« 中古にしてくれ!金が無い! | トップページ | 継承問題に、鳴る警鐘。 »

2007年1月30日 (火)

定款の目的・・・にも色々あって

昨日は、おそらく今日の株主総会で取締役になる会社の事を、改めて我社の関係者に説明連絡をした。

上手く行けば・・・上手く行く。悪くとも損は無い。いや、、プラス要因ばかりでは?ないかもしれないが、、このままじっとしている訳には行かない。

会社の定款に、目的と言うのがある。会社であるならば、何をやっても良い。と言うわけではない。しかし、いつ、どのようなチャンスが来るか分からないものだ。我社の定款にある目的は・・・・やたら書いてある。『全然関係ないんじゃない?』と思われるものもある。

本業中の本業は、建築施工図だ。だから、目的には、建築関係は全て網羅できるように書いてある。まぁ、これは当たり前だ。

ちょっと違うのが、、、”旅館業”と書いてある。

設立当初、まぁ、、どこまで続くか分からない訳で、、、『女房の実家である新潟県の高田市(現上越市)近くにある妙高高原で、ペンションでもやれたらなぁ、、客が来ない期間は、東京の建築図面でも描いて・・・』などと考えていた。

そぉ、、だから、我社の名前は『アートヴィレッヂ』と言う、ペンションみたいな名前なのだ。

会社と言うもの、実は作るのは簡単だ。司法書士さんに頼めば、すぐに出来る。ワクワクするものだ。期待ばかりが膨らむものだ。最近は、『1円で起業できる』世の中だ。とにかく、簡単に出来る。

問題は、その後だ。我社は、昭和63年3月25日に設立された。従って、今年まるまる19年となり、20年目に突入する。来年は成人式だ。

我が家の長男は、今年20歳になる。まだまだ子供だ。会社も同じだ。今から大人の仲間入りだ。社会保険も厚生年金も労災も、当然加入している。退職金の積み立てにも加入している。もしもを気にして、社員ひとり一人保険にも加入している。まぁ、これが無ければ、どんなに楽か・・とは思う。しかし、それでは”会社ではない!”

昨日の『東京タワー』には、また、思い出させられた。

母方の祖母が亡くなった時、田舎に帰らなかった。金が無かっただけでなく、その感覚がなかった。自分の祖母が死んだ、という感覚が無かったのだ。

祖母が亡くなった時、九州筑豊は雪だったのだそうだ。実家は酒屋なのだが、その日は皆出払っていたらしい。当然、車にはタイヤにチェーンなど付けてあるはずがない訳で、母は一人でチェーンの装着をしたそうだ。雪国ではない。滅多にチェーンなどは装着しない。

母は、一生懸命チェーンの取り付けをし、やっとの事で、病院へ駆けつけた時、祖母は既に亡くなっていたそうだ。

女房の実家は、雪国だ。昔々、一面の雪野原に立て札があり『この下、高田あり』と書かれていた、と冗談を言うくらい雪が降る。私は、結構チェーンの装着は上手いつもりだ。

今、母は寝たきりだ。今年の正月は病院だった。

色々な事に、ちゃんとした理想の結論が出せないまま、今日も過ごしているが、とにかく、頑張ろう。頑張ってみよう。出来る範囲ではあるが・・・。

目的・・・ではなく、目標?かなぁ、、。

|

« 中古にしてくれ!金が無い! | トップページ | 継承問題に、鳴る警鐘。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中古にしてくれ!金が無い! | トップページ | 継承問題に、鳴る警鐘。 »