« SOHOとWEBカメラ | トップページ | 同窓会の出欠 »

2006年9月28日 (木)

IP電話とWEBカメラ

昨日は、ココログに繋がらず、ブログの掲載をあきらめた。

0928001

さて、電気を点けないと・・・

0928002

今日は、IP電話、、、と言うか会議用の電話?と説明すればいいかなぁ、、何人でも話せる、いわゆるスピーカーとマイクが一緒になった代物だ。

0928003

得意先に行って、チョット見てもらう程度だが、、、まず、そこから始めないと仕方ない。

0928004

この、、電話機?で、何箇所もの場所と同時に話ができる。

0928005

我社に、取引銀行の人が来た時、これを見て『あぁ?会議の時、使ってますよ!これ!』『どうもねぇ、、いつも、音量を調整してあげないといけないんだよねぇ、、、』と、言いながら触って、逆に私に説明してくれたのは、助かったなぁ、、。

0928006

壁一面に、社員が常駐する現場の地図や工程表が貼ってあります。拡大すると、詳細が分かるくらいUPできるのは、一昨日のブログを見てもらうと分かると思うが、まぁ、、ここは、その程度で、、、。

0928007

と、まぁ、、こんな具合で?いかがでしょう。

滝川クリステルさんを意識して、チョイ斜めから、ワンカット!痩せて見える!!

=======

でもねぇ、、、事務所には、誰もいない。全員現場です。新人募集してますよ!もちろんベテランの方もOKです。HPの求人募集は、チョット?厳しく書き過ぎ!って、クレームが来ますけど、まぁ、、ミスマッチが怖いのでねぇ、、。

施工図は、、、まぁ、やっていれば、段々分かるようになるので、最初はオペさんで始めて、チェック能力、打合せ能力を付けて行けば、何とか、この世界でやれると思います。

ただ、間違いなく、世界を探せば、オペレータさんは、沢山います。もう、、ワンランク上を狙って行かないと・・・。

そうそう、カラオケ屋さんで、このシステムを使って、同窓会なんかをやれるようにしているんだそうです。

|

« SOHOとWEBカメラ | トップページ | 同窓会の出欠 »

コメント

おおう、魁皇が飾ってある~。
素敵なオフィスですね。
一級能書士さんも素敵ですよ^^

私もいつか自分の音楽教室を持ったら、朝青龍を飾らないとなあ。今は市民会館を時間借りしてやってますんでね。

投稿: あこあこまん | 2006年9月28日 (木) 20時01分

>あこあこまん さん
>一級能書士さんも素敵ですよ^^
この辺をもっと強調してください!

昔は、この部屋に10人居ました。
行き先が無かったんです・・・。
98年です。今から8年?前かぁ、、

今ね、東京は、バブルの頃より仕事あるんです。
でも、単価は半値以下・・。

ここで、新人研修するための、適当な仕事が
取れません。全部中国に取られました。

逆に、現場に行っている社員は、ここに
書けないような仕事になっていて・・大変、、。

何故か?って、、中国で描いた図面を直すのに
トンでもない事になってるの!

無駄な時間と労力が費やされている訳です。

投稿: 一級能書士 | 2006年9月29日 (金) 11時24分

海外調達は、止まらないですよ。全国レベルの施工図業者さんが1枚¥18000円で請けています。1枚当たり8000円程度しかチェックに充てる時間がありません。私のところも始めていますが、1現場に図面を納めたら、次々入ってきました。ですが、チェックに時間が掛かるので赤字です。
 しかし、そう言いながらも、作図指導しながらレベルを上げていっていますよ。中国に問題があるのではなく、指導、チェックする日本人の能力に問題があります。問題を中国人に置き換えるのは、どうかと思います。図面の流れを作るのが大切だと思っています。そのために、今は確かに大変ですが、派遣で儲けることは現場は望んでいません。
 品質の高い図面を安く手に入れたい。外注施工図は、「省力化」にならなければ、意味がないのです。図面で商売できなければいけないと思っています。
 派遣は、急ぎの図面や、納まりの難しいなど、施工をわかっている人でないと意味がない。現場監督の経験のない図面屋が常駐しているようなことは、問題だと思っています。

投稿: yaa | 2007年1月 9日 (火) 09時57分

>yaa
まぁ、私は、その単価では請けきれません。確かに、海外調達の波に飲まれ、持ち帰り施工図の仕事は無くなりました。

しかし、このまま指をくわえて見ている訳には行かないんです。私も、私の仲間も食べて行かなければなりません。WEBカメラを利用することは、その一つと考えています。まさに省力化です。

にわとりか卵か、と言っても始まりませんが、日本の現場は、施工図を描いた事がない現場監督と、現場監督をやっていない施工図屋で形成されています。今更誰が悪いもないでしょうが、互いが困っている事は確かですね。

今日の打合せで、図面単価を上げるという話をゼネコンサイドからして頂きました。しかし、既に遅し・・という感は否めません。

仕事が、ドンドン来ているのなら良いではないですか、東京では、食べていく仕事は、現場に行かないと無いです。

日本に来て、目の前で図面を描いて・・は、難しいでしょう。どうです?WEBカメラとIP電話を導入すれば、そちらの現状を理解する人も出てくるでしょう。

天安門事件より以前から、故郷の両親の面倒を看るために、ゼネコンを退職してきたメンバーに、持ち帰り施工図を描いてもらっています。地道にやりすぎて、メンバーが増えませんでしたが、グレードは高いです。

逆に、最初は誰もが新人です。作図指導されているならば、大いに結構ではありませんか。

現場常駐している我社の社員は、ベテラン揃いです。ですから、メンバーも中々増えません。条件が厳しいため、新卒が来なくて困っています。

ただ、我社の社員が常駐している現場では、持ち帰り施工図のグレードが低く、困っていることも確かです。

投稿: 一級能書士 | 2007年1月 9日 (火) 17時38分

 生意気言ったようで、すみません。ただ、中国が悪いという考えはやめて欲しかったのです。
 関西圏は、もっとひどく、取引先のテリトリーが名古屋から東であったため、2年前は受注ゼロで6名全員契約解除。最近、やっと、日が差してきた程度です。
 私も人を選ぶため、人は増えません。私の知り合いの施工図作成会社が、作図単価が合わず、派遣の道に行っています。その会社の悪口を言いたくないですが、売れなくなったのは、単価でなく作図内容がその会社の売れなかった原因を分かってもらえなかったのです。
 私が、そこを使ったとき、目が点でした。マンションぐらいしか描いたことがなく、7名もいるのですが、図面はひどいものでした。その後は、使っていません。
 それと、先日、中堅ゼネコンの4つの作業所を持つ所長さんとお話しが出来、仕事を頂いたときに言われたことを書いたのです。<現場監督の経験のない図面屋が常駐しているようなことは、問題だ。
 と、言うことだったのです。私は、海外調達を昨年8月から始めるまで、現場常駐の図面しか描いたことがありません。1枚いくらという仕事をしたことがありません。(元ゼネコン社員・現場監督です。31歳から、図面の仕事に変わり、34歳で独立開業 現在44歳)しかし、同じように、海外に仕事は取られていっています。
 神戸という土地ですから、中国との縁があります。中国人居留区もあります。私の知り合いの会社は、社長以外社員全員が中国人でした。最近、株式会社にして、日本人が数名いるようです。
 中国人受け入れは、考えています。図面修正も含め、ローテーションでのスタッフの受け入れを考えていますが、大連事務所と調整中です。
 私は、品質の良い図面作りを追い求めています。その図面を描くのが中国人であっても、日本人であっても、教育して質の良い図面作りがしたいのです。ですから、中国とのやり取りでは、納得が出来るまで修正させます。間違いがあったら、恥ずかしくても、現場に電話、メールを入れて、修正箇所を伝えるようにしています。

 御社ですが、長年勤められるように、努力されていることはすばらしいことです。私には出来なかったことですから。
 何か、仕事でご縁があればと思います。

 ダイレクトメールは、全国に送っていましたが、現在は関西圏に絞って出していますが、神戸空港で東京が近くなったので、東京へのチャンスも狙っています。<8時15分に羽田に着けます。自宅から空港も近いので。

 確かに、持ち帰り施工図が悪いことで、私のところにしてくれたのが、その所長様です。私も、早く立て直して、「株式会社」にするのが、今年度の目標です。

 いい社員がいて、うらやましい限りです。。。

投稿: yaa | 2007年1月 9日 (火) 19時05分

>yaa
郊外に大型スーパーができ、駅前商店街はシャッター通りへ、、。老舗の寿司屋が回転寿司に追いやられ閉店。

中国施工図に追いやられ、地道に開拓してきた地方施工図屋が解散。

私にとって、同じに見えます。

老舗の寿司屋をちょいと覗き『回転寿司にしようよ』と言われている感じですが?いかがですか?

私の田舎は、九州福岡の筑豊です。あの北海道夕張の破綻の話題が出ると引き合いに出される『福智町』です。

この筑豊を中心に、持ち帰り施工図をやる組織を作っていましたが、激安施工図であえなく解散状態です。

中国を悪く言うな・・・は、無理でしょう?

投稿: 一級能書士 | 2007年1月10日 (水) 09時18分

 そうですか。わかりました。
 家族で食べる回転寿司。付き合いで食べるお寿司屋さん。時代が変われば、スタイルも変わります。
 図面修正が、出来の悪い海外調達施工図のために発生するなら、IP電話もWebカメラもあるなら、そういった仕事が生まれてきてはいませんか?資料は、100MBあっても、格安ASPを契約すれば、すぐに送れます。印刷屋さんが、印刷機を待たない印刷屋さんに変わったところもあります。私も海外調達は考えてもいなかったことです。
 悪く言うのは構いませんが、悪いものを何故、ゼネコン各社は止めないのでしょうか?受け入れているのは、日本人です。

投稿: yaa | 2007年1月10日 (水) 13時51分

>yaa
さぁ、それこそ、わかりません。安ければ構わないのでしょうかね?

社員には、給料を払わなければなりません。社会保険、厚生年金に労災と、当然加入しています。退職金の積み立てもしています。それなりに稼いでもらわないと成り立ちません。

設立当初の力不足を、九州のベテランに助けてもらいました。もう20年になろうとしています。

途中、バブルが弾けました。常駐すべき現場どころか、持ち帰りの仕事も皆無という状態になりました。

当然、大きな借入れをして、現在も返済中です。

社員も九州のメンバーも一緒に苦労して来ました。

『人は石垣、人は城』と考えています。

このメンバーで今後もやっていくには、東京での社員を増やし、安定的に仕事を受注していく事を考えています。それには、新人を雇い入れなければなりません。しかし、新人を雇ったからと言って、”さぁ現場で稼いで来い”はできません。今までやってきたように、事務所内で教えていくしか有りません。その時、やはり持ち帰りの仕事が必要になります。しかし、その持ち帰りが中国単価では、やって行けません。

もう、新人が3年も入社していません。組織存亡の危機です。

少しでも高い単価で受注したい。そう思っています。そのためには、新人であれ、誰が作業しているかを見せたいと思っています。新人は新人なりに、ベテランはベテランなりの仕事をしている姿を見せたいと思っています。

WEBカメラとIP電話を併用する理由は、『打合せのため』よりも、『そこに居て、仕事をしている』をやるためです。ですから、大型テレビに映し出されます。

ちなみに、我社の持ち帰りのやり方は、作図している者が直に現場とやり取りするシステムです。それが普通と思っています。

投稿: 一級能書士 | 2007年1月10日 (水) 15時52分

 話が、終わらなくなりました。。
 私は、まず、外注施工図は、現場の省力化にならないといけないと思うのです。次に、単価だと思っています。
 人は大切です。私も以前、働いていた方々に仕事をお願いしましたが、帰ってはきません。
 一級能書士さんのようなことは、私には出来ませんでした。今、経営の勉強をしていますが、周りの中小企業の方々も、時代の流れで仕事のスタイルを変えていっている会社が増えました。その中で、スタイルを変えずに頑張っている姿は、素晴らしいと思います。
 作図する者が現場と打合せするのは普通ですが、海外調達では、言葉の問題もありますし、確かにレベルがありますから、一旦、当社で答えられることや指導できることを超える部分を現場に質疑になります。
 負担は、大きいです。私は、時代と共に流された図面屋だと思ってください。でも、この仕事が好きなんです。

投稿: yaa | 2007年1月10日 (水) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SOHOとWEBカメラ | トップページ | 同窓会の出欠 »