« お寺は何のためにあるのですか? | トップページ | 法話を聞きに行くかなぁ・・・。 »

2007年2月10日 (土)

青山製図専門学校に行って来た。

昨日は、ドタキャンしようとする者を説得するため、午後からの時間が全てパーになった。

今日も、引き続きドタキャン阻止!・・・・と、意気込みたいが、うーーん?難しいのかなぁ・・。

さて、思いなおして、青山製図専門学校の『青山制作展』に行って来た。

いやぁ、、、夢を持った人が多い・・・。我々施工図屋あたりの現実はタブーであり、とても口に出せない。まぁ、、彼ら(彼女ら?)も、重々承知であるだろうが、熱気を感じた。

我々(52歳)が学生であった頃、当然CADなんて無い。手描き図面をコピー屋に持って行き、『青焼き』をする。それをフロアーごとにスチレンボードに貼り、切り取って模型用の平面にする。私の卒業設計は、ヨットハーバーに併設する施設・・・まぁ、、あれはマンションだなぁ、、。

桜田門にある警視庁本部庁舎で模型造りのバイトをしていたので、模型作成のセミプロが2人応援に来ていた。図面は、大学の友人が多数応援に来ていた。写真は日大芸術学部写真学科の者が隣の部屋だったので、現像を含め、手伝ってもらった。

アパートの床が抜けるのではないか?と思うほどの応援部隊だった。

作品のコンセプトなんて・・・無いなぁ、、。ただ、”作った”だったなぁ、、。

しかし、どうだろう。今日観てきた作品展は、パソコンの力が凄いのだ。CADソフトの使い方も慣れたものなのだろう。自分自身の思いを引き出すのに、有効に使われている。人手も?おそらく私のときの半数でやれていて、しかも出来上がりのボリュームは倍以上だな。羨ましく思えた。

だがなぁ、、、現実の世界が、あと2ヶ月もしないでやってくる。与えられる仕事にがっくり来ないよう祈る。

まぁ、、知っているとは、、、思うが・・。

しかし、とにかく、我々の頃より、圧倒的なパワーで”表現力”を持っている。

で、思った。

『そうだぁ、、。この学校に出した求人募集だが、添付した会社概要書が・・・屁みたいに間抜けなものだったなぁ・・・。あれじゃぁ、、、人は来ない』

私としては、実績が第一と考えるが、それを伝える手段が、あまりにも、お粗末だった事は間違いない。まず、振り向かせないと、話にならない。彼らには、フラッシュ効果が大事なのだろうと思う。

だが、学校の作品展には、10年ほど前に、中央工学校に行った事があるが、手描きしかなかった。その印象を捨てないといけない。CADが、パソコンが、世の中を変えていることを忘れていた。

だがしかし、現実問題として、彼らが就職した先には、とりあえずオペレータ仕事しかない。デザイン力や企画力は問われないだろう。めげずに頑張って欲しいものだ。

しかしなぁ、、、とても施工図なんぞは、やらないだろうなぁ、、。

設計図は『こうしたい!』 施工図は『このように作ります!』

どうしても、小泉総理大臣のように花火を揚げる方は人気がある。しかし、前任者の作った設計図に対し、施工するための施工図を描かないといけない安倍総理大臣は、不人気だ。施工図は数字が命だ。政治の世界も同じようで、言葉が命なのだろう(私としては、言葉尻をつかまえて騒いでいるとしか思えないが・・・)、開き直りを許された小泉さんとは大違いだ。

ちょっと脱線するが、『起承転結』でA型小泉さんは、『起』のみ。B型安倍さんは『承』と言うより『転』。おそらく『結』をやる人が必要となるだろう。麻生さんはA型なので、安倍さんがグズグズになったら麻生さんがやるのかな?そして、いよいよ『結』を必要とするとき、O型の谷垣さんが来る?

まぁ、それにしても、今日の青山製図訪問は、刺激になった。

|

« お寺は何のためにあるのですか? | トップページ | 法話を聞きに行くかなぁ・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お寺は何のためにあるのですか? | トップページ | 法話を聞きに行くかなぁ・・・。 »