« 禁酒13日目 | トップページ | 手打ち蕎麦・・にも、色々 »

2007年4月11日 (水)

建前・・・建前・・・・建前・・かぁ、、。

6月20日から、改正建築基準法が施行されると、我々施工図屋の仕事は楽になるのであろうか?

『今までの設計というもの、完了していないじゃないか!だから、○歯問題なんかが起きたのだ!!』と言うことだろうけれど・・・・。

実際問題、設計が完了しているのならば、我々施工図屋は不要となるはずだ。設計図で建物が建つと言う事だからだ。

まぁ、、ここのブログは、建築施工図屋の”しゃちょう!”の戯言(たわごと)であるが、訪問者には、高校の同級生や相撲ファンの方が多く、建築屋の方が少ないくらいだ。だから、『設計図では、建物が建たない』などとは、これっポッチも思わない人の方が多いだろう。

『実は、設計図(だけ)では、建物は立たないのだ。』

なのに、今回の改正は厳しいものとなりそうだ。しかし、その厳しさとは『意匠図・構造図の辻褄が合ってなければダメですよ』というものなのだ。

『えーー?何で、辻褄が合わないのぉ????』と思われるだろうが、現実問題・・・合わない。

理由は簡単だ。建築物は、家電製品のように大量生産するものではないからだ。この世に一つしかない物で、しかも大きい。とても、一人や二人では出来ない。当然、多くの人の力が必要になる。

と、それが、『情報の伝達に無理を生じさせる根本となる』であろうことを、想像して欲しい。

もう何度も書いたと思うが、『図面は何のために描くか?』である。『お寺は何のためにあるのですか?』と言う本を書いた同級生がいるが、『図面は・・・』は、本にしなくても直ぐ分かる。不特定多数に情報を伝える手段として図面を描くのだ。

本当は、口で喋って伝えれば済めば簡単だが、そうもいかない。文章にして伝えれば、ある程度伝わる。しかし、図面にすれば、もっとよく伝わるから図面にするのだ。

だがしかし、多くの人によって手分けされて描かれた図面が、全て整合性が取れているようにするのは、並大抵の事ではできない。

『学校給食の給食センターでボヤ騒ぎが起き、本日は給食はありません!お母さん方、手分けしてカレーを作ってきてください。一つの鍋に入れて暖めなおし、子供達に食べさせます。』

と言われたら?『アホか!』と、なるであろう事と同じかなぁ・・。

建前通りに行くのなら、施工図が不要になるか、施工図屋が不要になる。おそらく、見たそのままに描く、中国施工図屋だけで出来てしまう。

まぁ、、、元々施工図屋が、宙ぶらりんの立場で仕事をしている事の方が、本当はおかしい。設計に組み込まれるべきなのだろう。

========

さて、血圧チェックも今日で2週間。明日は、病院に行ってみよう。

|

« 禁酒13日目 | トップページ | 手打ち蕎麦・・にも、色々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 禁酒13日目 | トップページ | 手打ち蕎麦・・にも、色々 »