« グシャグシャの私 | トップページ | 痩せた!・・・はずだったのに、、。 »

2006年9月 6日 (水)

アルコール消毒・・・って言うのかな?

今日、皇室に男子が誕生したそうだ。子供が生まれることは、とにかくおめでたい。

昨日は、健康診断だった。久しぶりに、社員が集まった。夕方からは暑気払いだった。まぁ、、、飲む飲む、、食べる食べる、、。若いのは素晴しい!

現場での仕事ぶりも、どうやら豪快らしい、、。建設現場、特に大型現場において、『施工図が中心』となっていない現場は、バラバラだ。情報の管理が出来ていない事になるからだ。まず、机の上で処理する。これが大事だ。

現場に施工図屋が出てくると、『うん?なに?変更なの?』と、緊張が走る。『いやぁ、、ちょっと確認しに来ただけだよ』で、一安心となる。まぁ、施工図屋は、基本的には、現場に出ない。しかし、ある程度の確認は必要となる。何せ、設計は、現場を見ないで変更指示して来る事が多いからだ。

しかし、竣工間近になると、そうも行かない。設計も、後が無い状態で指示せざるを得なくなるからだ。施工図も設計変更をギリギリまで待って(本当は、設計変更を受け入れたくない)の、対応となる。勢い、図面に反映されていない状態で施工を始めないと間に合わなくなる。要は、最後は、口頭指示だ。図面は、後で訂正するしかない。図面には、フリーハンドで描かれた”○○による変更訂正!詳細図別紙あり”程度が記入されている状況だ。最悪、それも無い。口頭だけで何とか指示するしかない事も多い。

だが、言われた事だけをやろうとする若い主任クラスの現場監督は、その対応にクレームを付ける。『何で、施工図がまとまってないんだよ!』彼なりに、先を読んでの発言だろう。職人に指示するのは彼なのだ。

だが、工事だけでなく、工務をしっかり経験した者は、先の先を読む。転ばぬ先の杖を持っている。このクラスの現場員は、、、、まぁ、、、将来出世する。

まぁ、工務の経験が少なくても、出世していく現場員もいる。しかし、間違いなく、彼の受け持つ現場は、最後は毎回バタバタになってしまう。最後の清算では、下請けと喧嘩だ。2度目の仕事が無い。だから、ブレーンがいない。次の現場で、またそれを繰り返す。

まぁ、、どんなに能力があっても、なかなかうまく行かない現場がある。最初から無理な現場というのがあるのだ。当然、その逆もある。余裕があれば、若手主任でも十分な対応が出来る。だから一概には言えないところもある。

以前も書いたが、不動産の証券化された物件の建物情報が不足している。

たとえば、同じ20階建てのマンションがあったとする。片方は24ヶ月の施工期間、もう片方は22ヶ月の施工期間であったとする。施工期間の短い方は、あらゆる経費が2か月分少なくて済むのだから、売値にも反映されて安くなっているとしよう。さて?本当に、安い事が良い事になっているであろうか?

とにかく色々な思惑の中で、施工図をまとめていく。その時の現場情報の交差点が施工図だ。スピード違反には対応できない。

そんな諸々の状況下で、我社の者達は施工図をまとめている。まぁ、、、鬱憤は、たまり放題だ。体に良い訳が無い。健康診断は、絶対に必要だ。そして、若い彼らには、アルコール消毒が必要だ。間違いない。

|

« グシャグシャの私 | トップページ | 痩せた!・・・はずだったのに、、。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グシャグシャの私 | トップページ | 痩せた!・・・はずだったのに、、。 »