« 今度は逆さま、さて?何をする? | トップページ | 青山製図専門学校に行って来た。 »

2007年2月 9日 (金)

お寺は何のためにあるのですか?

九州出張は、宝船に会ったのかもしれない。

逆に、いつもの夢物語なのかもしれない。まぁ、しかし、いつもの0に近い確率のものではない、と思う。

さてさて、昨日は郵便受けを確認していなかった。贈り物が届いていた。

中身は本が一冊。

お寺は何のためにあるのですか?

高校時代の同級生、、、、おや?携帯の辞書では、出て来ない。では、とりあえずUPして、、、

と、引き続き

高校時代の同級生、撫尾巨津子(うつお みつこ)さんからだ。ちょくちょくブログにおじゃましている。お寺さんに、嫁がれた方で、中々面白いブログなのだ。

先日、本を出版されたと書いてあった。コメントを入れておいたら、何と!本を贈って頂いたようだ。ここは、ひとつ宣伝を兼ねた掲載をしないと!!

法蔵館と言う出版社から出されている。ネット上からも購入できるようなので、よろしく!

========

さてさて、凄いなぁ、、、作家だぁ、、。

お寺のこと、まったく分からない。一昨年だったか?高校の先輩が、『お墓も作ったし、もう大丈夫・・・』などと言っているので、『??』という顔をしていると、『あれぇ?原君は、次男だよなぁ?入る墓は無いだろ?』と言うのだ。

そぉ、、、次男は、本家から分家したのだから、本家の墓に入らない(入れない?おぉ!ここんとこ書いてあるのかなぁ?)・・・だから、自分でお墓を作る(買う)のだそうだ!

何と!!!

でも、そんな先(すぐに・・・とは思いたくないよねぇ・・)の話、何も考えてもいない。

で、、、、法専寺さんのブログで勉強中??

まぁ、昨年から、両親の状況を考えると、そういう知識を持たないといけないとは思っていたが、まず、読んでみようかな。

|

« 今度は逆さま、さて?何をする? | トップページ | 青山製図専門学校に行って来た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度は逆さま、さて?何をする? | トップページ | 青山製図専門学校に行って来た。 »