« 新しいコピー機 | トップページ | 『江戸の大関より、地元の三段目』 »

2006年5月13日 (土)

どっち?

コピー機は、JPEGファイルを作るだけでなく、PDFファイルも作れる。

と、いうような事が出来るコピー機になってきている。前機種は、白黒コピー機だった。当然、JPEGやPDFなんて撮れない。リース代金は27,000円から31,000円になった。元々のリースが残っているから、仕方ないか、、、。

見積書、契約書、請求書・・・・朱の印鑑がある。今後は、控えもコピーではなく、コピーデータで監理できるようになる。倉庫の中に、会社設立以来の経理書類が山となっている。経過した年数からすれば、半分以上は、破棄しても問題ない書類となっている。ところが、会社的には違うのだ。

仕事の付き合いは、会社設立前から続いている。お蔭様で、今日に至るまで仕事を頂けている。建築の工事工期は長い。ある現場では、仕事をもらえたが、次の現場ではタイミングが合わず、次の次や、次の次の次になって、久しぶりに仕事を頂ける事もある。

そんな時、昔のお付き合いの記録を探さなければならない。建物のリフォームにしても同じで、昔の図面を探さなければならない。我社も18回目の決算を済ませた。倉庫の書類は、、、”山”である。それを?どこまでか整理できる!という事だ。大変だが楽しみだ。

さて、朝っぱらからブログを書いているのは、理由がある。今日の相撲について、今の内に書かないといけないからだ。

今日、三段目で 『 藤本-魁ノ若 』 がある。両方とも筑豊出身で、藤本(阿武松部屋)は私の生まれた金田町の出身だ。序の口優勝をして以来、応援している。阿武松親方である元益荒雄は隣町の糸田町出身だ。一方、魁ノ若(友綱部屋)は、若宮町の出身だ。私が切手まで作ってしまった魁皇は、直方市の出身で友綱部屋だ。ちなみに、”写真付き切手”を考え出したK君は、若宮町出身だ。

さて、困った。どっちを応援するか?今場所両方とも調子が良くて3戦して3連勝だ。今日の一戦で、どちらかが4連勝で勝ち越しとなり、優勝戦線へ躍り出る事になる。

藤本は19歳だ。先場所、4勝3敗でも初めての幕下となれる位置で、過去最高の番付けにいた。残念ながら3勝4敗に終わった。そこに今場所は、3戦3勝と絶好調。4勝では難しいが、5勝まですれば、幕下を狙える。

魁ノ若は、27歳。以前、三段目で優勝したこともある。幕下でも、もう少しで十両を狙えた。ところが、ここ数場所調子を落とし、三段目に落ちてきていた。そこに、この3戦3勝だ。ここは、ひとつ頑張りたいところだろう。

さて?どちらを応援するか、、、、。ううぅぅ、、、、ん、、。やっぱり”藤本”かなぁ、、。

我が家はケーブルテレビなので、この一戦を観る事は出来るのだが、、、どうしようかなぁ、、、。

|

« 新しいコピー機 | トップページ | 『江戸の大関より、地元の三段目』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいコピー機 | トップページ | 『江戸の大関より、地元の三段目』 »