« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

年度末

我社の決算は2月末である。しかし、一般には、3月末が一番多いのかもしれない。

まぁ、とにかく、各社への支払いは済んだ。次は、住宅ローンの借り換えのため、登記所へ行った。登記簿謄本や公図を取ったので事務所に戻った。次は、知人に薦められたアフリカの国を援助する協会へ、入会申込をした。

と、ばたばたした一日だった。早くビールを飲みたい。

住宅ローンは・・・・きっと借り換えは無理だろう。協会への参加は、お付合いだ。やはり英語くらい喋れないと話しにならないだろう。・・・とすると、これもダメだな・・・。もっと、勉強すればよかったなぁ、、。

会社の若手連が、『現場でお世話になった方がベトナムに転勤する』と言ってきた。ええっ!?ベトナム!!唐突で驚いてしまった。

今、東京は、建築ラッシュだ。まず、バブルの頃と変らないくらいだ。但し、単価は半分以下?かな?工期も相当短いので、我々下請けは、忙しいばかりで、利益には繋がらない。仕事量は倍だが単価は半値以下、工期が減った分忙しさが増すだけで、残業しても追いつかない。せめてまともな残業代が欲しいものだ。

地方から東京の現場に来るのなら、話は分かる。どうして?海外?

中々優秀な方だったので、天の声のご指名があったのだろう。

このところ、どうしても睡眠が4時間半だ。6時間は連続で眠りたい。誤解の無いようにしておかないといけないので付け加えるが、寝る間も惜しんで仕事をしている!!などと言う話ではない。続けて眠る体力が無くなっただけの話だ。睡眠薬を飲んだ方が良いのかなぁ・・・。”お酒”という方法もあると言うが、寝つきは良いので、そう言う意味の睡眠薬は必要としていない。

まぁ、とにかく、もう7時になる。ビールだな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

議事録

打ち合わせて、すぐに議事録を作成しないと、どうも?話が見えなくなる。

いやぁ、、契約は難しい。その時の言葉として、互いに了解していると思っていたのに、まるで反対の内容で理解している。思い込みかなぁ・・・・。

今までやってきた施工図の仕事は、独立してからでさえ18年を過ぎた。どんな形で、どんな要求が来るかは、分かっているつもりだ。しかし、新規事業に付いては、ある意味、雲を掴むようなところがある。だが、これを積み重ね、全てが了解できる話をしなければならない。当たり前と言えば当たり前だが・・・。どこか、他人事の雰囲気が残っていてるのか、このままでは殿様商売だ。確りしないと。

しかし、残念だなぁ、、、求人を出したが、反応がない。机の上に、来春卒業者の募集要項記入する書類が、、、4校ほどある。早く記入して提出しないと・・・。

施工図は、オペレータでは不可能だ。そのことをHPに書いてあるがぁ、、、厳しく感じるのだろう。30人募集して27人辞めてしまうような募集はしたくない。3人募集して3人が永く働いてもらえる会社だと思っている。ミスマッチは、互いに不幸だ。

まぁ、そろそろ施工図も、今回の構造図の話のように、誰が何をどのようにしてまとめて行ったか、第三者に分かるようしなければならないと思う。

設計図の意匠図・構造図を機械的に別の形で表現しただけでは、施工図にならない。機械的にやれるとすれば、『当初の設計図から変更が無いもの』と、なっていなければ不可能だ。また、『確りと納まりまで検討され尽くした設計図』である必要がある。だが、それは、現実的ではない。作り始め、出来上がり始めると、『あぁ、、ここ、、こうしてもらいたいんだけど・・・』は必ずあるからだ。それをオペレータに”理解しろ”と言うのは無理がある。だが、残念ながら、簡単に、『オペレータ的にやれる』と思っているのは、オペレータの人たちだけではなく、現場の課長や所長までもが、そう思っている。最近の課長や所長レベルで、施工図をまとめたり描いたりした事の無いからだ。

地方に居る施工図屋さん。東京は、施工図屋が枯渇していますよ!建築を学んでいる大学、高校、専門学校の皆さん。本当の技術者になりましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

打合せ

打合せ

打合せは、巧く行った。さっさと動けば良かった。まぁ、だからと言って良い結果が出るかは、これからだ。しかし、喧嘩別れとなるところを誤解から解消できそうだ。もう一息。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇牙!新十両決定!

直方二中出身の皇牙が、新十両昇進を決めた!

弓取り式をやると出世しない、という話を聞くが、見事十両昇進を果たした。先輩魁皇も勝ち越し大関の座を守った。これで、直方の街にも明るい話題が増えた。良い事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バージョンアップ?

このブログを管理している”ココログ”がバージョンアップするようだ。

とりあえずUPできるようなので”日記?”とては問題ない事にしておこう。しかし、品が無いなぁ、、、文字デカ過ぎ!

通勤に、車を使っている。以前は、現場にパソコンをレンタルしたり、電車で行くには時間が掛かりすぎる現場(社員は、そこに通っている!)に行くとき、車を利用するしかなかった。今は、ほとんど無くなってきたが、まだ車で通勤している。歩くと、20分以上掛かる。が、理由にならないなぁ、、、。

応援する”魁皇”のいる友綱部屋のブログに、『ダイエットのためには歩く事がいいですよ』などと書き込んだくせに、自分は車を使っている。

住宅街を車で行くとき、自転車に驚く事がある。と言うか、毎回、毎回、驚く。危ないのを通り越し、『うぅぅーーーん!?この人?死にたいのかしら?』と思う。まず、車の運転は、しないか出来ないのだろう。朝の通勤時であることも影響するのであろうが、住宅街の交差点では、ソロソロと行くべきだ。車との衝突は交通事故だから、見ないと思うが、自転車同士の衝突は、よく見る。まぁ、、わがまま同士の事故だ。道を譲らない、相手を睨んで譲るか、捨て台詞を吐いて通り過ぎる者もいる。極め付けが、事務所の入口に勝手に泊めている自転車だ。大泉学園駅から徒歩1分である事と、1階のドラッグストアからはみ出した自転車だ。

そうだ、今度、その状況を写真に撮って掲載するか・・・まぁ、無駄だろうけれど・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝船・・・

どうも?宝船は、泥舟以前の状態だったのかもしれない。

いやぁ、、、宝船に到達するには、ちょっとやそっとでは近づけないようだ。2年や3年、5年なぁんて言われると、『えぇ、、?えっ?えっ?えぇぇぇぇ???』である。

そぉ、、、だったんだぁ、、では、済まない。とにかく、結論に近づきたい。

さて、第二の宝船、、とまでは行かないかもしれないしれないが、ひょっとしたら?宝船?に当たっているのかもしれない。何々、また、夢物語かい? と、言われそうだ。まぁ、夢を持たないとやってられないからね。宝船!と、思っていよう。それには、今までの経過を清算をすることから始まる訳だが、事前説明を行っているので、まぁ、、大丈夫だろう。

昨日、伴さんの事を書いたが、もう一つ別な視点と言うか、”お年より”を見ていて思う事がある。東京に住んで、九州の父や母を思うと、『あれれ?何だ?ずれてるなぁ俺・・・。』と思うときがある。父は、84歳。母は80歳でパーキンソン病だ。なのに、離れた東京で元気に歩き回るお年寄りを見て『うちの両親より、年寄りだな・・』と思っているときがある事だ。自分の心の中の両親は、せいぜい60歳から70歳程度なのだ、現実とはかけ離れている。

テレビで美空ひばりさんの特集をやっていた。51歳とか52歳とか言ってる場面が出ていた。『え?今の俺と同じ歳だよ・・』

同じく、ジャキー・チェンが出ていた。これまた52歳?とか言ってる。俺と同じだよぉ、、、。

何だか、感覚にずれがある。変だよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

日本のエジソン伴五紀

今日、自宅を出る前に、玄関脇に置いている芍薬の鉢を見たら、思いのほか、芽が伸びていた。200603271307000.jpg

昼食の帰りに、ヒョコヒョコ歩く、長いコートを着た老人の後ろ姿を見て、伴さんを思い出した。もう、亡くなって、そろそろ3年近くになる。2000件以上の特許を持っていた。日本のエジソンだ。大泉学園に住んで居られていて、私の行きつけの店“カルド”で、隣に座った事が切っ掛けで、付き合いは始まった。色々と伺いたい事が溜まっているが、永遠に解消できないのは、残念だ。

伴さんの話に、『原さん、特許はねぇ、使ってもらわないと1円にもなりません。』『私の特許を使いたい方いませんかねぇ、、』と、言われた事がある。報酬は、うまく行けば折半にしましょう。とも言われたが、悲しいかな特許の内容を見ても、よく分からなかった。モーター関係と車関係が多かった。大正5年生まれで、私の父より6つも上の人だった。

さて、今このとき、あの伴さんの特許は、どうなるのか?使われないと意味が無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

魁皇!やっぱり!魁皇だ!

今場所の大相撲は、実は、魁皇中心に廻っていた。

残念ながら角番として始まった。安馬に負けた初日、『負けはしたが、動きは行けそうだ』と思えた。ところが2勝4敗となってしまう。引退という話題が勝手に走り回る。ムカつくブログを見つけた。引き際が、どうのこうのと言う奴だ。まるで、自分も頂点に立った事があるかの如く書いている。ああいうやからは、何も魁皇であろうが何であろうが構わないのだ。ちょっと弱みが見えたものに対し噛み付いてくるハイエナのような奴だ。『多勢に無勢は卑怯』筑豊では喧嘩は1対1だ。

しかし、魁皇は、勝ち星を増やしていく。悲壮感は、周りが言うほどに感じられない。淡々と相撲をとっている。そう感じられた。が、ここ一番。意地が見える。

まず、同じ大関でも、横綱を目指す栃東戦を勝つ。栃東の今場所後の横綱は無くなった。しかし、7敗となり後が無くなる。だが、何とか、何とか勝ちを拾って行く。

千秋楽を7勝7敗で迎える。ここで負ければ負け越しで、大関から陥落だ。それだけではない、相手の白鵬は、自分の代わりに大関になるのだ。おまけに白鵬は優勝も手にする事になる。

魁皇は勝った!白鵬に勝った!勝ち越しだ。角番脱出!

一方、魁皇に横綱昇進を阻まれた栃東。彼もここで意地を発揮。横綱朝青龍を破り12勝3敗と、来場所に繋がる成績を残した。

なんと、優勝を争っている関脇白鵬と横綱朝青龍が千秋楽に敗れてしまったのだ!優勝決定戦!!

ここでは、今度は横綱の意地が出て、白鵬を破り優勝となった。

そう、今場所は『魁皇』中心で動いたのだ。

さぁ、、今日は、安心して眠れる。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006年3月25日 (土)

自宅の無線LANがこわれた

自宅の無線LANの調子が最悪だ。買い替えるしかない。

仕事を家に持ちかえり、会社のサーバーにアクセスする事ができない。えらいことになった。今は仕方ないので携帯からアクセス中だ。

さて、今日は、次男と卓球を1時間ほどやった。と、、、肝心なときに寝てしまった。浦和レッズの勝利と魁皇の勝利の瞬間に寝ていた!アホだぁぁぁ、、、

まぁ、贔屓が勝ったのだから、良しとするか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月24日 (金)

朝からタダ働き!

朝から、タダ働きが続いている。まぁ、、いつか、別の意味で仕事に繋がるだろう。

過去に、写真付き切手を作った事がある。ある、芸能プロダクションが、ファンクラブ設立記念切手を作りたい。と言って来た。ノウハウを説明してあげた。『中々大変だよぉ、、。止めた方がいいよぉ、、。こんな事とか、あんな事を附加してあげれば、やれるかもしれないけどねぇ、、』などと説明をした。郵政公社も、もう少し考えて欲しい。いくらなんでも1,000枚も作れないだろう!100万円だよ?それに、台紙代、梱包代、なんたらかんたら・・・・。とてもとても、、。

次は、以前うちのサイトにリンクしていた会社から、

『あの時の、、、うちのHPのデータないかね?』という問合せ・・・・・。ううぅぅーーん!どうして?自分の会社のHP、ちゃんと管理して持ってないのぉ??と、心の中で言いながら、圧縮データで送ってあげたら、、

『うちのパソコン、古くてさぁ、、、よくわからないんだけど、、データが開かないんだよねぇ、、、』ううぅぅぅぅぅ・・・・ん!解凍ソフトが、、、無いのぉ?

『窓の杜に行って・・・・』と説明。

『いや、右側が無いんだよ』  (全画面に表示出来ないんだって・・)

『えぇ?どこ?・・・』  (あぁ、、この人?たしか70歳は越してたよなぁ・・)

延々1時間。電話で説明。

いずれも、1円にもなりません。あぁ、、もう3時だよぉ!”宝船”の作業工程を作らないといけないのにぃ!本業ができないよぉぉぉぉぉ!!!

そぉ、、相撲も観ないといけないしぃ、、。2月末で決算だったから、その準備が、、、げげっ!2月末決算の会社に対する説明会が、、、昨日!だったの?行ってないよぉ!

ボロボロ・・・・。社員の皆さん!大丈夫です!私は・・・大丈・・ぶ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

再度挑戦”宝船”

昨年末より、”宝船”を追いかけている。

下調べが不足して、”宝船”まで行かない。このままでは”泥舟”で、沈んでしまう。詳しく書けないのが、モヤモヤとなる。本業の施工図は順調だ。社員が頑張っている。最近、構造図も請けるようになった。計算は出来ないが、結果を図面にする事はできる。例の問題以来、構造事務所は計算に追われ、図面にまとめる余裕が無いようだ。施工図の方も、『誰がまとめている。』という事を、もっとアピールできたらと思う。

さて、昨日の魁皇は栃東を破った。今日は朝青龍。どうなるかな?

幕下で頑張っている『皇牙』。彼も、魁皇と同じ直方市で、直方二中だ。なんと!今日で5勝目だ!来場所の十両は決まったと考えて良いだろう。

直方市では、”魁皇”が勝つと花火が上がる。”皇牙”が勝つと、どうするのかなぁ?しかし、”蹴返し”で5勝目かぁ、、、何でも良い!勝った!勝った!勝った!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

のこった!のこった!

のこった!のこった!!!これが本当の、のこった!

いやぁ、、、魁皇が栃東に勝った。これは、、一大事!栃東の横綱は、完全に消えた。

おまけに、千秋楽に取っておきたかった、朝清龍-白鵬 で、横綱朝青龍が負けてしまった。魁皇の明日の相手は、この横綱朝青龍だ!

昨日、琴欧州に破れたとき、全てが終わったと思ったが、いやいやどうして!流石に四つ相撲になれば、魁皇は強い。誰だ?引退だなんて言った奴は!

まぁ、、しかし、離れて取る琴光喜が残っている。変な話、朝青龍や白鵬より、始末が悪い。普天王も気になる。そぉ、、調子が良いようにも思えないが、ここは、なんとか旭天鵬にならないかなぁ、、分が良いからねぇ、、。

いずれにしても、せっかく栃東に勝てたのだから、明日の朝青龍戦、なんとか頑張って欲しいものだ。奇跡ではなく、まだまだ魁皇は、やれる力を十分に持っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホンダZ

高田馬場で打合せがあった。

帰りに『バン!』と言う安っぽい音がした。そこに、懐かしのホンダZがあった。

23才、今から?28年前、この車のスポーツタイプ?属に『水中メガネ』と呼ばれていたものを廃車にしてしまった。なんと!運転中に貧血を起こしてしまい、“ア、アクセルペダルから、足を、足を外さないと、、”と思いながら気絶して、木の電柱を1本折ったのだ!

まだ、走っているんだなぁ、、、。

魁皇!お前も、まだ走れる!がんばれ!200603221458000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

新十両!皇牙!!!

幕の内力士の土俵入りが終わった。今から横綱の土俵入りだ。

つらいなぁ、、、魁皇、、。四つ相撲の相手には、まだ、何とかなるか?と思うが、離れてとる琴光喜には、分が悪い。しかし、千代大海にはよかったはずなんだけど、、、なぁ、、。

今日の琴欧州。うまくやれば、うまくやれるかもしれない。この、琴欧州に勝てるなら、まだ望みがある。しかし、今の魁皇では、琴光喜には勝てないだろう。とすると、栃東、白鵬、そして朝青龍に勝たなければならない。佐渡ヶ嶽部屋には、、、困ったものだ。この、佐渡ヶ嶽部屋の二人に勝てたとして、栃東、白鵬、朝青龍の誰かに、勝たないといけない。うぅぅぅっぅぅぅぅっぅぅぅ、、、、ん!

今日、WBCで日本は優勝した。

今日、応援している三段目藤本は負けてしまい2勝3敗と後が無い。

今日、応援している幕下皇牙は勝って勝ち越しを決めた4勝1敗。あと1勝欲しいが、新十両になるかもしれない。

浦和レッズは小野が1点決めたようだ。残念だが、アビスパは負けた。

さて、魁皇、、、どうなるかなぁ、、。

仕事が手に付かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

贔屓(ひいき)の引き倒し

”えこひいき”スポーツに限らず、知っている人(知合い)をひいき目にみてしまう。

まぁ、、私は、贔屓の引き倒しが多い。好かれる方も大変だなぁ、、とは思うが、、、まぁ、、ご勘弁!

しかし、逆の人を見ると、ムカツク!相手に100点満点を求め、ぼろ糞にケナス奴だ。『自分で同じ事をやって見せろ!』と言いたい。正直言って、本当に腹が立つ。

  • 安い店で飯食ったり、酒飲んでいるくせに、さも大金を払ったかのように店員に文句を言う奴。
  • 下請けを人と思ってない元請の下っ端。
  • プレッシャーの中でスポーツをしている選手に、精神論をカマス奴。
  • 匿名でコメントしてくる奴。

大体同じ人種だ。自分自身は”受けて立つ”などという気は、まったくない奴だ。

まず、仕事は出来ない。尊敬できるお父さんじゃない。いや、そうは、なりたくないのだろ。それなのに、意見を言える資格を持っていると思っている。それも、人一倍持っていると思っているタイプに多い。映画を観て泣かないタイプだ。

ついつい、甘えがあって、ポロっと口に出てしまう。と言うものではない。確信犯のタイプは、結構、口は達者な奴で、天邪鬼ぽく喋る奴だ。逆に、何も考えてないタイプは、まぁ、、残念だがアタマが悪い奴だ。

アタマの悪い奴は、、、まぁ、救われるが、天邪鬼タイプは始末が悪い。

でも、本当に始末が悪いのは、『本当に間違っていない。私は、指導してやっているんだ。』と思い込んでいる奴だ。

頼むから、100点を要求しないでくれ!疲れるのを通り越すから・・・。

どぅも、、、いかんなぁ、、、魁皇の悪口を書いているブログを見つけると、イライラしてくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

提案です。勝ち越せば横綱魁皇!!

いやぁ、魁皇4勝目だ。昨日、今日と相性の良い相手ではあるが、しっかりした勝ち方だった。望みは繋がった。

しかし、野球のWBCもそうだが、何があるか分からんぞ!明日の千代大海戦に勝てば、優勝争いの鍵を握る事になるかも、、、。

ちょっと、珍しい事がおきている。今場所の魁皇戦を観る事が出来たとき、何故か勝つんだけど?それも、あまりドキドキしないで観る事ができるんだよねぇ、、。

もう、一昨年の事になるが、魁皇が5度目の優勝を決めたとき、魁皇の写真付き切手を作ったが、もぅ、、、ドキドキだった。横綱になるかもしれない!と思ったからだ。11勝3敗で迎えた千秋楽の横綱朝青龍戦。これで勝てば横綱!という話題が出た。魁皇は見事、横綱を破った!

・・・・だが、残念ながら横綱は見送られた。あの時、何故、横綱にしなかったのか?もし、横綱になっていれば、しっかりケガを治す為の休場を取れただろうに・・・。

言われたことを、ただ、黙々と実行した男が、今、開き直りを見せようとしている。もし、この角番を脱出できたら、今までと異なる精神面の強さが出てくると思われる。これは、魁皇を応援している者たちだけが感じるのではないだろう。だからこそ、何故、あの時に横綱にしなかったのか・・・・。『もったいない』は、国際的に通じる言葉になっている。

そうだ!ひとつ提案がある。もし、魁皇が今場所勝ち越せば”横綱”に昇進させる!というのは?5回も優勝しているんだ。1場所で引退する”横綱”を作ってもかまわないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相撲もいいけどサッカーもね

魁皇が気になって、浦和レッズの話題を書き込みしていなかった。

強いねぇ、、、。まぁ、、あのメンバーなら当たり前かな?と、言いながら、試合を観ていない。結果だけで喋っている。何とか、落ち着いて観たいものだ。結果だけでの驚き?(失礼)は、甲府が川崎Fを完封の1-0で勝ったこと。イメージでは、抜群の得点力の川崎Fが、またまた大量点で勝つのかと思っていた。甲府、、やるなぁ、、。

野球のWBCが話題だが、、、うーーん、お粗末な審判がいるものだ。相撲では、物言いが付くと、土俵に審判の親方衆が上がってきて協議するのだが、ビデオの結果がイヤフォンを通じて聞こえてくる事になっているそうだ。野球にもビデオの導入を薦めたい。

しかし、、、サッカーの審判や相撲の行司さんは、一番近くで見ているけれども、自らが動いているから、間違いもあるだろうが、、、。野球は見れるだろう、、。サッカーは、確か45歳?で、定年?になるのだそうだ。

老眼?いや?あれは遠くは見えるよなぁ、、。自分は、この頃、老眼と飛蚊症でボロボロ。そこに得意の?花粉症を加えた副鼻腔炎。相変わらずの右ひざ痛と右足付け根の関節痛。右わき腹の違和感に、昔の交通事故で内部断裂している右腕の筋肉痛。そう、目も右目だ。鼻は、、両方だな。 おや?サッカーの話を書くつもりだったのに、、ま、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魁皇3勝目!

魁皇、3勝目。相性の良い岩木山であったかもしれないが、上手投げが決まった。

しかし、失礼なブログを見つけた。『まだやるのか、、、』 まぁ、悪口だけだ。どうも、品の無いブログだった。人のことをボロクソに書いているくせに、コメントを付けられない。コメントを付けると、会員?になってしまい、更新のたびに、メールが届くのだそうだ。どこのだれがやっているのか分からないブログのわりに、情報量は凄そうだった。おそらく、対抗できない事が悔しい。

ブログ検索は、何種類かあるので『魁皇』と検索してみてもらいたい。ブログとはいえ、写真も無断で掲載しているし、ひどい奴だ。

さて、魁皇だが、明日、、おや?もう今日になっているか、、。玉乃島戦・・・岩木山に続き、相性は良い。先場所の腰痛休場の時は、さすがに敗れてしまったが、岩木山戦を見た限り、何とか、、、何とか、、行けるのではないか?と思う。4勝4敗の五分に戻せるようなら、仮に負け越しても、千秋楽までやれれば問題ない。五月場所には、復活しているだろう。

何故か?栃東もそうだが、お相撲さん達全員共通に言えるのが、速筋を鍛えるばかりで、遅筋を鍛えていないからだと思えるからだ。遅筋は姿勢を維持するような、普通の生活をするのに必要な筋肉だ。これえを鍛えると、痩せる! 我々、一般人に効果的なのは、大きな筋肉鍛えると効果があるらしい。たとえば、背筋を鍛える事。イナバウアーまでは行かなくて良いのだが、うつぶせからチョッと頭を上げて後ろに反らすと良いらしい。絶対なのは、腿上げだ。膝を腰のレベルまで上げてる「その場足踏み」だ。しかし、相撲の場合、すり足をするくらいだから?どうだろう?芳しくなのかも?そして、全てに良いのが”歩く”ことなんだそうだ。

まぁ、とにかく、最近のお相撲さん達は、ダイエットしないと大変な事になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

マンボ!マンボ!マンボ!

どうしてかなぁ、、、シャッターを降ろして寝たのに6時前には起きていた。

仕方ないので、インターネットで映画を観た。ライブドアを買うと言ってるUSENのGyaoで『マンボ!マンボ!マンボ!』を観た。朝から、映画を観てしまった。まぁ、、面白い映画だった。前回に観た『エブリバディ・フェイマス!』ほど、気持ちの盛り上がりは無かったが、まぁ、、いいんじゃない。

さて、明日、いや、今日の夜も映画を観に行くかな、、、うん?『力道山』?やってるんだぁ、、どうしようかなぁ、、。いや、別に『力道山』そのものと言うか、タッグを組んだ『豊登』が気になるからだ。豊登は、私の田舎である、福岡県田川郡金田町出身で、力道山と同じ、相撲取りであったわけで、四股名は『金田山』だったそうだ。ネットで調べると、私が生まれた昭和29年に関取だったようだ。と、すると、私が豊登にだっこされている写真は、、、昭和30年??かなぁ?

さぁ、もう一人。故郷、筑豊の相撲取り『魁皇』は、どうなるかなぁ、、。

がんばれ!!魁皇!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

作図は誰?

そうそう、大事な事を書いておかないと・・・。

弊社は施工図事務所である。あるゼネコンから、依頼された仕事を誰がやっているか登録して欲しい・・・というような内容で書類が来た。おぉぉ、、やっとそんな事になってきたか、、、である。

例の構造屋さんの事件から、いつか来るだろうと思っていた。誰が作図したのかも分からない図面と一緒にされても困る。が、しかし、図面内容について、完璧に責任を持てと言われても困る。ただ、誰が作図したか、また、それに付いて、どの様な打合せをして、作図作業を進めて行ったかを説明できるようにすべきだ。

それから、図面データであるが、出来る限り公表できるようにすべきだ。隠し部屋を作ると言うならば別だろうが、それでは建築確認が降りないだろう。元々、防犯と防災とは、相反するものだから、泥棒さんいらっしゃい!と、火災時の避難や、消防隊が進入する際、図面が必要という話とは、同じ舞台に乗らない。しかし、無いから分からないでは、洒落にならない。

今回の出来事で不思議なのは、『図面が無い』という話が頻繁に出る事だ。とても価値ある建物ではないだろう。まさか、証券化されたマンションではないだろうなぁ、、、。

避難シミュレーションを見たい方はこちらにあります。下の方を見て下さい。

階段右回りと左回りのシミュレーションを見たい方はこちらにあります。

図面そのものを見たい方はこちらへどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラガラポン!

ここ二日、5時半過ぎから相撲を観る事ができないでいる。打合せ!打合せ!だ。

さて、コーディネートをするためには、設計(企画)がなければ無理。と、分かっていたつもりだが、『何とか、、、なるかなぁ、、』と、なぁなぁで進めたのがいけなかった。遅ればせながら設計してみようと思っている。

昨日の打合せで、ガラガラポン!を宣言した。やらねばならない。

本業は、経済回復の風が、我々建築屋さんにも吹いてきたので、人が足りない状態が続いている。しかし、何とか安定成長、、、いやいや、現状維持レベルでも良いから、『安定』が欲しい。もう一度、もう一度、、あの実験をやりたい。そして、それを成功させたい。

さて、応援している大関魁皇だが、瀬戸際に立たされている。徳俵に足がかかっている。まだまだ!と、、思いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

弓取り式

さぁ、、仕事の方は冴えない。契約を解除しなければならない事になった。

簡単に、考え過ぎていた。ちゃんとした契約をするべきだった。しかし、海のものとも山のものともつかない時に、契約をしなければならない世界がある事を知った。勉強になった・・・では、済まないが、授業料を払う事にした。でも、契約社会である訳だから、そこはそれ、ちゃんとしておくべきだった。

それはさて置き、弓取り式を行っている『皇牙』が、今日で3連勝。東幕下4枚目だから、上に6人。しかし、3連勝は誰も居ない。十両から1人でも落ちてくれば、新十両だ!

彼の四股名は、同じ直方出身(中学も同じ直方二中)の先輩魁皇と、部屋の先輩闘牙の四股名を合わせて作ったらしい。ところで、十両から落ちてきそうな力士は、、、、、え、ええっ?闘牙?

まずいなぁ、、。闘牙は4連敗中だ、、あぁ!今日も負けてる5連敗かぁぁ、、まずい。

魁皇は、、、どうぉっかなぁ、、、。いかんなぁ、、先輩達が、、ちょっとぉ、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

問題先送り

問題がある。良かれ、と思ってやっていた事に、利権がからんでいるからだ。

言いにくい事を言わなければならない。勧めた(進めた)のは、『私』と言う事になっている。現状では、コーディネーター失敗た。面倒な事が残ってしまった。

今日の相撲は、打合せで観られなかった。携帯で大相撲のサイトで確認したら、残念な事に、魁皇は負けていた。
逆に、期待の若手、皇牙(幕下)と藤本(三段目)は、2蓮勝だ。皇牙の化粧回しは?どうする?今の弓取り式用の回しが有るだろうから、心配無いのかもしれない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

求人誌

昨日、現場常駐している者から、緊急電話があった。

何の事はない。仕事が終了しないので、延長する事になる。と、言うものだった。しかし、図面屋として、竣工図をまとめることくらいしかないと思うが??居ると便利だから使いたいのが施工図屋だ。しかし、集中購買制度を実施している得意先は、どうするのかなぁ・・・?次の現場は、もう決まっていただろうに・・・・。

さて、本日の一番。魁皇だけでなく、横綱・大関陣が全員勝ち。まぁ、しかし、、。当たり前といえば当たり前だが、まぁ、上が強くないと、将来が気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

工程表

基礎伏せ図を納品してきた。

慌ただしくしている現場だったので、工程がキツイのかと思っていたら、そうでもない。と言うか、根切りに時間が掛かる在来工法だった。何かと、工期短縮!工期短縮!で逆打ちする現場が多いが、どうかなぁ、、、。崖のような工程を頭に描いていただけに、ちょっと?拍子抜けだ。でも、助かったとも言える。

さてさて、今日の魁皇!良い勝ち方だ。先代の朝汐が、大阪太郎と呼ばれていたらしいが、三月になり暖かくなって、腰に良いからだろう。まだまだ、行ける。

残念なのは栃東。粘って、粘って、の負けだからなぁ、、、。

白鵬は観る事が出来なかったが、勝ったようだ。まぁ、、こちらは、ほぼ間違いなく大関だな。へたすると、大関昇進後二場所で横綱になったりして、、、。

それはそうと、琴欧州・・・あれは・・イカンですなぁ・・。以前、白鵬に勝つには、・・・などと書いたのが悪かったのか、あの膝では、どうしようもない。年6場所なんだから、公傷制度を復活させたほうが良いのではないかと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月12日 (日)

魁皇、初日敗れる

うーーん!ほとんど勝っていたのに、、、。

鼻血を出しての負けだった。新しいまわしで挑むはずだったのに?以前のまわしだったような?気がした。魁皇・・・明日は?

千代大海。まぁ、何とか勝ったかな?さぁて、今から、琴欧州。あれれれ?そんきょもできないぞ?やばいなぁ、、、。おぉぉおおぉぉ!あの足で勝った!根性あるぞ!

さて、今度は栃東。どうかな?仕切りは余裕がある。落ち着いている。のこった!のこった!ぉぉぉおお!強い!落ち着いている。上々のスタート。横綱に行けるか!?

結びの一番は、朝青龍。どうかな?今場所はぁ、、、。おぉ、弓取りの皇牙が入ってきたぞ。さて、時間一杯!

ははっ、、強いは、やっぱり。

さぁ、、しかし、今場所は、全てが新しくなる場所かもしれないなぁ、、。横綱・大関の同時昇進はあるぞ!栃東・白鵬は落ち着いている。十両に上がってきた連中も、中々いい。

さて、明日からまた仕事。負けないようにしないと。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

三月場所初日

せっかくの日曜日、朝寝坊をしたいのに目が覚める。

雨戸(シャッター)を閉めているのに、目が覚める。続けて眠りたい。が、お相撲さん達は、そうは行かない。今日は初日だ。魁皇、千代大海、、、どうなるかなぁ、、。サッカーは、もう2試合終わってしまった。昨日のレッズは強かった。そもそも、完全優勝を出来るくらい、メンバーがそろったと言える。これで、田中が戻ってくれば、お釣りが来るフォアード陣だろう。そこに、小野がいるんだから、もう、笑ってしまうしかない豪華メンバーだ。

アビスパは、福岡なので応援している。頑張って欲しい。

そうそう、福岡といえば、藤本(三段目)と皇牙(幕下)は、今場所がステップアップの場所だ。特に皇牙は幕下と十両では、天と地の差があるのが相撲界だ。頑張って欲しい。

さて、人にだけ”頑張って”は失礼だな、、起きるかぁ、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

福智町

金田町から福智町へ

自分の田舎の町が合併した。金田町・方城町・赤池町が合併して福智町になった。金田町の面積は、ほんとうに小さかった。豆みたい。

昔、どこかの掲示板に、提案した事があるのだが、この元3町のお祭りを考えたことがある。あの時の改訂版を思いついた。

  • 金田の駅裏(黒尾)にある武道館で、武道大会を開催する。柔道・剣道・弓道、、、ついでなのでテニス・卓球、、など等
  • 優勝者は、武者姿になり、方城の藤寺まで武者行列をやる。
  • 時期は、当然、藤が咲く5月。参加者が増えてくるようだと4月末から予選開催
  • 藤寺で、上野焼き(あがのやき)の良い茶碗でお茶会を開き、茶道を極める。

というものだ。 どう?ケンちゃん?やってみない?なるみもいるしね?

IMG_0051 黒尾の裏に、中元寺川が流れているが、橋を渡ると『宮本武蔵』が待っている。

なんでも、この地に伊織の道場があったらしく、豊前小倉藩から宮本武蔵が尋ねて来ていただろうと言われている。

それだけではない。かの佐々木小次郎は添田の岩石城で・・・・・と言う面白い話を田川高校出身の大田氏がまとめている。

東京岳陽会のHPにそれがある。凄い資料だ。題して『福岡県田川郡の武蔵道場と小次郎”仕組まれた巌流島対決説の検証”』 まぁ、驚く。ここまで検証されていると、間違いない。と思える。「ギャラリー」をクリックして下の方にPDFファイルで掲載されている。

ついでだが、我が鞍手高校の東京にある同窓会組織(うう・・・ん、もう、少しだな)の非公式HPを作っているのは私だ。ここ10年ほどの写真がある。東京鞍陵会臨時HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

芍薬

ココログのストップ中、記事が溜まってました。携帯からUPできるかな?

さて?春?かな?

芍薬の芽が出ている。気持ち伸びた?去年は二輪咲いただけだ。今年は?どうかな?鉢植えだとダメらしいが、実は、この鉢の下に根が伸びているようで、動かせなかった。で、少し期待している。200603092053000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告

ココログがストップしていました。

今日、確定申告してきました。と?UPできるかな?

それにしても、むちゃくちゃ田舎なのに、あの固定資産評価は何なの?東京でも、そこまで高くは無い?九州の田舎町ですよ?㎡2.1万だって?坪6.9万・・・過疎の過疎の町ですよぉ・・・。で、隣の土地が、㎡1.1万?坪3.6万・・・・って?どう理解すれば良いのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

宝船、たからぶね、タカラブネ

中々難しい。宝船??

まぁ、そう、うまくは行かない・・・・。わかっちゃいるけど・・・。

下請け生活が長いと、どこかで何か無いか?と思う。元請に?が付くと、『えぇっ?俺がフォローするのぉ?反対じゃない?』の連続だ。しかし、これが建築の世界なら、『また、だよぉ、、たくぅ、、』で済む年数を経験しているので、何とか自分を誤魔化せる。だが、下請けを脱したいと思って動いている今は、チョットォ・・我慢できない。期待し過ぎている自分がいる。

何でもそうだが、一人で出来るものは、その程度、、だ。

仲間がいて、理解して応援してくれる人がいて、初めて大きな何かの第一歩だろう。お山の大将では『王様の耳はロバの耳』は聞こえない。王様の面倒を看る気も無いし、王様になる気も無い。だが、新しい何かをやるのに、王様が出てくるのでは、また下請けだ。だが、リーダーが居なければ、物事は進まない。

じゃぁ、俺がリーダーか?には、残念だが知識が足りない。勢い、『何で、あいつが動いてくれないんだ!』と、期待ばかりする。情けない。

だが、今更、高校大学の勉強をやり直すのでは、間に合うはずも無い。51歳だ。

もっと困るのが、宝船のつもりが泥舟かもしれない事だ。

もう少し、もう少しやると、、、宝船かどうか分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

空洞化

昨日、四角い部屋を丸く掃き・・・では、あったが事務所の掃除をした。

事務所は100㎡弱ある。社員は全員現場に出ていて、誰も居ない。持ち帰り施工図は、中国の価格破壊で、お呼びが無い。うちに限らず、日本人(日本在住の人)の技術力は、坂道を転がる勢いで落ちている。

だからと言って、中国の技術力がUPして行くとは考えにくい。日本の環境、日本の法律、等に基づく、ある場所(日本)に建物を建てる(施工する)ための図面(施工図)は、中国のそれとは、絶対に異なるからだ。それに、肝心なところとして、その作業単価が違いすぎる事だ。モチベーションの持ち方が違う。

そこに、この建築ラッシュだ。そもそも施工図は現場で描いていたものだから、どうしても、指示の仕方が目の前に居る人にする、そのやり方となる。指示不足となる訳だ。ましてや、施工図を描いた事が無い現場員が増えている。持ち帰り施工図では、肝心なところまで指示できないという現状に繋がる事になる。

その環境にある日本の施工図を、中国で描くのは無理がある。と言うか、まともにやろうとするなら、大変難しい事になる。逆を考えれば分かる。中国本土の建築施工図を、賃金は別としても、日本の環境でやるには、中国を知らなければならない。実際、そこまでやるかなぁ?できないだろう?

今、駅前商店街は、シャッター通りと言われるところが多数ある。郊外に、大型スーパーが出来た事で、店仕舞いしたわけだ。ところが、これでは終わらない。どうも?売れ行きが良くない、という事で、その大型スーパーが撤退してしまったら?どうなる?その地域の人々は、買い物に行く場所が無くなることになる。

そう、施工図業界も同じ事が言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

今は昔、会社設立の頃①

求人を出すも、チリンとも電話は鳴らない。

『施工図』とブログサーチエンジンで検索してみる。少なくなった・・・ではなく、元々少ない。中に、転職して、施工図をやる気になっている人のブログがあった。うううーーーん!無理だと思う。

『新会社法』の本を買ってきたが、、、中々、読み進まない。

会社を設立した頃、当然、中途採用者ばかりであった。そうだ、、、会社設立した頃のことを書こう。

=================

会社を設立した88年は、バブル元年であった。私も若く32歳。『どうにかなるさ』という勢いで独立した。まぁ、、それでも、実家が酒の卸と小売をやっていたので、経理と言うか経営と言うか、触れるチャンスがあったので、資金繰りは作っての独立だった。

丁度今頃だった。会社設立は3月25日。なのに、最初から暮れの12月前に資金ショートの資金繰りだ。『どうにかなるさ』だった。

でも、設立してすぐに、もらえるはずの仕事が延期・・・と言うか、読みが浅かったのか、どんどん遅れてしまい。資金繰りがショートになるのが分かったのだ。5月の時点だったかなぁ、、。

独立して会社を作る。これは、法律で言う”法人”という人を生んだ事になる。代表者は私だが、もう1人の自分がいる訳だ。この感覚、二重人格という幻ではなく、本当に二人居る事になる。前にも書いたが、○○株式会社の代表取締役△△さんが、銀行にお金を借りる時、個人の△△さんが保証人になれるのだ。

しかし、現実問題、そんな器用な人が居るはずが無い。不安が過ぎる。説明できない不安だ。女性は子供を生む。それに比べれば・・・と思うのだが・・まぁ、カッコつけても、度胸は女の人にある。眠れないのを通り越す。

その頃出した求人に来るメンバーは・・・ひどかった・・・。24歳で会社4つ目5つ目なのだ。これは、その後も続いた。会社の程度に合った人材しか来ない。実績の無い会社に来る人材だった。その彼らを『よぉーーし、こいつ等を、長く会社に定着させてやる。考えを変えさせて見せる!』と思って採用した。

と、続きは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

Jリーグが始まった

観始めたら逆転の3連続ゴール!

大宮-千葉 何となく、大宮を応援しているのかなぁ?東京都練馬区埼玉県?である大泉学園では、テレビ埼玉が5チャンネルで観ることが出来る。まぁ、ケーブルTVだから映るのは当たり前だが、、、。

日本代表-ボスニア戦では、いつものカルドで観ていたが、翌日の打合せが早かったので、高原の1点を見たところで家に帰った。晩飯を食った後、後半も最後を見ようとテレビのスイッチを入れると!1-2で負けているではないか!!

仕方なく一人でギャーギャー応援していたのだが、既にロスタイム。ゴール前で、ボスニア選手がひっくり返っている。何で?あんなに大げさに倒れる!日本の各選手が立ち上がるのを待っている。

まだ、立ち上がらない。担架も中々来ない。まだ、立ち上がらない。まだ、まだ、まだ、まだ、まだ、!!!!!!  はよ!たたんか!!

やっと立ったが、ロスタイムは使い切った感じ・・・・・。

その時だった。中田!中田!中田!!!!!ヘディング!ゴール!ゴール!ゴーーーーーーーーール!  あんたはエライ!

さて、昨日のガンバ-レッズ戦。出かけていたので、見ることは出来なかった。応援するレッズは・・・・・・あれ?1-1の引き分けだったようだ。  なんで?

で、本日は、レッズ・アビスパに続き、何となく気になる大宮だ。と、どうだ!観始めたら3連続ゴールだ!

うーーーーん!この分だと、3月(大阪)場所では、魁皇を観て!観て!観れば、全勝優勝!!かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

『量的緩和』解除

『量的緩和』解除は、ほぼ確実に行われるようだ。

『量的緩和』解除は、消費税UPに続くだろう。過去の状況判断ミスを繰り返して欲しくない。『97年の消費税率UP』これに尽きる。翌年の10月6日自分の誕生日であるが、最悪の決断をしようとして、社員全員に集合してもらった事、忘れられない。あの時、『安定化策』が出てこなければ、会社倒産だけで済んだであろうか・・・・。

日銀のお偉いさんも、政府政治家の先生も、自ら起業した人が何人いるかな?安全な立場から出世して、今の地位に付いた人達ばかりだ。失敗しても、会社を辞めるだけだ。失業保険をもらえば良い。政治家なら”ただの人”になれば良い。

しかし、極零細企業の我々は、会社倒産だけでは済まない。個人事業主レベル以上なのだから、ある個人の借金額(ギリギリ返済できる額)であるはずがない。借金取りが、いくら追いかけてきても、絶対に払えるはずがない。自己破産しかないのだ。逆に、落選して自己破産となるような政治家ならば、お断りだろう。

独立する時、それなりの予想をして独立する。だが、自分の判断ではないところでチョンボされたのでは話にならない。まだ、大地震の方が諦めがつく。

いわゆる勝ち組の判断だなぁ、、、。敗者である我々は、今から復活するのだ。もう少し、待ってもらいたい。敗者復活戦は無いのか?

さて、今から、会社更生法を適用された会社のOB達と集まりがある。やっと、復活が見えてきた会社だ。その会社が会社更生法適用を発表した時、『構造改革の現れですね』と、暢気な事を言っていた政治家がいる。忘れられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

今日もマンションの現場

さて、今から行く現場も、昨日、一昨日と同じマンションだ。

しかし、超高層ではない。ちょっと郊外のマンション群だ。担当者は、今日で作業終了。来週は、お手伝いの現場で一週間の後、超高層マンションの現場へ行く事になっている。

しかし、有り難いものだ。次々と仕事をもらえている。バブル以来だ。とにかく、借金を減らさないと・・・。

明日から、サッカーJリーグが始まる。2週間もすれば、大相撲も始まる。そうそう、野球もWBCが始まる。まぁ、ボクシングみたいな名前だけどね。

さぁ!春!?かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

持ち帰り新規現場

マンション、まだまだ建てます。昨日も今日も、超高層マンション。

どちらも駅から3〜5分と近くて便利。環境も悪くない。まぁ、お薦め物件だ。免震方法と、その周りの納まりをどうするのか、確認しておきたいが?暇があるかな?彼等なら巧く納めてくれるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

新規現場着任

新規現場着任。頑張って下さいね!・・・・と、送り出した。

彼女は、今回で3つ目の現場だ。中々の設計長がいる。きっと勉強になる。二番手の主任は!!なぁんと!池チンではないか!よろしくたのむ。おぉ、、これで一安心。

設計長とは、施工図のまとめ方で意見が合う。と言うか、普通の考え方だ。安ければ良いという中国施工図では、現場担当者のサービス残業が増えるばかりだ。現場と本社に亀裂が入る。最近、姉歯問題での騒ぎが他人事になったようで、『施工図』という言葉も出てこなくなった。もっと騒げば、施工図の重要性も分かってもらえるかもしれない・・・と思うのだが・・・。

それはそうと、昨日のブログに書いた『量的緩和』解除だが、まぁ、、?やるんだろうなぁ、、。今、会社の借り入れは、短期返済(と言っても3年以上だが)で固定金利だが、我が家の住宅ローンは変動金利である。今、2.375%だ。きっと速効で変る。借入残が多いので、微小の金利UPでも、月々の返済額は、1万、2万はUPする事は間違いない。大企業は”景気回復”だろうが、我々極零細企業は、まだまだ、まーーーだだよ!である。

政治家や役所の人間は、自分の成果は流れを変える事、と思っている節がある。だから、きっとやるだろう。『量的緩和解除!引き続き消費税率のUP!』何時かやら無ければならない事であるのは分かっている。だけど、今少し、今一度だけ待って欲しい。

確かに、脂肪の付いたデブである。しかし、ここ最近のストレッチで、短い距離のジョギングや、縄跳びが出来るようになった(気がする)。でも、まだ”走る”には至っていない。今やれば、心臓マヒを起こす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »