサッカーをやらせたが、長男が高1でサッカーを辞めてしまったのが残念だ。今、次男が続けている。彼には何とか頑張って続けてもらいたい。

|

« 坊主?するだろう、、この暑さだ | トップページ | 建築業界の仲人”施工図屋” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坊主?するだろう、、この暑さだ | トップページ | 建築業界の仲人”施工図屋” »